「 ユウの好きなもの。 」一覧

天才的料理マンガ「浅草人」

こんにちは。ゆうきゆうです。

元気でお過ごしでしょうか?

さて以前に「天使のフライパン」「中華一番」というマンガを紹介したことがありました。(c)小川悦司・講談社・日本文芸社 

マンモスの形にパスタを作ったところ、

こんなレベルに食事が行われ、

みんなが全裸で空を舞う、という演出のマンガでした。

「おいしさの表現」が、すさまじいのが、作者である小川悦司先生の特徴です。

その小川悦司先生は、少し前に「浅草人」というマンガを作っていました。

浅草で料理人をする男の話なのですが、あいかわらず小川先生が小川先生だったので、ここでご紹介させていただきます。

まず「浅草」が舞台だけあって、「スパゲティ」や「ハヤシライス」など、シンプルな料理ばっかりです。

しかし!

だからといって、決して期待を裏切ることはありません。

洋食をバカにしていた女性が、ハヤシライスを食べます。

みんなも食べます!

なんか最下部に、不穏なコマが出てきましたね。

そうです!

祭りが始まりました!

風神雷神まで祭りに参加しています!

そして「おいしい」=「全裸」という表現も、きちんと組み込まれてます。

ハヤシライスにトマトが入っていておいしいよ、と伝えるために

「全裸でトマトサーフィン」です。

さらに男性がマカロニを食べると

 

こんな風景が!

ラストのコマがセクシーすぎます。

さらに老人となった女優がトンカツを食べると

若返ってまで全裸に!

若返ることには必然性があったのでしょうか。

ちなみに女子高生がビーフスープを食べると

きちんと女子高生のままです。

赤ちゃんに戻ることはありません。

ちなみに堕ちたヒロインが途中で食べるシーンも挟まれますが

すでに目の色が変わってます。

あ、言い忘れましたが、自分は小川先生のマンガで「おいしさのあまり全裸表現を行った」キャラを「堕ちた」と表現しています。

すでに堕ちたキャラは、次回以降、セットで当然のようにまた全裸にされます。

さぁ、そしてこのマンガの、もっともインパクトがあったシーンです。

太ったグルメリポーターにたいして、主人公が「ナポリタン」を出します。

今さらですが、主人公はこういうビジュアルです。

まぁ、正直、そのあたりはどうでもいいんですが。

ナポリタンを出されたリポーターは、叫びます。

「じょ 冗談じゃないよ」

「そんなカンタンにあの味を再現できるかってんだい…!」

堕ちる前に精一杯に強がる女騎士、じゃなかったリポーター!

ある意味「前フリ」みたいな感じです。

さぁ、食べます!

食べますよ!

 

堕ちたあああああああああああ!

というか、「おいしい」とか「すごい」とか以前に

「汚い」

と思いました。

ナポリタンがフンドシになってます。

みんなフンドシナポリタン着用でお祭りです!

「口ン中がオレンジ色の三社祭だーーーッ!!!」

とか言ってますけど、ぜんぜん意味が分からない。
でも迫力だけは伝わります。

 

そんな感じで、相変わらずの小川先生。

ちなみにこのマンガ、原作の方が別です。
ただストーリーとしては非常にシンプルで、正直、小川先生のマンガ表現が九割持っていってる感じです。

何にせよ、もし興味ありましたら、ぜひ。

ちなみに小川先生は、最近「すしいち」というマンガも作っています。こちらもまた扱えれば扱いたいと思います。相変わらずです。

何にせよ、精神科医ゆうきゆうは、小川先生を心から応援しています。

(c)小川悦司・講談社・日本文芸社
(上記の画像は紹介のため引用させていただいております)

 


Dr.倫太郎というドラマについて

Dr.倫太郎というドラマが、まもなく放映されるそうです。

あの堺雅人さんが主演する、精神科医のドラマだとか!

楽しみです!

………。

気づいたら、作ってました。

何が問題かって、こういうことばかり妄想する自分が一番病気だと思います。

そんなこんなで、Dr.倫太郎、ご期待ください!(この流れで)

ちなみに最近、「リーガル・ハイ」が「合法ドラッグ」という意味でもあったと知って驚いてます。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。


ロバートさんの「雰囲気ことわざ」。

「ロバート」さんというお笑いトリオがいるんですが。

そのネタで「雰囲気ことわざ」というのがありまして。
個人的に大好きです。

こんな。
確かに、それっぽい。

いかにも中国の故事とか、ことわざっぽいです。

人間はコミュニケーションにおいて、「相手の表情や語調を非常に重視する」とされていますので、あの格調高い言い方と雰囲気で、確かに「何言ってるか分からないけどそれっぽい」と感じてしまうのかもしれません。

でももちろん、言葉の内容そのものにも「それっぽさ」のカギがあるような気がします。
何度も聞くと、必ず途中に入る「にして」がポイントなのかな、と。
しかし「にして」が入ることわざ、すぐに思い付くのは何だろう、とか考えたのですが。よくよく考えると、結構出てこないなぁ、と。

思い付くのは「天網恢々(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず」でしょうか。

あー。確かにそれっぽい。
普通にひらがなだけ並べたら、かなり意味不明な文字列という意味で、「雰囲気ことわざ」っぽいです。

あとは論語の「われ十有五(じゅうゆうご)にして学に志す」でしょうか。
これは「ことわざ」とは違う気がしますが、まぁ、漢文ぽい感じではあります。

いずれにしても、僕も考えてみました。

「びにゅう ふにふわにして うずもれ たいとす」

雰囲気で感じていただければ幸いです。みなさま今後ともよろしくお願いいたします。


最近面白かったマンガ。

ゆうきゆうです。こんにちは。
最近に限らずですが、自分の好きなマンガを紹介します。

理系の偉人たちを紹介する、ある意味、学習マンガです。
ただ偉人はもちろんですが、一人一人の登場人物が非常に面白く、すごく味わい深く読めます。
最初は作者さんを男性だと思ったのですが、女性でビックリしました。


昔から大好きなギャンブルマンガ。
「今連載中のマンガのうち、今後は限られた数しか読めないよ」ということになったら、間違いなくこのマンガを入れると思います。

一言で言うと「ギャンブル+バトル」のマンガです。
ハードな描写もあるので合わない方も多いかもですが、個人的にはめっちゃゾクゾクします。

現在、35巻まで出ているので、最初から読むのは大変という方は、31巻から読み始めてもいいかもしれません。
新しいシリーズが始まっていて、なおかつ今まで以上に密度が高いので、そこからでも楽しめると思います。

医龍を描かれた方の最新作。
ミステリーで、かなり残酷なシーンも多いので、万人にはオススメしないのですが、グイグイ引き込まれます。
一人一人が、イキイキと熱く生きているのが伝わってきて、シンプルなミステリー以上の作品となっていると思います。

「嘘喰い」を、よりシンプルに「ゲームそのもの」に特化して突き詰め、少年向けにパッケージングしたのがこの作品かもしれません。
世の中に、色々と「ギャンブル・ゲーム系」のマンガはありますが、おそらくその中でもっとも完成された作品の一つだと思います。

「フリンジマン」。

「フリンジ(常識外れな)」+「マン」でもあり、
「フリン(不倫)」+「ジマン(自慢)」でもあるという、ステキすぎるけども初見では絶対伝わらないタイトル。
一言で言うと、男たちが不倫をしようと努力(?)するマンガです。
いや、ノウハウ以上に、彼らのドラマやトークが非常に面白いので、とてもオススメです。
色々と伝わりづらかったのか4巻で終わってしまっているんですが、いや、これは本当にみなさんに読んでいただきたい。

「野田ともうします。」という作品で有名な柘植文先生の、個人的に一番大好きな作品。
「よくまぁここまで」というレベルに性的なんですが、その分、死ぬほど笑えて読めます。
知っている方がほとんどいない穴場的作品ですので、もうぜひみなさまに知っていただきたく思います。

色々と思いつくものから紹介しましたが、興味あるモノありましたらぜひ。

その流れで紹介しますが、


2月に新刊も発売しますので、よろしければ!

あ、あと、

ハンターハンターは、すでに連載終了していると思っています。いや冗談でなく本当に。

今後、年に数回レベルで掲載することがあっても、それは「ハンターハンターZ」みたいな、ちょっと足された後日談だと考えた方が精神的に安定する気がします。

ハンターハンター、本当に面白い作品でしたよね。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


今さらキン肉マンの【プラネットマン】にツッコミたい。

最近、すごく久しぶりに、子供のときに大好きだったマンガ「キン肉マン」を読んだのですが、やっぱりスゴかったです。

(以下引用。(c)集英社・ゆでたまご)

すべてのシーンにおいてスゴイんですが、今日紹介したいのは「プラネットマン」という超人。

20140604-1

太陽系のすべての惑星が集まってできた、という超人です。
続きを読む