だって、ヘビだから。 「信じる」よりも大切なこと。

あなたは、こんな話をご存じでしょうか。

あるところに、ヘビがいました。
ヘビは、川を渡りたいと思いました。ただ、ヘビは自分では泳げません。
そのため、船を漕いでいた船頭に頼みました。
「船に乗せてください」

すると船頭は、言いました。
「いやいや、ダメだよ。だってキミ、ヘビじゃん。噛むでしょ? 毒あるでしょ?」

するとヘビは言います。
「そんなこと、絶対にしません! 約束します!」

この直後に起こったできごととは!?

今夜はそんな始まりから、人間関係をうまく進める秘訣をお教えします。
 

こんばんは。ゆうきゆうです。

10月13日の心理学オフ、さらに参加者さん募集中です!

⇒ http://sinri.net/off

からどうぞ!

ではでは、今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな世界をお届けいたします。

◆ ヘビさんは。

さて、話の続きです。

「絶対に噛みません! 約束します!」

とヘビは言いました。

その言い方はとても真面目でしたので、船頭は迷ってしまいました。

「でも…」

すると、ヘビは言いました。

「考えてみてください! もし私があなたのことを噛んでしまったら、あなたが死んでしまうわけで、船を操縦する人はいなくなります。そうなったら、私だって川の真ん中で動けなくなり、干からびて死んでしまいます! だから、噛むワケないじゃないですか!」

その言葉に、船頭はうなずきました。

「なるほど、確かにそうだ。そこまで言うのなら…」

そして彼は、ヘビを船に乗せてあげました。

さて、船は少しずつ川岸から離れ、川の真ん中にさしかかりました。

「さーて、そろそろ半分だな。あと少しで向こう岸につくぞ…」

そう言いながら船頭が見ると、ヘビがムズムズしています。

「え、どうした? おい?」

「噛みたい」

「オイ? オ、オイ?」

「噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい」

「は? ………ってオイ、オイ! ちょ、待て! ちょっ…!!」

ヘビは、船頭を噛んでしまいました。

当然、船頭は死にます。
そしてもっと当然ですが、船は動くことができず、ヘビも干からびて死んでしまいました。

これが、船頭とヘビの話です。

この話、どう思いますでしょうか。

なぜヘビは、すべてが分かっていたのに、噛んじゃったと思いますか?

答えはシンプルですね。

「だって、ヘビだから。」

◆ サソリさんは。

実はこれに似た話は、アラブにもあります。
砂漠で水に渇いたサソリは、通りがかったラクダに頼みました。

サソリ「オ、オアシスまで運んでいってくれ」

ラクダ「イヤだよ。だってキミ、刺すじゃん。そしたら、死ぬじゃん」

サソリ「いやいや! 刺してキミが死んだら、僕も動けなくて死ぬから! そんくらい分かってるから!」

ラクダ「そう言われてみれば、そうだね。じゃあ、乗りなよ」

もうこの先は言うまでもありません。

砂漠の真ん中で、ブスッ。ギャア。

ラクダは死に、もちろんそのまま、サソリも干からびて死にました。

なぜサソリは、すべてが分かっていたのに、刺しちゃったと思いますか?

答えはシンプルですね。

「だって、サソリだから。」

これ、恐ろしく真理を表していると思うのですが、いかがでしょうか。

◆ 分かっていても。

ひと言で言うなら、生き物は、

「すべてが分かっていても、ついやっちゃう」

ものなのです。
本能や特質の前に、約束や理性は、ほとんど無力なのです。

万引きを繰り返してしまう人。
アルコール中毒の人。
他にも、つい「ダメなこと」をしてしまう人。

すべて、「バレたらどれだけ危険か」ということは、分かりすぎるほど分かっています。
いえもちろん、バレなくても、良心の呵責や後悔があることも、十分に理解しているのです。

それこそ、「船頭を噛んだら、干からびて死ぬことが分かっているヘビ」と同じです。

でも!
それでも! やってしまうのです!

だって、ヘビだから。

◆ 血清を、用意しろ。

ヘビはヘビだから、噛んでしまいます。
もうそれは、動かしがたい事実。

船頭が噛まれた直後に、

「どうして噛んだらダメって分からなかったの?」
「えぇぇぇぇ…。信じてたのに…」

なんていくら言っても、何の意味もありません。

噛まれたくないなら、何と言われようが、最初からヘビを乗せてはいけないのです。
もしくはどうしても乗せるのなら、「とりあえずオリに入れておく」「縛っておく」「血清を用意しておく」など、念のための準備をしておくべきだったのです。

そうしてあげれば、ヘビも死にませんでした。
何より相手のためでもあったのです。

◆ 仕事でも恋愛でも、血清を。

ある恋人が、浮気をしました。暴力をふるいました。ヒドイ発言をしました。

「もう、二度としないから!」

そういうので、もう一度つきあいました。

しかし、相手はまた同じことを繰り返すかもしれません。

だって、ヘビだから。

そんなときに、
「信じてたのに!」
「ヒドイ!」
と泣き叫んでも、何の意味もありません。

それは、ヘビをそのまま放置して船に乗せた船頭と同じなのです。

言ってみれば、「あなたのせい」でもあるのです。

いえ、別に裏切った人を弁護するつもりはありません。

ただ何より言いたいのは、

「それでもヘビと一緒にいたいのなら、『噛まれない』ための努力を最大限にするか、『万が一、噛まれても大丈夫』なように、準備をキチッとしておけ」

ということです。

そこから目をそらして、「裏切られた!」「信じてたのに!」という言葉で、「自分は悪くない」と正当化しても、何の意味もないのです。

たとえば「浮気をした人」と付き合い続けるのなら、

「今度浮気をしたら、別れる」などのようにキッチリ約束しておくとか。
「浮気されてもショックが少ないように、自分も別の出会いを探しておく」とか。
「浮気のショックを減らすために、恋愛以外の喜びを見つけておく」とか。

同じように、「仕事で遅刻をした人」や「ミスをした人」と、そのあとも一緒に仕事をするのなら、

「ミスや遅刻をされてもいいように、念のためのスタッフを用意しておく」とか。

このような「オリ」や「血清」を用意しておくことが大切なのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ ネガティブな行為をする人と、今後も一緒にいるのなら、「オリ」や「血清」を用意しておくこと。

○ それこそが何より、ヘビさんのためでもある。

○ 「信じる」という言葉で、危険から目をそらして被害者ぶってはダメ。

○ それは何より、ヘビさんにもかわいそう。

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

「信じる」という言葉は、一見、とても綺麗です。 

でももっと大切なのは、「信じても信じなくても、行動する」ことなのかもしれません。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

自分もバストバスト言ってしまうのは止められません。だって僕だもの。