自信がある人間は、●●しない? ディーポーラの調査

カナダの心理学者であるディーポーラら(2002)らは、心理調査によって、たくさんの人間を「自信がある人間」と「自信がない人間」に分類しました。
そしてその上で、それぞれにどんな差があるかを調査したのです。

その結果。 「自信がある人間」は、「●●しない」ということが分かったのです。

 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

あなたの2008年の目標は何でしょうか。

1「世界征服したい」
2「幸せバスト」
3「自分に自信がほしい」

とりあえず1番2番は自身の力で何とかしていただく必要がありますが、3番の場合に関しては、今回の内容が役に立つと思います。

そんなわけで今夜は「自信を持つ、とてもシンプルな方法」をお教えします。

◆ 反省、するな。

実は、カナダの心理学者であるディーポーラら(2002)らは、心理調査によって、たくさんの人間を「自信がある人間」と「自信がない人間」に分類しました。

そしてその上で、それぞれにどんな差があるかを調査したのです。

その結果。

「自信がある人間」は、「反省しない」ということが分かったのです。

そう。
あえて言い切りましょう。

あなたが自信を持ちたいのなら、「反省してはいけない」ということなのです。

◆ 例外もありますけども。

いえ、言うまでもなく、犯罪者などは別です。
さらに自信持って犯罪続けられても困りますし。

今回の話は、全人類が決して反省するな、と言っているわけではありません。

ただ、あなたに自信がないなら、「反省しすぎてるからかも」と考えて、あえて「反省しないでもいい」と思ってみた方がいい、というアドバイスです。

もちろん、反省を通して、新しく行動をしたりするのなら構いません。

しかしたいてい、自信がない人というのは、「反省をする」と言いつつも、結局は自分を責め、後悔するだけで終わります。

結果的に気持ちが落ち込み、「もうあんなことをしないでおこう」⇒「何もしないでおこう」というように、行動力が全般的になくなってしまうことが多いものです。

それは謙虚ではなく、卑屈。
反省の名を借りた自虐です。

未来にたいしてマイナスこそあれ、プラスはまったくありません。

特に卑屈になっている人は、「俺が反省しているんだから、お前もしろ!」と周囲に無意味に行動をあらためることを強制するので、周り全体にもいい影響を与えません。

◆ 本能は学んでますから。

また人間、本当に「やっちゃダメ」な行動をしたら、もう「意識的に反省をする」なんてレベルではなく、体そのもので学ぶものです。

たとえば僕、子供のころにアイロンの底面を触ったことがあるんです。
小学生のとき。

理由は、「本当に熱いかどうか確かめたかったから」。

バカ以外の何者でもありません。
よく人として生きていられているなぁ、と自分でも不思議です。

しかしこんな自分でも、それ以来二度とアイロンの底面を触ることはありませんでした。

一応は学習しています。

こんなたとえで恐縮ですが、人間には本能があるので、自分にとって本当に大切なことは、無意識に学ぶのです。

意図的に「これについて反省しよう」なんて考え、わざわざさらに時間を取る必要は、ほとんどないのです。

◆ 反省よりも行動です。

また、想像してみてください。
誰かがミスをして、あなたに損害を与えてきた場合。

こんな場合、「反省した」と言われるよりも、
「そんな精神論はいいから、とにかく損害を賠償して!」
「もっとプラスαの何かをくれ!」
と思いませんでしょうか。

反省よりも何より、大切なのは「行動」です。

「時間をかけて反省をする」というのは、結局は行動をしない言い訳にすぎません。

僕は、人間というのは、すべて「高くてガッチガチの石山の上に乗っている子供」だと思っています。

石山は、あなたの過去の行動の積み重ね。
地位・職業・収入なども含めて、今までのあなたの象徴です。

そしてそれは、決して変えることはできません。
すべて「しょうがない」のです。

今日のあなたは、その上に突然置かれた子供。

子供に「この石山について反省しないと…」と言い出してほしくありません。
大切なのは、「今日、そこで何をするか」だけなのです。

ちなみに自分も、バストバスト書いてる自分を反省しません。
もう気づいたら書いてましたから。

この状態で強制的に引き継がれた子供だと開き直ってます。

ある意味、ガッチガチのバストの石山。
あぁでも硬いバストはちょっと、と思う自分はもうダメかもしれません。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 反省するな。

もちろん全人類に当てはまる話かは分かりません。

「でも、○○な人が反省しないと…」という意見は当然あるかと思います。

ただ、他人のことではなく、あなた自身が自信を持ちたいのなら、心にとどめておくことが大切です。

一つのヒントとしてご理解いただければ幸いです。

◆ さいごに。

メンデルという人物がいます。
彼は神父であるにも関わらず、遺伝子の存在を発見し、学会に発表しました。

しかし彼の発見があまりに革新的すぎたため、当時の学会には理解することはできませんでした。

彼の研究が正しいと認められたのは、死んでから数十年たったあとです。

そのメンデルは、こんな言葉を残しました。

「全ての人間がなんらかの間違いをしでかしてるのに、私だけが例外のはずはない。
だが、たとえ間違ってるとしても、正しいと思えた時に、正しいと言ったり行動したりしないとしたら、人間には何も無いんだ。」

すべての人が、間違いを持っているんです。

反省なんて言葉で、今という時間をムダにしないでください。

 

大切なのは、行動することなんですよ。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    >2

    反省しながら文章を読み直して。

    「全ての人間がなんらかの間違いをしでかしてるのに、私だけが例外のはずはない。」

    これは、
    「自分が絶対に正しいとは言い切れないが、」と言う意味で

    あーー まあいいや

  2. ゆうこりん より:

    反省の毎日・・・技術的なことの反省は必要でも、情緒的な反省は時間の無駄!というか単なるできなかった事に対しての正当化なんでしょうねえ・・・とはいえ、今週末ある試験を受けます。勇気をもらった気がします、突っ走るぞ~

  3. 匿名 より:

    失敗→もっと努力しなければ→失敗→もっと努力しなければ→(以下n回繰り返し:n=お好きなだけ)

    自信を持てない人って、自分を追い込むのが得意な人間でもありますよね。
    ・・・私だけかもしれないですが。
    謙虚と卑屈は別ですか。ためになりました。

  4. 自信を持つ方法について真剣に考えるブログ « やる気が起きない…あなたへのアドバイス より:

    […] 〓 心理学ステーション 〓 世界一セクシーに心理学を学べるサイ…そもそもこの記事は「自信を持つ方法」であって、自信をもっている人=成功しているなんて書いてないですよね。 過去のことをネチネチと「反省」するだけで 前に進まない人は確かにいます。自信がないから相手にすぐ食ってかかる人もいます。 まあ、反省を行動力に変えろと…はてなブックマークより […]

  5. 自信を持つ方法ってどう思いますか?【やる気が起きない…あなたへのアドバイス】 より:

    […] 〓 心理学ステーション 〓 世界一セクシーに心理学を学べるサイ…そもそもこの記事は「自信を持つ方法」であって、自信をもっている人=成功しているなんて書いてないですよね。 過去のことをネチネチと「反省」するだけで 前に進まない人は確かにいます。自信がないから相手にすぐ食ってかかる人もいます。 まあ、反省を行動力に変えろと…はてなブックマークより […]

  6. […] 〓 心理学ステーション 〓 世界一セクシーに心理学を学べるサイ…そもそもこの記事は「自信を持つ方法」であって、自信をもっている人=成功しているなんて書いてないですよね。 過去のことをネチネチと「反省」するだけで 前に進まない人は確かにいます。自信がないから相手にすぐ食ってかかる人もいます。 まあ、反省を行動力に変えろと…はてなブックマークより […]

  7. […] 〓 心理学ステーション 〓 世界一セクシーに心理学を学べるサイ…そもそもこの記事は「自信を持つ方法」であって、自信をもっている人=成功しているなんて書いてないですよね。 過去のことをネチネチと「反省」するだけで 前に進まない人は確かにいます。自信がないから相手にすぐ食ってかかる人もいます。 まあ、反省を行動力に変えろと…はてなブックマークより […]