セクシーワイン漫画「神の雫」

あなたは、「神の雫」というマンガをご存じでしょうか。

今夜、想像もつかないワインの表現が、あなたを襲います。

こんばんは。ゆうきゆうです。

かのグルメマンガの金字塔「美味しんぼ」も、ついに100巻になりました。

僕は山岡さんと栗田さんが親しくなりはじめたあたりで挫折したのですが、
それでもとにかく100巻まで続く事実がステキです。

この美味しんぼのヒット以降、世の中にはたくさんのグルメマンガが出てきました。
しかし、グルメも最近はほとんど出尽くしたため、どんどん細分化。

そのうち一つ「ワイン」に絞ったのが、このマンガ。

ひと言で言えば、主人公が究極のワインを追い求める、というストーリーです。

ライバルも登場し、「ワイン版 究極対至高の対決」なども行われます。

さて実際にグルメ系のマンガでは、「いかにそれがおいしいか」ということの描写がとても大切です。

さらに、これはワイン
絵そのものでは、料理ほどハッキリと差が出ません。

マンガでは単なる「黒ベタの液」です。

いかに描こうとも、絵的には「グラス入りの墨汁」と一緒です。

そうなるともう、主人公たちの「表現」しか、語れる言葉はありません。

ソムリエの田崎真也は、あるワインを飲んだときに、「豊かな土を口に含んだかのような」と表現していました。

ていうかそれっておいしいの?

子供のころに土を食べてみてウェッとなったことのある自分は、
本気でそうツッコミたくなりました。

しかし、とにかくプロのソムリエも、独自の表現を作ろうと必死なわけです。

ではこのマンガでは、どうなのか。

具体的に見てみましょう。

まず主人公は、あるワインを口に含んで、こう言います。

「花嫁の美しく透明な白いヴェール。
しなやかで気高く、その奥に潜む表情を和らげてくれるヴェールそのものの優しさがあふれている」

なんだか表現がステキなのは分かるのですが、
味のイメージはぜんぜん分かりません。

というか、

途中から、評価の主役がワインからヴェールに
うつってるような気がするんですが。

ヴェール万歳、みたいな。

ここから先も、出てくる絵はすべて「味のイメージイラスト」です。

すなわち「心象風景」です。

間違ってもワインを飲んだ瞬間に花嫁が出てくるとか、そういう状況ではありません。

他にも、やはり主人公はこう表現します。

「そう、ちょうど故郷に帰って、幼なじみと結婚するような、そんな感じだ」

どんな感じでしょうか。

ワインがおいしいのか、
幼なじみと結婚したいのか、分かりません。

さらに何か、

「幼なじみなら俺のプロポーズを絶対に断らないぜ」

的なオーラを感じてしまうのは僕のひがみでしょうか。

他にも、彼はワインを飲み、こんな心象風景を感じます。

「甘く柔らかい香り。これはメイプルシロップをたっぷりかけた、パンケーキ?」

女性の髪の毛から、メイプルシロップの香りがして、嬉しいのでしょうか。

個人的には、なんかアリがたかってきそうでイヤです。

パンケーキを食べたいのか女性を抱きたいのか、ハッキリした方がいいと思います。

また、こんなシーンも。

彼がワインを飲んだ瞬間、こんな風景が広がります。

「あ………あなたは………、クレオパトラ?」

いや、こっちに聞かれても。
さらにシーンは続きます。

「ひと言で表すならば…エレガンス」

だったら最初から、飲んだ瞬間にひと言「エレガンス」と言えばいいと思うんですが、
それでもクレオパトラなどの手順を踏むのがこのマンガの表現手法です。

他にも彼が飲むと、こんな心象風景が広がります。

裸の男と美女。

…。

イスに座る美女。

 

………。

たたずむ、美しい乙女。

 

………………。

たくさんの美女たち。

 

女の風景ばっかりかよ!

心からそんな気持ちになります。

ワインの表現をするのに「座った女」「立った女」「裸の女」など、ほぼ必ず「女」が出てくるのです。

さらにあるときなどは、こんな表現をしていました。

「女がいた………」

とにかく女かよ!

シチュエーションが尽きたのでしょうか。

味わい表現以前に、とにかく女って言いたいだけ、という雰囲気を濃厚に感じます。

というかこれ、「飲むと美女が出てくるワイン」というのは、男が飲んだら嬉しいかもしれませんが、
女性が飲んだらどう思うんでしょうか。

少なくとも僕は、飲むたびに男が出てくるワインはイヤです。

さらに主人公はある女性の前で、ワインを飲みます。

ここでもやはり女性。それも全裸。

そして。

「水浴びする乙女がいて(中略)、乙女はそっと俺に口づけする。
するとハチミツのような甘みと石をなめるようなミネラル感」

実際、女性とデート中にワインを飲んでこんなことを言ったら、

「だったらその女とデートすればいいじゃない」

と言われると思います。

たとえば逆に、好きな女の子とお酒を飲んだときに、そのコが

「全裸の福山雅治と、キスをするようなおいしさ。ちなみに福山の舌はハチミツのような…」

と語りだしたら、「たぶん自分は嫌われてる」と判断すると思います。

さらに主人公には、ライバルが存在します。

美味しんぼで言うなら、海原雄山的な位置づけの男性です。

彼は、いったいどのようにワインを表現するんでしょうか。

「王女サロメは(中略)、おお、何という悪魔的退廃。何という甘美な陶酔」

やっぱり女です。

 

格調高い言葉に包んでますが、結局は、
「女がいた」
と大差ありません。

 

さらにこんな表現も。

「彼らは………何だ?」

こっちのセリフです。

さらにこんな表現も。

「あ………あなたは、誰です?」

だから、こっちに聞かれても。

いずれにしても、とにかく基本は女性です。

しかも、主人公と同じワインを飲むと、同じ女性が見えるという念の入りよう。

かのユングは、すべての人間は、心の底で普遍的無意識でつながっていると言いましたが、
それにしても限界があると思います。

ちなみにこのマンガ、要所要所に微妙にセクシー表現が挟まれます。

たとえば、女性が飲んだとき。

「んー美味しい…。こんな美味しいシャブリを飲んだの、はじめてかも…」

ワインひとつ飲むのに、ムダにセクシーです。

というか、女性は「女がでてきたうんぬん」と言わないところがポイントです。

よっぽど素直に楽しんでると思います。

さらに、

飲んだ直後にはシャワーシーン。

ワインを飲むと汗をかきますものね。必須ですよね。

 

………そうか?

さらには、

「あの二人、できてるぜ。グラスの持ち方や飲む仕草がまったく同じだった。絶対関係がある」

ワインの飲み方ひとつで、
男女に関係があるかも見抜く主人公。

相手にとっては、余計なお世話です。

というか「できてる」っていまだに言うんでしょうか。

とにかく、これこそが、ワインを使って女体のすばらしさを語る、もとい、
女性を使ってワインのすばらしさを語るマンガ「神の雫」です。

こう言いつつも面白いマンガですので、よろしければ、ぜひ。

後日談。

ちなみにある喫茶店に、こんな張り紙がありました。

か、神の雫だ!

ワインを宣伝しているようです!

何て書いてあるんでしょう!?

「ヴィラージュには肉厚さがあり、流麗な曲線美を供えた大人の女性が思い浮かぶ。
 アール・ヌーヴォー絵画の中にたたずむ、気高き貴婦人の姿である。」

 

やっぱり、女でした。

というか、

気高き貴婦人、500円です。

「女がいた」。

いつかグルメ番組などで使われたらいいのに。

 

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

 


コメント

  1. びば より:

    サイコドクターの時は読んでましたが、今はワインマンガ描いてらっしゃるんですね。

    うん。意味がわからない。
    スルーして正解だったみたいです。

    ———————————–

    こんばんは。ゆうきゆうです。
    というわけで、たまにはレスを?。

    スルーしてある意味正解です。
    サイコドクターも面白かったですね。
    尻切れトンボで終わってしまいましたが…。本当にありがとうございます。

  2. にん より:

    子供の頃から「アリエスの乙女たち」なんかで鍛えられていたので、これが過剰なセクシーとは気づきませんでした。

    昔のマンガは年中ギリシャ風の布を身体に巻いて、苦悩を表現してましたよね。

    ———————————–

    確かに。ギリシャ風といえば苦悩。あるかもです。
    苦悩といえば九能センパイを思い浮かべます。
    本人は決して苦悩してなかったのがポイントです。

  3. misa より:

    「神の雫」全巻読んでます。

    お酒をあまり飲めないのですが、コレを読むと凄くワインがおいしそうに思えて、ワインを買いたくなります。

    ———————————–

    全巻。ステキです。
    これを読むとワインが買いたくなる。そう来るとは。
    あ、でも確かにバーテンダー読むとカクテル飲みたくなりますね。確かにー。

  4. s より:

    神の雫がギャグマンガに見えるから困る。

    ———————————–

    ありがとうございます。僕も同感です。
    あんなにシリアスなのに。

    シリアスなのにギャグに見えるというイミでは、MMRが一番だと思います。
    うん。

    このあたりとこのマンガの接点について触れないのが大人なんでしょうか。

  5. ゆうな より:

    なんだか最後の1枚のセンターが
    ユウ先生に見えてきました(@_@;)

    ———————————–

    ………。

    って主人公ですか!?
    いやいやいや! もう何だろう。
    自分はヒロインのシャワーの水あたりで十分です。ていうか、それになりたい。
    本当にありがとうございます。

  6. 匿名 より:

    ソムリエの友人がいます。
    女好きです。。。

    うるさい・・・!!ってカンジですよね。
    クドクド女を語るな・・・バカ!!

    ・・・ってワインに嫌気がさして
    わたしは今夜も発泡酒デス・・・★

    ———————————–

    確かにワインのウンチクうんぬんは切ないですよね…。
    発泡酒でも女がいたらステキです。泡だけに泡姫。何でもありません。

  7. ちこくおう より:

    一度「最強伝説 黒沢」を取り上げて欲しいです。

    ———————————–

    ………。
    そ、そこを突いてくるとは。あえて。

    あれは本当に、たぶんあらすじ書いたら1ページで終わりそうですよね…。
    でもそこをあえてあそこまで描ききるのがあの先生の凄さかと。
    ご提供ありがとうございます。

  8. かとゆ より:

    ツッコミスト万歳♪

    ———————————–

    一瞬何のことかと考えてしまいました。
    自分で言ったくせに。すみません。ありがとうございます!

  9. ツツ より:

    はじめまして!
    『神の雫』、全巻読んでますが、
    そういった視点で読んだことなかったので面白かったです(笑)。
    笑わせていただきました!

    ———————————–

    ありがとうございます。そう言っていただけると幸いです。
    全巻、すごい。ちなみに自分は、うん。途中で微妙に挫折しております。ナイショ。

  10. わたしだ より:

    「ヴィラージュには肉厚さがあり、流麗な曲線美を供えた大人の女性が思い浮かぶ。アール・ヌーヴォー絵画の中にたたずむ、気高き貴婦人の姿である」

    ……だが、たったの500円である。
    安っ!

    ———————————–

    ありがとうございます。気がつきませんでした。
    追加ネタとして使わせていただきました。大感謝です!

  11. まこ より:

    まぁでも、ワインの描写を男でするのもアレですよね。
    わたし女ですが、どっちかっていうと女を想像するようなワイン飲みたいです☆

    そっちのひとではありません念のためw

    ———————————–

    なるほど。女性であっても、女を想像するワインなのですね。勉強になります。
    なんか、「そういうビデオに出るときは、女同士の方がマシ」と判断する心理実験を思い出しました。
    本当にありがとうございます。

  12. パキフィツムな★○人 より:

    サイコドクターも話好きで、ほぼ見たことありますが、これ知らなかったです。(チェックします♪)絵が。。リアルすぎてめくるめく、すごい。。。
    紹介漫画も面白いですが、
    ゆう先生のツッコミセンス最高っ!!!そこのほうが私的にツボでした。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    す、すみません。
    絵、そうですね。確かにリアルかも。
    ただ、作中にイタリアかぶれのおじさんがでてきて、それはデフォルメの名を借りつつ手を抜かれてます。
    いつかぜひ。

  13. より:

    とんこつラーメンは、、、

    こってりしているけど細麺が基本。
    つまり太めな女性だけど中身は繊細かも、、、

    ———————————–

    ありがとうございます。
    確かに! そうですね。内面性、重要ですよね。
    いつか巡り会いたいです。とんこつラーメン女性に。たぶん。

  14. より:

    ゆうき先生がワインを表現すると、どのワインでも乳が登場しそうですね

    ワイン漫画はソムリエとソムリエールしか読んだことないので、機会があれば読みたいと思います

    ———————————–

    ありがとうございます。
    確かにすべて乳で説明するかもしれません。

    「バストがあった…」
    「ほのかな乳があった」
    「乳が並んでいた」

    あぁ、だったら最初から牛乳マンガにすればいいんだ。
    そんなことを思いつつ生きてます。ありがとうございます。

  15.   より:

    岡山に住んでるので、学校行事で備前市の備前焼を観に行ったりする事が多かったのですが、アレに使う土は職人さんが食べて、適合するか否か決めるらしいですね
    職人さんに言わせれば「いい土は甘い」「チョコレートのよう」らしいです

    私も食べてみたことがあるのですが、まろやかな土の味がしました
    もう食べたくありません

    全然関係無いですが、ボジョレーヌーヴォとずっと言ってた筈なのに、ここ2、3年でボージョレ?で統一されてしまいましたね
    なお、日本では500円とかしますけど、本場にいけばミネラルウォーターくらいの値段だとか
    輸入するのにやたらと費用がかかるそうです

    ———————————–

    はっはぁ…。いい土は甘い。チョコレートのよう。
    だったら最初からチョコレート食べるような気がします。

    まろやかな土の味。土は変わらないんですね。ステキです。
    ボージョレも、なるほど。ある意味、ビリーズブートキャンプも近いのかなー、と思ったりします。

  16. ある より:

    韓国でしたか、これが発端となってすごいワインブームが…とTVで見た覚えがあります。わざわざ漫画片手に同じワインを探しに来る方もいらっしゃるとか。
    どこまで本当かわかりませんが。
    お酒のまろやかさ・繊細さを女性に例えているのでしょうが…自分もちょっと味わってみたくなりましたw

    ———————————–

    ありがとうございます。
    韓国、すごい。流され、いえ、ブームへの乗っかり具合がすごいです。
    確かにでも、「飲んでみたい」とは思いますよね。なるほどう。

  17. ナツル より:

    このワイン家にありますよ。去年のが。
    ヌーボーなのに…
    ちなみに開封すらしてません。赤より白が好きなので。

    ———————————–

    もったいない。
    いつかぜひまた空けて、ステキ女を発見してください。ぬぼっとした女とか。本当にすみません。

  18. 女性 より:

    ワインの味や香りが女性的、
    かつ美しい、って言いたかったのではないでしょうか。

    後、こちらに聞いているのではなく、
    幻想に尋ねているのだと思います。

    ———————————–

    ありがとうございます。なるほど。女性的で美しい。
    しかし幻想にたずねているとなると、よりなんか濃密に危険な気がします。幻視と会話で。
    ありがとうございました。

  19. KAKERU より:

    ラーメンを食べたら、中華一番にしないといけませんよ。
    イメージは、豚とかが群れとなってゆうきゆう先生と戯れる感じで……
    さて、次の食べ物マンガは何でしょうね?
    華麗なる食卓とかでしょうか?

    ———————————–

    確かにラーメンは中華一番表現でないといけませんね。
    裸になって戯れないと。

    華麗なる食卓…。またそれは渋いところを。
    あれは「おいしい」とか関係なく、とにかく脱ぎますよね。
    そういうマンガに、申し訳程度にカレーが入ってる、というイメージです。自分の中で。
    ありがとうございます。

  20. 匿名 より:

    ワインを飲んだだけであそこまでイメージが出てくるなんて……。
    ワインでなく、なんか危ない薬を飲んでるんじゃない?的なツッコミを誰もしないのが不思議です。

  21. sa より:

    こんなことを言う人が身近にいたらお薬が切れたかと心配になりますが・・・。

  22. mach より:

    異性をイメージしやすいのかもしれませんね。
    異性と言うか、性の対象を。

    土は確かにオエッとなりますが、
    独特の濃さというか、野性味があると。
    解釈して欲しかったのではないでしょうか。

    ならそう言えって話ですが...。苦笑

  23. ikeniku より:

    >4さん
    MMRも神の雫も原作者同じですからねぇ。
    亜樹・樹林などなど。
    この人はいつもPNに「樹」を使うんですよ。

  24. ikeniku より:

    ↑というか、コメント読み直してみましたが
    既にご存じのようですね。

    空気読めないコメントでした。スミマセン。

  25. ボブ より:

    いいですね、神の雫の主人公。
    ワインを飲むたびに女性がでてくるなんて夢のようじゃないですか!
    うらやましい……。

    でも彼が安物で栓を開けたまま半年くらい冷蔵庫に忘れてたワインを飲んじゃったら、いったいどんな女性が出てくるんでしょうね。

  26. h_way より:

    ワインの漫画ならソムリエが面白いですよ。こちらの漫画は主人公のが子供のころに飲んだ最高のワインを捜し求める話ですが・・・

  27. タカ より:

    某ホテルでソムリエをやってます。
    「神の雫」はストーリーは荒唐無稽ながら、ワインの表現はまったく間違ってはいないですよ。
    業界的にも影響力が強くあなどれない
    コミックではあります。

  28. あかね より:

    面白かったです!
    マンガも読んだんですが、正直こっちの方が面白かった…。
    マンガそのものの面白みはほとんどないですよね。「とにかくライバルたてて闘わせればいいんだろ」という感じで。よくないマンネリ。
    でもそこにこうして鋭いツッコミを当てるのがスゴイです。

  29. 匿名 より:

     いつも楽しく拝見させていただきます初めての書き込みに出失礼します。

     韓国ではワイン市場を作った原因になったと言われているまんがらしいですね。
     「こういう内容がある」っと頭の隅においておきます。

  30. 匿名 より:

    面白かったー!
    作品へのツッコミ、笑わせていただきました。

  31. Yukari より:

    つっこみ、面白く読ませていただきました。実際読んでみると、漫画の作者のワインの表現にそこまでの違和感を感じなませんがね。

    むしろ気持ち悪いのは、
    ・ひとつのワインを飲んだときに想像する光景や表現が究極的にはひとつしかない、という仮定
    ・作者の好みなのかもしれないが、ブルゴーニュがシャンボールミュジニーに偏りすぎ
    ・12の使徒のワインが偏りすぎ。最初は仏ワインから入るというのは分かるが既にフランス赤だけで4本に達している。ブルゴーニュの白や、アルザス・ロレーヌはどうするのか、ドイツやイタリアは?そして新大陸はどこまでカバーされるのか。

    加えて、作者の経済感覚の無さもちょっとね。この当たり、編集者も悪いのかもしれないが、
    ・あれだけ大量のお宝ワイン+家、別荘の資産価値が全部で20億しかない
    ・主人公のワイン事業部に、ビジネスのリアリズムが無い。顧客を見つけるところは詳細に描かれてるが、肝心のワインの買い付けをあの事業部の中で誰がやってるのか?まさかワインショップから買ってきているわけではあるまいし。

  32. ぴろ より:

    >31のかた
    時価20億ともいわれるワインコレクション……と描かれているので、邸宅や別荘は別勘定だと思われますが(笑)。

  33. chobi. より:

    時価20億ともいわれるワインコレクション・・・て
    神崎雫の父親
    神崎豊多香氏は、なんでそんなに大金持ちだったのだろう?
    ワイン評論家ってそんなにもうかるもんなのか?

    あ、すみません、突然にお邪魔いたします、
    私、以前ワインに携わる仕事をしていたものですから
    今更ながら“神の雫”を読みふけっております。

  34. vivi より:

    最近神の雫を読み始めました♀です。

    確かに、女性の前で女が出た美女だった女神だったと言われたら、いい気はしないでしょう。

    ブログを読んで笑ってしまいました。

  35. ロベール師匠 より:

    ツッコミ処満載中だが敢えて一つ
    ラストのボジョレーの広告はよく読もう。
    ボトル1本500円じゃない
    グラス1杯500円。結構割高だよ、この店。

    ワインに限らず
    アルコール飲んでうん蓄語る奴は
    どの分野でも50歩100歩だ( ̄ー ̄)y─┛~~~~
    そのうち『この焼酎は湖に佇む王女の味がする』
    とか流行るぞ!?

  36. より:

    味と言うものを言葉で伝える時、抽象的なイメージで伝えるしか方法が無く、一々つっこんでもしょうがない・・・

  37. 匿名 より:

    えーでも「この野沢菜まじめな味」というたった一言には
    思わず万人をして首肯たらしめる存在感があるよ。
    くどくどしく述べて煙に巻いて結局意味が通じないという表現の仕方は
    漫画では下の下じゃないの。

  38. 匿名 より:

    「甘く柔らかい香り。これはメイプルシロップをたっぷりかけた、パンケーキ?」

    いいえ、ワインです

  39. 匿名 より:

    確かに大げさで笑えますよね。

    しかし、実際にこのような表現をするソムリエはほとんどいないと思います。マンガですから。
    ソムリエはマニアでも愛好家でもありません。ビジネスマンとしてもプロであるべきです。実際にこんな表現で客に説明するようなソムリエがいるとすれば、店の格を下げるだけです。

    あと、この表現をワインの味だけの事だと思ってはいませんか。ワインを料理と同じ次元で考えるべきではないと思います。

    ワインは外観、香り、味わいの三つが柱となっていて、外観だけでも、色、清澄度、濃淡、粘性、気泡の強弱など、たくさんの情報を得られます。また香りの成分は数千種類にものぼります。

  40. ワインライト より:

    ワインに凄い詳しいわけではありませんが、この漫画では主人公二人が心の底にある母の姿を探しもとめる、そしてそのことで父の偉大さを自分たちが引き継ぐという設定の話のようです。

    それからワインの世界では女性的なワインと言う表現は定着しているようで(例えばシャトーマルゴー)、対極の男性らしいとか、力強いと言う表現もあります。ただ、その男っぽいワイン(ボルドーの左岸と呼ばれるもの)はすでに値段が高騰していて、漫画が想定している読者の懐事情に合わないので、どうしても出てくるワインが値段のリーズナブルなものになり、結果女性らしさのあるものにならざるを得ないかなと思います。

    こんな理由で女性像を追い求めざるを得ない漫画になったのではないでしょうか。立ち読み中心なので細部は忘れましたが、値段の安いボルドー左岸のボワ・カントナックというワインのときは、「仮面舞踏会」と言って、ちゃんと男女両方出てました。なかなか良く考えられています・・・

  41. 匿名 より:

    おお、まだ残っていたとはw
    画力は評価されてるのでラブコメとか描いたほうがいいのでは?と思ってしまいますね

  42. 少年 より:

    ワインマニア?の世界自体一般人から見ると相当変人と言うか面白いですからね。
    ワイン界?真面目なソムリエールの方々の心証は私には計れませんが、漫画としてワインの表現は斬新だなと思いました(過去形)。