マンガで分かる精神科とカウンセリング 第一回「病院の場所」


ついに新企画!
マンガで精神科とカウンセリングについて知る企画です。

マンガで分かる精神科とカウンセリング 第一回「病院の場所」

精神科1?1

精神科1?2

【精神科マメ解説】

入院施設のある精神病院が、街中の一等地や、主要駅から徒歩数分の距離にあることはまれです。

多くの精神病院は、都心から遠くに離れた駅から、さらにバスやタクシーなどで移動する距離にあります。

この理由はいくつかあります。

まず一つは、周囲の住民の感情。
やはり、密集した住宅街や、幼稚園・小学校やオフィス街の目の前に精神病院があると、
少しだけ不安になってしまう人も多いものです。

また、一等地にあることの必要のなさ。

精神病院に来院する場合、やはりそれなりの必然性があることが多いので、
「便利な立地にないのね。じゃあ、面倒だからやめましょう」
ということはあまりありません。
一等地に建っている必然性はないわけです。

また一等地でないほど地価も安いため、広い病院も建てられ、「静養」という意味では有利になります。

また「刺激の少なさ」というもの大きな理由の一つ。

精神科は、患者さんにゆっくりと休んでもらう施設でもあります。
そのため都会や繁華街などが近くにあると、患者さんにとって刺激が強くなります。

周りは自然に囲まれている方が、気持ちも安らぎやすい。

これが何より一番の理由かもしれません。

とはいえ、メンタルクリニックは別。
銀座や六本木など、駅近くに存在するクリニックもたくさんあります。
この場合は、やはり「気軽に来院できる」ということがメリットです。

◆ 第一回…原案・企画  ゆうきゆう 湯島仁 Dr.さと

◆ 作画 ソウさん⇒ http://sosoh.fc2web.com/

キャラクタ紹介
研修一顔

「研修一」

国立ももんが医大の研修医。現在は派遣される形で、この精神病院に研修に来る。
父親の名前は「研究一(けん・きゅういち)」。
研究医。基礎研究に命をかけ、家にはまったく帰ってこない。
母親の名前は「研直子(けん・なおこ)」。
結婚することで某芸能人と名前が一緒になるのがイヤで、究一のプロポーズを
5年にわたって退けた。そのため出産が遅く、修一は一人っ子。

というわけで始まりました。新企画。
この物語はフィクションです。
実在の建造物・人物・団体などには一切の関係はありません。
コンセプトは「マンガで読むやさしい精神科談義」です。

とりあえず不定期更新です。
諸般の事情により、ハンター○ンター並みの掲載になる可能性もあります。
まったりな感じでご覧下さい。

普通に生活をしていたらなかなか接しない「精神科」を、ソフトな面からとらえてみようと思ってます。
どうかやさしく生温かな目で見ていただければ幸いです。

参照文献
精神医学ハンドブック(山下 格):2007年
「東京都における精神病院の立地変遷に関する研究」: 1997年他


コメント

  1. とりあーえず より:

    研直子(笑)
    研修一や研究太とかすごいネーミングセンスですね

  2. 研しむら より:

    修一のキャラ紹介のところの5行目に
    「究太のプロポーズを」と書いてありますが
    父の名は「究一」・「究太のどちらなのでしょう?
    浮気相手の名前とかじゃないですよね!

  3. ゆうきゆう より:

    すみません。
    統一いたしました。
    やはり親子そろってる方がゴロがいいかな、という突然の判断です。ありがとうございます。

  4. だ。 より:

    おもしろそなの始まりましたね!

  5.   みどり より:

    このサイトに「カウンセリング」と「カウンセリング講座」がありますが利用者さんはどのぐらいのものなんでしょうね。
    相談掲示板のほうでかなり用事が済んでしまっているような(汗)。
    中にはゆうきゆう先生のカウンセリング講座を受けたのかと思ってしまうようなプロはだしの粘り強さと精神学に基づいたデータの元に回答される相談員さんもいらっしゃって感心させられてしまっています。

    時折、本当に(プロの)カウンセリングを受けたほうがいいのではないかと思われる相談内容もありますが、そういったものについてはなんらかの誘導があるといいかもしれないです。

  6. Aカップ(♂) より:

    なかなか面白そうな企画ですね
    のんびりと楽しみにして続きを待ちますね

  7. 由美 より:

    こんばんは。私、明日資格取得の試験なんです。さっきまで勉強していたのですがうまく解けない問題にあたり一気に気分が悪くなってきちゃいました。明日だけはなんとか乗りきりたいと初めて薬を飲みました。一方的な書き込みで本当に本当にすみません。おやすみなさい。

  8. Halle より:

    逆転裁判思い出したのは私だけですか!!
    ぃぇ・・・とても面白そうで楽しみです☆
    ゆう先生のどんな突っ込みが入っていくのか、
    ワクワクして待ってますv(・∀・*)

  9. かとゆ より:

    >研究医。基礎研究に命をかけ、家にはまったく帰ってこない。究一のプロポーズを5年にわたって退けた。そのため出産が遅く、修一は一人っ子。

    さすが仕事人。帰ってこない・・・そんなもんです。
    ものすーんごく細かな設定に脱帽でつ!

  10. ぴろ より:

    「スーパーリアル精神科医」みたいな感じでしょうか・・・楽しみにしています

  11. え? より:

    これ・・・・逆転裁判4?
    ・・・と、思ったら、
    すでに同意見の人が(笑

  12. BOACK より:

    私も逆転裁判を連想しました。
    何故でしょう?髪型がちょっと似てるから?

  13. みゆ より:

    確かに髪型似てますo(^∀^)oおまけに性格もな〇ほどうクンそっくりなんじゃないかなとか思います。w

    とりま新連載楽しみです♪

  14. 匿名 より:

    >入院施設のある精神病院が、街中の一等地や、主要駅から徒歩数分の距離にあることはまれです。

    修一のイメージ図のがありえなかったですねw
    都心にずっと住んでたけど精神病院なんてあんまり目にしなかったから普通にこんな思い込みなかったです。どこかにあると思うけど、田舎にあるイメージですね。空気がよくて静かだからみたいな理由で。

  15.   より:

    なんという無茶な家族設定(笑

  16. ハセ より:

     ベテランになっても
    「研 修一」

    患者さんにからかわれるネタになりそうですね。
    ちょっとおみおつけの歌を思い出しました。
    あ、あれは
    「信州一」でしたっけ?

    やばい、歳がバレる!!(^^;

  17. より:

    なんか、一生研修医で終わりそうな名前ですね、研修一

    今から研修に行くのに事前の下調べ無しですか(笑)
    精神科の研修って何週間でしたっけ?8週間くらい?

  18. !!! より:

    こんにちは! 精神科で相談業務をしているものです。
    …といっても、受診・入院についてや、経済的な相談が中心ですが。
    新しい連載、楽しみにしています☆

  19. KAKERU より:

    今後の展開に期待しつつ……

    ゆう先生の住んでいる場所の周辺はどうなっているのだろうか? と不思議に思ってしまいました。
    もしかして、田舎ど真ん中?

  20. koto より:

    おもしろそうなの始まりましたね!
    精神科って興味あるけど、なかなか情報がないので、どんな感じになっていくのか楽しみです♪

  21. あゆみ より:

    床にトイレひとつと、壁に詰め物をしてある独房とか、よく海外の小説とかにでてきますよね??(ブルブル)

  22. 匿名 より:

    精神科って確かに”ゆっくり休む”
    って施設ですよね。忙しい会社にいたの
    ですが。なかなか休暇はおろか、土日
    すら休ませてもらえない職場でうつ病に
    なったと言うと。ようやく、入院する
    ためのお休みをくれる所でした。
    ある意味で避難所かも知れないですねぇ

  23. 匿名 より:

    >諸般の事情により、ハンター○ンター並みの掲載になる可能性もあります。

    そ、それだけはwwwwwwwww

    ソウさん、コピックで色を塗るの上手いですね。
    私はコピックで色を塗るのが苦手、トーンを貼るのも苦手で困ります(汗)。