デートは吉原で行え。?好意の返報性

突然ですがあなたは、イタリアの詩人ペトラルカの、こんな言葉をご存じでしょうか。

「 どんなに愛しているかを話すことができるのは、
  すこしも愛してないからである。 」

なかなかに趣深い言葉です。
でもこれ、本当なんでしょうか。

  

こんばんは、ゆうきゆうです。今夜もメルマガから、こんな話を。

僕、ケンタッキーフライドチキンが好きなんです。

でも、行くたびに、悲しい気持ちになるんです。

カーネル・サンダースおじさんっていますよね。
あのチキンのレシピを作った、人形になってるおじさんです。

あの人、レシピを作った直後、研究室でスパイたちに脅されたんです。

「このレシピを俺たちに渡さないと、お前の命はないぞ!」って。

でもカーネルおじさんは、勇気を持って、それを拒否した。

その結果、彼は殺されてしまった。
でもそのおかげで、彼のレシピは奪われず、僕たちはこうしておいしくチキン
を食べることができる…。

僕が、小学生時代に作った妄想です。

スパイうんぬんとか、いかにも小学生が考えそうです。

さらに僕、この妄想をいつのまにか「真実」として勝手に記憶していたから始
末に負えません。
数年前にじっくり考えて、はじめて「そんなワケない」ということに気がつき
ました。

ただ、理性では「妄想だ」と分かっても、感情がその切ないドラマを強く覚え
ているため、つい悲しくなってしまうのです。

街中のケンタッキーで、涙ぐみながらチキンを食べている人間がいたら、僕だ
と思ってください。たぶん違います。

自分でも話の落としどころが分からなくなりつつも、今夜もセクシー心理学の
世界をお届けいたします。

◆ どんなに愛しているかを話すことができるのは。

さて、冒頭の、

「 どんなに愛しているかを話すことができるのは、
  すこしも愛してないからである。 」

という言葉。

これは果たして、本当なのか。

実際に「食事」で考えてみましょう。

「美味しんぼ」などのグルメマンガでは、何かを食べるたびに、大量の言葉を
しゃべりはじめます。

「なんておいしい! ヒラメがシャッキリポンと、舌の上で踊るわ!」
「すばらしい! 後味がさわやかで、高原に吹き抜ける風のようだ!」
「うまい…! まるで乙女の指のように透き通った味…!」

こういう表現を聞くたびに、「いや、本当においしいと思ってないだろ」と感
じていました。

特に乙女の指が透き通った味なのかどうかは、人によるような気がします。

実際に脳レベルで考えますと。

こういう「味わい」を感じるのは、イメージを司る右脳。
しかし言葉を作り出すのは、論理を司る左脳だとされています。

担当している部位が別ですから、二つが同時に働くのは至難の業。

すなわち本当に右脳でおいしいと感じていたら、無言になってしまうか、「す
ごい…」くらいしか言えない方が、よほど自然なのです。

そう考えてみると、

「 どんなに愛しているかを話すことができるのは、
  すこしも愛してないからである。 」

というのは、真実のように思えます。

たとえば、大好きな芸能人や有名人、もしくは心から愛している人と一緒にい
ることができたら、たいていはパニクってしまい、気の利いた言葉なんて言え
ないはず。

そしてそれは、

「いやぁ、嬉しいなぁ、こんなに好きな○○さんと一緒にいられるなんて!」

とペラペラ話す人より、よっぽど真実味があるかもしれません。

でも。
だからといって、ひたすら無言なグルメマンガが、売れるでしょうか。

確かに不自然であることは重々承知ですが、それでも読者に伝えたいなら、と
にかく「話さないとダメ」なのです。

同じように、本気で相手を好きで、口説きたいと思うのなら。

それでも、「どんなに愛しているか」を伝えないといけないのです。

◆ 好きと言われたから、好き。

こんな心理実験があります。

男性をAとBの2グループに分けて、ある女性から、

A「あなたは、すごく素敵な人ですね」
B「あなたは、あまり良くない人ですね」

と言わせます。

そして男性たちに、「この女性をどう思いますか?」と聞いたところ、Aの方
が、好感度が高くなったのです。

想像通りの結果ですね。

よほどのMは、Bの場合で好感度が高くなりそうですが、それは基本的に例外
です。

心理学では「好意の返報性」というものがあります。

快感。喜び。幸せ。

こういう好意全般を与えられると、嬉しくなって、つい相手に対しても好意を
返したくなってしまうものなのです。

「なぜ愛しているかの説明」というのも、それに通じます。

「あなたがステキだから」
「とてもキレイだから」
「優しいところが大好きだから」
「あなたのお仕事、心からスゴイと思うんです…」

こんな風に言われたら、相手は嬉しく感じるでしょう。

言うまでもなく、好意を返したくなります。

これこそが「口説き」です。

本気で相手のことを好きなら。
そして相手に、自分のことも愛してほしいと思うのなら。

とにかく「言葉」で、相手を幸せにする必要があるのです。

ですのでさっきの名言を少し修正するなら、

「本当に愛しているなら、どんなに愛しているかを言えなくて当然だ。
 しかしそれでも言うことが、愛されるために必要なんだ。」

となるわけです。

◆ 要求は、好意ではない。

間違えられると困るのですが、

「つきあってほしい!」
「愛してます!」

というのは、単なる「要求」です。

「だから、心や体などをよこせ」と言うのと変わりません。

「金払え」という人間が好かれないのと同じように、決して愛されませんので
注意してください。

また、ありがちなのは、とにかく「自己アピール」をする人。

「俺はこんな仕事をしてる!」
「私はこんなすごいことをやったの!」

これは結果的に、「だから、こんな自分と一緒にいられる君は幸せだよ」とい
う形で、快感を与えようとしているわけです。

でもそれは、あまりに回りくどく、通用することはほとんどないでしょう。

というか、本当にすごい人は自己アピールなんてしませんから、かえって「自
分はダメである」と言っているのと変わりません。逆効果です。

◆ デートは気分をよくさせること。

すなわち、告白にたいして、

「まだあなたのこと、よく知らないし」
「突然に告白されても困る」

と言われるなら、直訳するなら、

「てめぇまだ私のこと気持ちよくさせてねぇのに、要求だけするんじゃねぇよ」
「金も払わないで商品もらおうなんて甘いんだよ」

ということになります。

とにかく「要求」よりも前に、相手に「快感」というお金を払うこと。

すなわちデートというのは、「相手に幸せを与えるための時間」です。

1時間なら1時間。
2時間なら2時間。

与えられた時間をフルに使って、相手を気分よくさせること。

そのためだけの時間です。

告白というのは、「好きだ」ということではなく、「なぜ好きか」を説明する
行為。

そしてそれを通して、相手を気分よくさせるという行動のことなのです。

では、そのためにいったい、どうすればいいのでしょうか?

その答えは、次週の更新で!

次回「吉原炎上」をご期待下さい!

(つづく)


コメント

  1. けいこ より:

    普通に、「そんなことないだろ」と突っ込みを入れてしまった私は普通じゃないんでしょうか?

    めちゃめちゃ憧れている人がいますけど、会ったら、その人に好かれたいと思うのか、どれだけ好意を持っているか語ってしまいましたが…。

    P.S.初めて、変は妄想はやめてくれと思いました。

  2. mani より:

    あぁ?続きが気になる!

  3. totoro より:

    年をとると見方も変わりますよね…。
    10歳近く年下の人にストレートに好意や憧れの気持ちを伝えられると、悪い気はしませんが、
    「あぁ、若いなぁ…」
    って思う気持ちが先にきちゃいます。ちょっと自分の若かりし頃のイタイ思い出を思い浮かべつつ、大人の対応をしなくてはと思い直します。
    同じ言葉を言っても、それがイタイ人に見えちゃう人と自分の気持ちに正直な好人物に見える人がいます。
    あの差は何なんでしょうか。極論すれば「その人が前提的にかもし出す雰囲気」にかかっているのかな、と思っています。

  4. kazu☆ より:

    奥が深いですねぇ?。
    あぁ?来週まで待てない……

  5. 匿名 より:

    >さらに僕、この妄想をいつのまにか「真実」として勝手に記憶していたから始
    末に負えません。

    おぉー、有名なセオリーを地でいくユウ先生・・!あのセオリーたてた人も、自分の乳母が語った妄想拉致ストーリーを信じて記憶してしまっていたことから気付いたのではなかったですか?うむ・・さすが(笑)

  6. Fraud より:

    >こういう表現を聞くたびに、「いや、本当においしいと思ってないだろ」と感
    じていました。

    神の雫に話題が続くコトを期待した人は僕だけではないと思います。

  7. 3タコ より:

    > たとえば、大好きな芸能人や有名人、
    > もしくは心から愛している人と
    > 一緒にいることができたら、
    > たいていはパニクってしまい、
    > 気の利いた言葉なんて言えないはず。
    >
    私もそう思います。
    緊張して心臓が高鳴ってダメです。

    でもこれ、「接する機会が非常に少ない(と自分が思っている)人と、初めて接したとき」という前提がありませんかね?

    何度も接する機会があると思うと「次があるさ」と緊張も減りますし、
    何度も接していると慣れてくると思います。

    …大好きだと思っていた人と、最初から普通に接することができた場合は、「対して好きじゃなかったんだなー」と軽く空虚な気分になります(笑)。

  8. 隠れ常連 より:

    >言うまでもなく、好意を返したくなります。
    >これこそが「口説き」です。

    まさに目から鱗です!
    そうか!これが「口説き」なんだ!

    本当に勉強になります。

  9. 匿名 より:

    >ただ、理性では「妄想だ」と分かっても、感情がその切ないドラマを強く覚え
    ているため、つい悲しくなってしまうのです。

    ゆう先生のこのお言葉、せつなくなりました。

    ところでわたしは、接客業を営む家に生まれたため
    相手を誉める
    「素敵」と絶賛する。。。

    こんなことを日常的にやってしまいます。
    もう。
    人間関係の手法的に。

    ・・・なので、本当に好きな人にはこれがなかなかできません。

    わたしの恋は実り難いのでしょうか・・?

  10. カナタ より:

    冒頭のお話、事実だと思って傷ついてました・・・・。
    妄想でよかった!

  11. mii より:

    私には時間がありません…(泣)続きが早く読みたいです!!!

  12. 馬亭 より:

    さっき「だめんずうぉーかー」を読んでいて、その後、これを読みました。

    だから、だめんずはペラペラと愛を語れるのだなと納得しました。

  13. 匿名 より:

    >ひたすら無言なグルメマンガ
    『孤独のグルメ』という漫画をお勧めします。

  14. える より:

    昔、感動する話のメルマガで読んだことがありましたが、カーネルサンダースは破産寸前(しかもかなりの高齢)のときに、レシピを思いつき、大逆転で大金持ちになった、って話だったと思います。ゆう先生の妄想とは違いますが、レシピにはエモーショナルな話があったことは確かです。

  15. チュウ犬 より:

    すなわち、告白にたいして、

    「まだあなたのこと、よく知らないし」
    「突然に告白されても困る」

    と言われるなら、直訳するなら、

    「てめぇまだ私のこと気持ちよくさせてねぇのに、要求だけするんじゃねぇよ」
    「金も払わないで商品もらおうなんて甘いんだよ」

    ということになります。

    ・・・。

    過去のバラ色の思い出が。
    私も全く同感です。

    ガンバ!!

  16. みちこ より:

    私はどちらかと言うと、好きな人へ好意を素直に示す性格です。
    しかし、誉めたり、どういうところが好きか伝えたり、気分良くさせたり、優しくしたり、と好意を与えていくと、だんだんと男性の方が偉そうに(?)なっていくのです。
    いつの間にか、私が『尽くす女』になってしまっていて、男性はだんだん冷めていく・・、という感じでした。

    どうしたら、末永くラブラブでいられるのでしょう。
    最初のうちはラブラブなのに。

    『ラブラブ』とか連発してますけど、一応20代前半です。(笑)

  17. かとゆ より:

    ケンタのチキンに関しては、時々むしょーうに食したくなります? 不思議です! 

  18. あじさい より:

    あーーーなんかわかります。
    うちのお父さんがよく「俺は妻を世界で一番愛している」だのなんだの言っちゃってるんですが、1日1回はその母さんにブチ切れて「だからお前はバカだし駄目なんだ」とかの暴言飛びまくりなんすよ。
    この前あたしがその隙を見て誘導尋問をして、「あ、父さんはそのダメな母さんを愛してる自分を好きなんだ?」って言ったら
    奥さん本人目の前にして「うん」って。否定しようよ。。。

    愛されるためとはいえ、愛されない自分に意味を持たせる為に「愛してる大好き」ってペラペラ言ってる男は信用できないわー。中身が無い。年取った子供って重くて醜い。
    実際、母さん不快に思ってるし。
    ちなみにあたし16です。(笑)

  19. 匿名 より:

    確かに恋している状態の
    ラリ期だったら頭の中もパニックで
    気の利いた台詞など言えないと思います。
    でも
    恋から発展して穏やかな愛に変わった時、理性的に考えて、相手を喜ばし、愛を囁きたいと思った人なら、旨い事を言えるのでは無いでしょうか?
    恋と愛は別ジャンルの感情みたいですが…

  20. オコックス より:

    あまり関係ないですが、タイトルが「 デートは吉良で行え」と見えてしまいました。
    そうすると次回は「吉良炎上」ですか。
    静かに暮らさせてあげてください。