キスをしていい口、いけない口。 ケンドンの調査

あなたは、キスをしたいのに、できなかったことはありませんでしょうか。
逆にキスをしてほしかったのに、してもらえなかったことは、ありませんでしょうか。

その「答え」が、今夜、分かります。
 

こんばんは。ゆうきゆうです。

というわけで今夜はセクシー心理学から、「キスしたくなる口・したくない口」についてお届けいたします。

◆ ケンドンと盗撮。

さて。

あなたはキスをするのが、上手でしょうか。
それとも、苦手でしょうか。

実はその答えとなる実験があったのです。

心理学者であるケンドン(1975)は、こんな調査を行いました。

彼は、公園のベンチに座っているカップルを密かに観察し、そして撮影しました。
うん。この時点で盗撮なわけですけども。
1975年、すごく大らかだったみたいで良かったです。

さて、重要なのはここから。

彼は、そのカップルが、「キスをするかどうか」を調べました。

すさまじい根性だと思います。
もうなんか、盗撮とかどうとか、そんなのを一周してステキです。

男の中の男だと思います。逆に。

さて、その結果。

カップルの女性が「歯を見せて笑っている」場合。

そのカップルが、どんなに密接して座っていても、キスまで至ることが、ほとんどありませんでした。

逆に、女性が「口を閉じて微笑んでいた」場合は、キスまで行くことが多くなったのです。

◆ 口は、色気。

以前に話したことがありますが、「口は心の象徴」。

マリリンモンローが、いつもほんのり口を開けていたように、女性にとって「口を開ける」というのは、「スキ」になり、同時に色気につながるものです。

しかしそれは、「ほんのり口を開いた」場合だけ。

歯を見せて「アッハッハ」レベルに笑っているのは、やりすぎです。
決して色気ではありません。

それこそ豪快すぎて、男性にとって、キスをしたいという気持ちが吹き飛んでしまう危険性があるのです。

逆に、口をあまり開かず、ほんのりと微笑むというのは、非常に控えめで、男性に色気を感じさせます。少なくとも僕は感じます。どんなときも感じる人間ですが、特に感じます。

すなわち。

あなたが女性で、「好きな相手とデートしたのに、どうしても相手がもう一歩手を出してこなかった」のなら、「あなたが大きく笑いすぎていた」という可能性があります。

もちろん「しゃべりすぎていた」というのも一緒。

口を大きく開け続ける、という意味では通じます。

あまりしゃべらず、聞き役に回り、ただほんのりと、微笑む。

それこそが男にとって最高の色気であり、キスをしたくなる口になりえるのです。

◆ その口は、逆効果。

逆に、「その気がない上司や友達から、迫られて困る」という女性もいます。

でもこれ、今回の考えで行くと、すごく納得できるのです。

女性は、相手に気がない場合、つまらなさそうにしたり、全体的に拒絶的な態度に出るものです。

しかし立場上、あまり露骨にそれを出せない場合、「ほんのりとした愛想笑い」くらいになります。

しかしこれ、先ほどの「ほんのりとした微笑み」に、非常に近い口になります。

男にとっては、「かえってキスしたくなる」という危険がおこりえますので、注意しましょう。

興味のない相手の前では、かえって、

「あっはっは! 部長! それウケる!」
「わはははっ! 面白いですね! それ!」

みたいに豪快に笑った方が、ずっと相手を牽制できるのです。

 

◆ 逆に男性なら。

ですので、逆にあなたが男性で、相手とキスをしたいと思ったら、とにかく相手の口を「ほんのりモード」に変えさせることです。

すなわち「楽しい話題」から、少しずつ「恋愛話」など、しっとりとした会話に変更していく必要があるのです。

うん。
それが簡単にできたら苦労しないわけですけども。
個々人、できる範囲でファイトです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ ほんのりとした笑いは、キスを導く。

○ 笑いすぎたり、しゃべりすぎたりすると、雰囲気が壊れる。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

あなたが男性で、好きな相手とデートしたのに、どうしてもキスできなかった場合。

「あぁ、そういえば彼女が笑いすぎてたのが原因かもなぁ」

と思うと、少しだけキズが浅いかもしれません。

後ろ向きな自分をいつも前向きに正当化しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)


コメント

  1. ここ より:

    ん~~確かに!!
    一理あるかも…。
    私が今好きな人は年下で奥手なヒトだけど、私が黙って背を向けてる時にしか
    迫ってきてくれないなぁ…

    …うん、私しゃべりすぎだったのね。

  2. ハセ より:

    つまらない話をしてしまってるときの
    「ほんのりとした愛想笑い」と

    いい雰囲気の「ほんのりとした微笑み」
    の区別がつかなかった場合は

    いかがいたしましょう?

    「修行が足りん!」
    で一刀両断されちゃいますかねぇ…やはり

  3. 恋クマ太 より:

    まぁ

    別にキスできるか出来ないかってのを
    口の大きさだけで全て判断できるわけじゃなくて
    そのときの関係や状況とかその他もろもろの方がよほど大きいよ

    ということを差し引いて考えて聞かないとダメですね

    むしろ大口開けて笑ってくれる人の方が好感を持てていいで、オレは
    ほんのりとした微笑とか
    逆に何を考えているのかわからなくて不安しか残りません

  4. KAKERU より:

    ほんのりを本ノリと読み間違えました。
    どんなノリだろうって……
    それじゃあダメじゃん。
    で、キスと聞いてまず魚を思い出すんですけども……それはそれで怖いな。

  5. 匿名 より:

    >ですので、逆にあなたが男性で、相手とキスをしたいと思ったら、とにかく相手の口を「ほんのりモード」に変えさせることです。

    そうなんでしょうか?

    >しかし立場上、あまり露骨にそれを出せない場合、「ほんのりとした愛想笑い」くらいになります。

    を考えると3さんの意見が妥当ですね。

  6. まこ より:

    えー、これは女性だけに限らないんじゃないでしょうか。私も自分が一生懸命しゃべっている話を相手の男性が優しく微笑んで聞いてくれていると、どきっとして、好感をもちます。

  7. 匿名 より:

    久本さんはどうすればいいのでしょうか?

  8. tyt より:

    2番の人に対してなんだけど、
    人って自然に笑う時は口→目って順番に笑うけど、不自然に笑う時(愛想笑いとか)とかは、目→口という順番に笑うからそこを見といたら結構役に立つのでは?

  9. バラバラ より:

    その人を、興味のある「人」から「異性」と意識した時から・・・
    「あはは・・・ちがうじゃん!」って笑えなくなりました。
    気に入ってもらいたくて微笑んじゃうんですよね~
    ノリもツッコミも以前と比べ、悪くなっちゃった!
    これこそ「恋する乙女」状態だ~

  10. タソ より:

    ぅちは八重歯がぁって,ほんのり口を開けとるょりも笑った方がぃぃってょく言われるんですけど…。
    それでもほんのりした口にしとる方がぃぃんかなぁ。。。

  11. サファイア より:

    >7さん・・・(☆ノノ)

  12. 確かにそうですね。
    すごい納得しました。

    それにしてもケンドンさんの研究熱心さには感心するやら呆れるやら・・・。

    もっとこういう研究をたくさんやってほしいな。

    学校の授業に「恋愛」をつくってほしいです。

    教えられる人がいるかどうか微妙ですが^^;。

  13. 匿名 より:

    >「アッハッハ」レベルに笑っているのは、やりすぎです。
    決して色気ではありません。

    デートにおいて林家パー子さんなみに笑っては・・・。
    なるほど。
    でも笑わせてくれる人は大好きだー!

  14.   より:

    ケンドンさん……学者ですね。ただ単に個人的な興味からではそこまでやらないでしょうし。
    逆にいえば、研究という大義名分をあつらえられたからこそということも……いやいや。

    何にせよ、あんまり口を大きく開けて笑う女性というのは、品が良いようには感じませんね。口に手を当ててホホホと笑えとまでは言いませんけど。

  15. じょろろ より:

     厨房が通りまぁす
    ≫3
     それ言っちゃこの話お終いでしょw
     てか、ほんのりと微笑む女性に
     男性は魅力を感じるって話でしょ。
     
    例を挙げれば長門とか
    クーデレの事でしょ。

    『「楽しい話題」から、少しずつ「恋愛話」など、しっとりとした会話に変更していく』



    無理ぽ
    恋人いない以前に異性に声すらかけられないor2

  16. 匿名 より:

    自分がよく笑うほうの女性です。
    モテないですよ。
    納得ですね。

    でも、自分の個性を矯正してまで男性にモテようとするよりは、一生気ままに独身で居たいとananとか読みながら思います。

  17. 亀子 より:

    私、ずっと歯並びが悪いのがコンプレックスだったんですよ。
    それで大人になってから思い切って歯の矯正したんです。
    苦労の甲斐があって、それまでは笑う時も常に口元が気になり思い切り笑えなかったのが
    最近は笑顔に自信が付き自然に笑えるようになりました!
    ・・・しかし、昔の方がモテたのはなんで?
    という謎がとけました。
    まあ普通に歳とっちゃったからかもしれないけど。

  18. 匿名 より:

    なるほど!!
    だから、しつこいセクハラ上司がいたんですね(–;)

    今度からは、アハハと豪快に笑って蹴散らしてやります!

  19. にぃにぃ より:

    これまで色気も何もない関係だったので、いつも気にせずガハハ笑いをしていましたが、ある日突然迫られました。
    「あははは、冗談止めてよ」と笑い飛ばしても、構わずキスされちゃいましたが、こういう場合はどうやって避ければいいのでしょう。
    いい友達なので、怒ることも無下に断ることも出来なかったんですよねー。

  20. なるほどぉ より:

    沢口靖子さん、かなりかわいいのに浮いた噂等あまり聞かないし、まだ結婚してないのもこれのせいなのかな。
    彼女、TVで見る限りはモロ好みなんですけどねぇ

  21. 匿名 より:

    この話と関係ないですけど、
    沢口さんはパトロンがいるから・・・。