悩み相談「終わり」がとても怖いんです…」

【ご相談】実は私、「終わり」がとても怖いんです。

「終わり」が怖くなくなる方法はありませんか?

【回答】何て言うか、ものすごくロマンチックで文学的な悩みだと思います。⇒続きはこちら


コメント

  1. 匿名 より:

    バストに終わりが来る時は、ゆう先生に終わりが来るときだと思います。
    終わらせないでください、バスト。

    それにしても、題名だけ読んだときは、なんてアブストラクトな悩みだろうと思いました。

  2. 匿名 より:

    休日の終わりはわかりましたが、平日の終わりはどうなのでしょうか。

    月曜日になるたびに、「この一週間が終われば休日だ!」と考えられればうまくいきそうです。

    ですから、もっとポジティブに物事を考えみてはいかがでしょうか。
    休日が終われば、次の週に新たな休日の始まりが待っていますよ。

  3. 「終わり」嫌いです より:

    共感しました。
    私も同じく物事の「終わり」が嫌いでなりません。なので日常生活苦痛に感じています。
    なのでできるだけ終わりのあととか、頑張ったあとには報酬つけたいですが、その報酬のお金がない場合はどうしたらいいんでしょうか?お金の面で神経すりへって、救急車乗るとかって半端なく辛いんですが・・・。

  4. ももももも より:

    なるほど!私も終わりの事を考えて休暇や遊びを楽しめないタイプだったのでとても興味ぶかいです。
    ただやっぱり、自分へのごほうびへの支出が怖くて、「お金使ったんだから手に入れて当然のもの、ああ、お金減っちゃった・・」という気持ちになってしまいます。

    お金のかからない楽しいことは、(安いおやつを買うとか、散歩とか、バストにじっくり考えるとか)大体日常でやりつくしてしまってるので「お金のかからないごほうび」を考えるのが大変で。

    お金お金考えるのはちょっと鬱の症状でもあるのでしょうか?

  5. sapphire より:

    電話を切ろうと思いながら、切れちゃうのが嫌でなんか話題が出てきてしまう(笑)

  6. 匿名 より:

    サザエさん症候群みたいなかんじでしょうか。ひどくなると月曜病なのかな。
    私も自分のお金を使った報酬なんて報酬だと思えません。ホントにケチでやんなっちゃいます。

  7. KAKERU より:

    終わりか……

    でも、その方法でも人生の終わりってつなげられないんですよね。
    次の世代って言っても「自分はそれを見れないからな」って思ってしまうと……

    始まるから終わりがあるんだって叫んでみて、なんか世界征服とかたくらむ人はいないかな?

  8. 匿名 より:

    七年か……、ゆう先生、凄いっ!
    これからも頑張って、みんなの悩みを
    解決してあげて下さいっ☆

  9. ななお より:

    本当に怖いのは日常そのものが終わってしまうことだと…
    仕事や勉強に意味を見出せたら、今ある日常も結構楽しめるんじゃないかと思います。
    お金で買ったものより、頑張った「成果」がご褒美ですね。
    なかなか頑張れないですが。(笑)

  10. より:

    楽しいことで気分を紛らわそうとしても一時的なだけで、すぐに落ち込んで自己嫌悪に陥ってしまったりする、というのが自分は日常的です
    なのでこの人も、その反動が強くなる可能性もあるから・・無理に楽しむのはどうなんだろうか。。
    とりあえず先生のアドバイスで楽になればいいな

  11. 匿名 より:

    >日常的な生活の行動に「報酬をつける」などはいかがでしょうか。

    これ・・いいと思います☆
    さんまさんが言ってたように、生きてるだけで丸儲け。
    ホントに10分生きてたら十円儲かる・・30分ただ生きてたら三十円報酬がある・・方式の社会なら。。

    いろいろ楽になるのにね・・と思います。