アップダウンとDEENと僕。

ユウの好きなもの。

今夜は最近大好きな歌の紹介と、自分のカラオケでの十八番の紹介です。
もう興味ありましたらば。


  

こんばんは。ゆうきゆうです。

僕はよくお笑いを見るのですが、その中でも最近大好きなモノを。
よろしければ。

 

 


アップダウン「もう待てない」

アップダウン「あなたがいるとつらいから」


アップダウン「君の虜」

 

 

個人的に大好きです。面白い。

コミックソングの域を超えて、いい曲だと思います。素敵です。

逆にうまく作りすぎているからこそ、そのまま終わると優等生っぽいイメージを与えてしまうかもしれません。
だからこそ、最後にわざと「ベタなダジャレ」を持ってくることで、少しこなれていない印象を与え、イメージを中和させているのかもしれません。
考えすぎですか。

 

それはそれとして、歌で思い出したんですけど。

僕はよくカラオケに行くたびに必ず、DEENの歌を歌ってしまいます。

 

たとえば、こんな歌詞。

 

「その方が君にとって夢があるのなら僕はそうしよう」

 

この歌詞。一見カッコいいんですが。

直前の歌詞で、

「あなたとつきあっていると、視野が狭くなるから別れたい」

と、フラれた男の返答です。

単なる、精一杯の強がりです。

 

泣けます。

さらに、

 「一緒にいるのに淋しいよ look in my eyes」

 

こちらも、

「look in my eyes」というと一見カッコはいいんですが。

結局は、

「現在どんだけ視線外されてるんだ」

という話です。

 

ちなみにこの歌のタイトルは「瞳そらさないで」

 

やはり一見カッコいいんですが、よくよく味わってみると恐ろしく切ないです。

目をそらされる男の歌ですよ!?
せっかくデートに来てるのに、限りなくスルーされてる男の歌ですよ!?
え、なんでそらすの!? 見てこっち! って哀願する歌ですよ!?

 

さらにこの歌は、続きで、

「瞳そらさないで 青い夏のトキメキの中で」

などと続きます。

いや、今の彼女に、トキメキないから!

そして他にも、
「話そらさないで」
「思い出にしないで」

などのように、切なすぎる歌詞が続きます。

 

同じ歌をZARDも歌ってるんですが、男であるDEENが歌った方が哀愁を誘います。

 

この、DEENの切なくも女々しげにフラれたことばかり歌うスタンスが大好きです。
ものすごく僕にフィットしていると思います。

 

何を思いだしても切ない自分を感じつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

ついでに「瞳そらさないで」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました