渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「進めない一歩を、一瞬で踏み出す方法」

最近、マクドナルドで原稿を書いていると、隣の男子大学生らしき二人が、こんな会話をしていました。

A「俺は絶対に新規ビジネスを立ち上げる」

B「すげぇ」

A「でもそのためには失敗したくないから、知り合いの知り合いのIT社長に話聞いてくるんだ」

B「すげぇーなぁ」

A「俺、何でも万全に考えてからやりたいタイプだからさ」

B「すげぇ!」

⇒ 自分のツッコミと、一歩を踏み出す方法はこちら。

(リンク修正しました! 教えていただき本当にありがとうございます!)


コメント

  1. M&M より:

    今まさに、とりあえず始めてみているところです。起業と言うより趣味に毛が生えたような物ですが「まずやってみる」の大切さを実感しています(リンクが前の記事につながっていたのでタイトルを検索して探して読みました)

  2. はるな より:

    やらないことには何事もはじまらないですよね!
    一応、正しいリンク貼っておきます。

    http://yusb.net/col/1192.html

  3. 匿名 より:

    まず最初にヤるんですね

  4. 匿名 より:

    一方、孫子は『勝算がなければ戦わない』と教えていた

    さて、どう解釈したらいいものか

  5. 匿名 より:

    ゆう先生、ありがとう。

  6. 匿名 より:

    >>4さん
    孫子の戦争観は、そもそも
    「戦争なんて、やらずに済むならそれに越したことはない」
    「わざわざ多大な犠牲を出して戦争する前に、平時の外交で早め早めに手を打っておくのが上策」
    というスタンスですからねぇ…。
    “やるのが望ましい物事”に踏み切るタイミングとは、一緒に論じれないと思います。

    そうやって回避策をとっていても及ばず、どうしても武力衝突で切り抜けなきゃならなくなった時は
    せめて開戦までに水面下で準備万端に整えておき、
    「これなら行ける!」という見込みが立った瞬間、一気に攻めて、短期決戦で最小限の被害に抑えようという。