心理学コラム「五感の質屋」

というわけで、2年前に書いたものですが、ほんのちょっと編集して、まとめて掲載いたしました。
よろしければ!

あなたは五感のうち、どの感覚なら、失ってもいいと思いますか? ⇒ 「五感の質屋」


コメント

  1. クド より:

    二年前のも読みましたが、もう一度読み直すと、二年前には感じられなかった感情がこみ上げてきます。本当にいいお話ですね。
    心理学者ならでは(?)の五感に関する見解が示されていて納得も出来る。ただ無知に自分が話を考えたのであれば、視覚を残していてこうはいかないだろうと強く思いました。

  2. ラテ より:

    読んでいるうちに涙がこみ上げてきました。
    五感のどの部分が一番大切なのか・・・
    実に勉強になりました。

  3. 珍獣使い より:

    五感は やはり大切ですね。

    お話に出てきたお父さんは 
    自分の声を聞き、自分に話しかけ、
    昔を思い出しながら、
    自分の人生に決意して、
    人生を送っていたのですね。

    自分を忘れていなかったから、
    ぬくもりに触れたときに感動できたのかなっ!?って 思いました。

    五感をなくさなくても、
    時には、自分に話しかけて、自分の声を聞き、人とのつながり(スキンシップ等)を大切にしたいなっ♪
    と考えさせられました。

  4. KAZ より:

    ソロセクシーの観点から言っても
    触覚が一番大事かと。

    いい話を、スミマセン。。。

  5. ゆるち より:

    初めて読みましたが、最後に涙がこぼれてしまいました。見えなくても、聞こえなくても、喋れなくても、匂いさえわからなくなっても、「ぬくもり」の記憶は不変なのですね。

  6. 論理的思考 より:

    生物の神経は全身に張り巡らされた触覚
    がほとんど、自律性にもよるが内蔵機能
    にも全部関与しているので生命を維持することにも必要。
    目や耳は単体の知覚器に過ぎない。

  7. 匿名 より:

    あれ? 娘の報告を受けるために「聴覚」を残したんだと思ってました。
    「触角」を残していたのなら、どうして「聴覚」のない父親が店主と会話できたんですか?
    ・・・と揚げ足が浮かんでしまいました。
    スミマセン。
    店主はやっぱり特殊な御人(?)なんですね!

  8. より:

    あれ? 娘の報告を受けるために「聴覚」を残したんだと思ってました。
    「触角」を残していたのなら、どうして「聴覚」のない父親が店主と会話できたんですか?
    ・・・と揚げ足が浮かんでしまいました。
    スミマセン。
    店主はやっぱり特殊な御人(?)なんですね!

  9. より:

    と思ったら直前に会話したのを思い出したとありました。恥ずかしい。

  10. 匿名 より:

    どこかで読んだことがあるなと思ったら2年前でしたか!
    当時とはまた違った感覚で読むことができました。感動です(; ;)

  11. 匿名 より:

    視覚残して普通に生活できるとおもうんだが。
    筆談もできるし。

  12. ごめん 匿名さんに 反対!! より:

    視覚だけでは全身がしびれたようになって普通に生活なんてできないす。
    触覚がなければ他人の体みたいなものっす。

    せいぜい寝たまま目だけが見えるという
    生活だと思うっす。

  13. 匿名 より:

    自分なら視覚を残すだろうなあ。聴覚も大切なんだけど、どちらかひとつなら視覚。触覚は選ばない。
    何も情報がなく、唐突に触れられるという生活では、ストレスですぐにダメになってしまうと思うから。

    このお話は、「触覚が一番大切です」という事ではなくて、「ゆう先生は、触覚と幸せの記憶が結びついている」という事ですよね。「触覚が正解」とはどこにも書いてない。2年前にも思いましたが、そのあたりの読み間違えというか、「なるほど、触覚が大切なんですね!解りました!」みたいなコメントが多いのが残念な気がします。自分で考えたうえで「私も触覚だな」なら解るのですが。

  14. 匿名 より:

    私も触覚が1番大事だと思っています。

    しかし一般には視覚、聴覚が欠けると嫌。という方の方が多くて逆にびっくりしました。

    私は生きてるからには大切な人の温もりを感じたいと思いました。
    人それぞれだなぁと感じました。