だって、ヘビだから。 「信じる」よりも大切なこと。

あなたは、こんな話をご存じでしょうか。

あるところに、ヘビがいました。
ヘビは、川を渡りたいと思いました。ただ、ヘビは自分では泳げません。
そのため、船を漕いでいた船頭に頼みました。
「船に乗せてください」

すると船頭は、言いました。
「いやいや、ダメだよ。だってキミ、ヘビじゃん。噛むでしょ? 毒あるでしょ?」

するとヘビは言います。
「そんなこと、絶対にしません! 約束します!」

この直後に起こったできごととは!?

今夜はそんな始まりから、人間関係をうまく進める秘訣をお教えします。
 

こんばんは。ゆうきゆうです。

10月13日の心理学オフ、さらに参加者さん募集中です!

⇒ http://sinri.net/off

からどうぞ!

ではでは、今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな世界をお届けいたします。

◆ ヘビさんは。

さて、話の続きです。

「絶対に噛みません! 約束します!」

とヘビは言いました。

その言い方はとても真面目でしたので、船頭は迷ってしまいました。

「でも…」

すると、ヘビは言いました。

「考えてみてください! もし私があなたのことを噛んでしまったら、あなたが死んでしまうわけで、船を操縦する人はいなくなります。そうなったら、私だって川の真ん中で動けなくなり、干からびて死んでしまいます! だから、噛むワケないじゃないですか!」

その言葉に、船頭はうなずきました。

「なるほど、確かにそうだ。そこまで言うのなら…」

そして彼は、ヘビを船に乗せてあげました。

さて、船は少しずつ川岸から離れ、川の真ん中にさしかかりました。

「さーて、そろそろ半分だな。あと少しで向こう岸につくぞ…」

そう言いながら船頭が見ると、ヘビがムズムズしています。

「え、どうした? おい?」

「噛みたい」

「オイ? オ、オイ?」

「噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい」

「は? ………ってオイ、オイ! ちょ、待て! ちょっ…!!」

ヘビは、船頭を噛んでしまいました。

当然、船頭は死にます。
そしてもっと当然ですが、船は動くことができず、ヘビも干からびて死んでしまいました。

これが、船頭とヘビの話です。

この話、どう思いますでしょうか。

なぜヘビは、すべてが分かっていたのに、噛んじゃったと思いますか?

答えはシンプルですね。

「だって、ヘビだから。」

◆ サソリさんは。

実はこれに似た話は、アラブにもあります。
砂漠で水に渇いたサソリは、通りがかったラクダに頼みました。

サソリ「オ、オアシスまで運んでいってくれ」

ラクダ「イヤだよ。だってキミ、刺すじゃん。そしたら、死ぬじゃん」

サソリ「いやいや! 刺してキミが死んだら、僕も動けなくて死ぬから! そんくらい分かってるから!」

ラクダ「そう言われてみれば、そうだね。じゃあ、乗りなよ」

もうこの先は言うまでもありません。

砂漠の真ん中で、ブスッ。ギャア。

ラクダは死に、もちろんそのまま、サソリも干からびて死にました。

なぜサソリは、すべてが分かっていたのに、刺しちゃったと思いますか?

答えはシンプルですね。

「だって、サソリだから。」

これ、恐ろしく真理を表していると思うのですが、いかがでしょうか。

◆ 分かっていても。

ひと言で言うなら、生き物は、

「すべてが分かっていても、ついやっちゃう」

ものなのです。
本能や特質の前に、約束や理性は、ほとんど無力なのです。

万引きを繰り返してしまう人。
アルコール中毒の人。
他にも、つい「ダメなこと」をしてしまう人。

すべて、「バレたらどれだけ危険か」ということは、分かりすぎるほど分かっています。
いえもちろん、バレなくても、良心の呵責や後悔があることも、十分に理解しているのです。

それこそ、「船頭を噛んだら、干からびて死ぬことが分かっているヘビ」と同じです。

でも!
それでも! やってしまうのです!

だって、ヘビだから。

◆ 血清を、用意しろ。

ヘビはヘビだから、噛んでしまいます。
もうそれは、動かしがたい事実。

船頭が噛まれた直後に、

「どうして噛んだらダメって分からなかったの?」
「えぇぇぇぇ…。信じてたのに…」

なんていくら言っても、何の意味もありません。

噛まれたくないなら、何と言われようが、最初からヘビを乗せてはいけないのです。
もしくはどうしても乗せるのなら、「とりあえずオリに入れておく」「縛っておく」「血清を用意しておく」など、念のための準備をしておくべきだったのです。

そうしてあげれば、ヘビも死にませんでした。
何より相手のためでもあったのです。

◆ 仕事でも恋愛でも、血清を。

ある恋人が、浮気をしました。暴力をふるいました。ヒドイ発言をしました。

「もう、二度としないから!」

そういうので、もう一度つきあいました。

しかし、相手はまた同じことを繰り返すかもしれません。

だって、ヘビだから。

そんなときに、
「信じてたのに!」
「ヒドイ!」
と泣き叫んでも、何の意味もありません。

それは、ヘビをそのまま放置して船に乗せた船頭と同じなのです。

言ってみれば、「あなたのせい」でもあるのです。

いえ、別に裏切った人を弁護するつもりはありません。

ただ何より言いたいのは、

「それでもヘビと一緒にいたいのなら、『噛まれない』ための努力を最大限にするか、『万が一、噛まれても大丈夫』なように、準備をキチッとしておけ」

ということです。

そこから目をそらして、「裏切られた!」「信じてたのに!」という言葉で、「自分は悪くない」と正当化しても、何の意味もないのです。

たとえば「浮気をした人」と付き合い続けるのなら、

「今度浮気をしたら、別れる」などのようにキッチリ約束しておくとか。
「浮気されてもショックが少ないように、自分も別の出会いを探しておく」とか。
「浮気のショックを減らすために、恋愛以外の喜びを見つけておく」とか。

同じように、「仕事で遅刻をした人」や「ミスをした人」と、そのあとも一緒に仕事をするのなら、

「ミスや遅刻をされてもいいように、念のためのスタッフを用意しておく」とか。

このような「オリ」や「血清」を用意しておくことが大切なのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ ネガティブな行為をする人と、今後も一緒にいるのなら、「オリ」や「血清」を用意しておくこと。

○ それこそが何より、ヘビさんのためでもある。

○ 「信じる」という言葉で、危険から目をそらして被害者ぶってはダメ。

○ それは何より、ヘビさんにもかわいそう。

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

「信じる」という言葉は、一見、とても綺麗です。 

でももっと大切なのは、「信じても信じなくても、行動する」ことなのかもしれません。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

自分もバストバスト言ってしまうのは止められません。だって僕だもの。


コメント

  1. コットン より:

     大切なのは「信じても、信じなくても、行動することかもしれません」
    このキメは…いいですね!!

     目茶苦茶ストレートに、キマったと思います。カッコイイっ! 感激しちゃいました。

     今回、あんまりバストなお話がなかったのがちょっぴり意外でしたけど、さすが、真面目な話もお上手ですね。

     童話を組んだお話が上手いのは、もちろんご自身の才能もあるのでしょうが、それだけ、先生が、優しいお母様から絵本をプレゼントされ大事に育てられた証拠かもしれませんね。

     さて、ヘビのお話を読みながら…画面が切り替わる前の段階で、展開は読めませんでしたので(私だったら、「毒牙を抜かせてください」と言うかなあ。まあそれじゃヘビさんも生きていけないだろうから「…さるぐつわを噛ませた上でぐるぐる巻きにしますけどOKですか?」と条件出すなあ…なんて想像しました。

    「血清」などという知的高尚な発想は全く浮かばず、「さるぐつわ+緊縛」

    「さるぐつわ」は外せない…と思ってしまった私。…ゆう先生が「血清」以外に挙げられた別の対処法「縛る」よりもさらにSMちっくな発想かもしれません。

    私の勝ちです(マニアな変態度で★)

  2.   より:

    >46
    あんたもそいつに酷い目にあってるんならそう言えばいいよ坊主

  3. 匿名 より:

    あぁ、ドナルドがついランランルーしちゃうのも、彼がドナルドだからなのですね。

  4. あじさい より:

    へびに「うそつきー信じてたのにー」てイっても、ね。壺にいれときゃよかったのに。

    うわきを同じパターンでされ続ける人や裏切られ続ける人は、
    なんでそうなったか、本質的に自分の何が問題だったのかに気付くまで、
    ぐるぐるぐるぐるし続けるんでしょね。
    被害者ぶるのをやめなきゃね。

    信じるって言葉であいてに責任まる投げは迷惑だよね。
    へびも可哀想かも。

  5. ぽち より:

    真面目な内容に感心していたらまさかのバストオチ。

    さすがゆう先生です(笑

  6. 信じない より:

    【信じないでごらん、不思議なことが起こるから】

    信じない――
    すると
    それでも案外
    生きてゆけると知る
    信じない――
    すると
    改めて
    人間は信じるものだ
    と知る
    信じない――
    すると
    ちょっとはずかしくなるよ
    あんなクダラヌものを信じていたのか、と

  7. HoGe より:

    「ヘビさんはヘヴィだから乗せられないよHAHAHA」

  8. あやめ より:

    コメントがこんなに!!!

    行動することって大事だなと思いました。
    あるがままを、受け入れる。
    その上で、できることをする。
    そうすればストレスをあまり溜めずに生きれそうな気がします。

    だって、みんな人間だもの☆

  9. mako より:

    あるがまま・・・にも限度はある。
    相手のために変わっていく事、
    歩み寄る事は、大事だと思うけどな。

  10. 帰還不能点 より:

    相手のために変わる・相手に歩み寄るとは別に
    相手と縁を切って別の相手を探すという
    選択肢もあるということだ
    前者も大事だが後者も忘れてはならない
    許容不可能のポイントを超えると
    不可逆な変化が起こり
    決して元には戻らない

  11. 匿名 より:

    私は人は変われる。
    そう信じています。

    蛇に咬まれることに対して
    血清を用意しつつ
    蛇のことを信じていても
    だめなんでしょうか?

    人間は蛇じゃない。
    「だって蛇だから」で片付けて
    よいことと片付けられないこと
    あると思います。

  12. 123 より:

    サブウェイ・パニック
    (アメリカ、1975年公開)

    ニューヨークの地下鉄が4人組の男に
    ジャックされ、17人の乗客と車掌一人が
    人質になった。「少額紙幣で100万ドル。
    期限は1時間で、それを過ぎた時は
    1分に1人ずつ人質を射殺する」警部補
    ガーバーは必死になって15分の期限延長を
    頼んだが、答えはノーだった。武装警官の
    一人が犯人に発砲、報復手段は直ちに
    とられ、車掌が人々の前で射殺された。

  13. 匿名 より:

    「一度でも間違いが起こった事柄に関しては全幅の信頼を寄せない」

    byデカルト

    を思い出しました。

  14. まかろん より:

    63番さんのデカルトの言葉を見て、
    「おお!さすがデカルト、真実をついてるじゃん!」
    と感動しましたが、次の瞬間、
    「ひょっとして恋人に浮気された時に思いついた考えかも」
    と思い、感動台無し。

  15. 許すも許さないも自由意志 より:

    一度裏切った者は
    裏切りが癖になって再度裏切る
    あなたができることは
    将来のパートナーに対する意思表示として
    裏切った者に対し
    毅然とした態度で決して許さないことだ
    裏切る者を許したい者は
    許せばいい、そして再度裏切られればいい
    「裏切りなんて許せばいい、許せないのは狭量だ」
    という奴は裏切りを繰り返す常習犯である
    裏切った上に「俺には俺なりの事情がある、
    それを理解しないお前が悪い」などと
    逆ギレする奴、
    一生裏切りを繰り返すような奴
    そしてそういう奴を許してしまう人は
    そういう人生を歩めばいい
    許すか許さないかは自由意志
    私はもちろん決して許さないが

  16.   より:

    浮気する人は誰と付き合っても浮気します、浮気されやすい人は本人に原因があるのではなく似たような人と付き合ってしまうだけです、自分にも原因があるのではとか考えるタイプの人は何故か浮気するタイプの人と付き合ってることが多いようです。
    蛇は蛇だから、でも責任は別ですね

  17. Leave everything neat&clean behind me より:

    あの時ためらってしまったから
    感謝を伝える好機を逸してしまったから
    だからきちんと感謝を伝えなきゃ
    立つ鳥は後を濁しちゃいけない

    怒られるのは慣れてるけど
    聡明で温厚な貴をまた怒らせた・・・
    学習しないひとだ・・・って

    うまく伝わりますように
    鳥籠の中での最後の奢り

    籠の鍵をはずしてくれた優しい貴に
    どうもありがとう、たくさんの愛を
    どこかの森まで飛んだら
    きっと羽も強くなる

  18. 永久ニ 大切ナ ヒトヘ・・・ より:

    嗚呼M アナタハ ドレホドマデニ 素敵ナ ヒトダロウ
    コンナニ ココロガ 震テイルノヲ
    今ノ アナタニハ ワカリマスマイ
    千年ノ ノチモ アナタノ 詠ムウタナラバ
    ワタシハ ミツケテ ミセマショウ M
    嗚呼M アナタノヨウナ 素敵ナヒトノ存在ガ奇跡デス  

  19. 痛い目見ないと理解できないの? より:

    日本人は信じることが最上級にいいことだと思っている節があると思う。
    特に男。そして一部の勘の鈍い馬鹿な女。でも、人の誠意を利用しようとしている人間もいる。
    そういう場面を目撃して鳥肌が立ったことがある。警戒することも区別も悪いことじゃない。無条件に信じるとか止めてほしい。