なまはげの心理学。

最近、こんなニュースがありました。

なまはげ「正しい暴れ方」 若者激減、ルール伝授難しく

何をもって「正しい暴れ方」なのか。
暴れてる時点で正しくないんじゃないか
、と思ったわけですが。

このニュースには、さらに続きがありました。

 

こんばんは。ゆうきゆうです。

さて、というわけで、

なまはげ「正しい暴れ方」 若者激減、ルール伝授難しく

このニュース、色々と面白かったです。

みなさまもご存じかと思うのですが、最近、秋田で「なまはげ」が、女湯に入って、女性に触ったという事件がありました。

このニュースによると、「洗い場」だそうです。

いったいどこまで侵入しているのか。

 

ではこのなまはげ、どうしてこんなことをしてしまったのでしょうか?

いや、「変態だから」で片付けるのは簡単なんですが、ちょっとだけ考えてみましょう。

実は心理学では「仮面効果」 というものがあります。

実際に、「ある人に電気ショックを与えてください」と被験者に頼んだ実験があります。

その際、

A「仮面をつけ、かつ匿名で参加した場合」

B「顔と名前を出して参加した場合」

の2パターンで実験すると、明らかにAの方が、電気ショックの量が多くなったのです。

人間は、「誰だか分からない」状態にすると、理性のカバーがゆるみ、本能的なものや攻撃的な面が、
強く出てしまう…というわけです。

実際になまはげの中に入ると、まぁ、もちろん匿名になります。
誰だか分かりません。

そして場所は旅館。

なんだかその、やってしまった人の気持ちが、少しだけイメージできる気がします。
この人「酔ってしまった」とか言ってますが、たぶん酔ってなかったと思います。確信犯です。どっちの意味でも。

 

………。

いやでも、だからといって、そんな。

仮面効果が、そんなに強いとは思えません。

そう思いながら、さきほどのニュースを見ていると、こんな表記もありました。

ただセクハラまがいの行為は昔からあったそうだ。
市内の女性に聞くと「おしりを触られた」といった話は数知れない。

  

仮面効果、強すぎ。

 

なんだか、仮面効果だけのせいにしていいんだろうか。
そんな不安がふと頭をよぎりました。

もう、昔から。
それだけやっても「セクハラまがい」という表現で済んでいるのが個人的に衝撃でした。

他にも、こんな部分が。

事件を受けて、男鹿市幹部と町内会長らは1月末、なまはげのあり方について協議した。 

「若かった頃、旅館の客の女子学生に触っても、文句を言われなかった」
「少しぐらい触っても許された昔とは時代が違う」。
率直な意見を交わした。
 

率直すぎると思いました。

 

さらにこんな部分も。

「行事の性質上、なまはげがお客様の体に触れる場合があります」。
あらかじめ書面で宿泊客や見物人たちにそう告知するのだという。

この注意書きにどれだけの意味があるのか。

かえって逆効果な気がします。

でも、そんな秋田が大好きです。

 

 

………。

この話の流れで言うのが恐縮なんですが。

 

 

 

 

僕は今、秋田に来ています。

なまはげとは1ミリも関係ないです。たぶん。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA