悩み相談「「うつ病」として、医者に信じてもらうことはできますか?」

【ご相談】 うつ病として、医者に信じてもらうことはできますか?
専門のお医者様なら仮病はすぐに見破れるものなのでしょうか?

【回答】 答えは「不可能ではない」です。 続きはこちら。


コメント

  1. 匿名 より:

    嘘のうつ病を背負ってまで休学したい事情・・・。

    私だったら、他の二つの理由、経済的事情か、留学の
    どっちかで何とかしちゃいそうです。

  2. 匿名 より:

    私も経験あります。

    「学費を自分で賄う必要があり、
    休学してお金を貯めるため」
    と書いたら通りました。

    あんなの形式的なものじゃないんですか?

  3. Bass より:

    どんな事情があるのか知らないけど、ちょっと腹立たしいですね。
    身近にうつで本当に苦しんでいる人がいるのですが、心の病気はただでさえ「怠けている」と思われたり、理解されにくいです。
    それなのにこんなふうに考える人がいると、偏見をもつ人が増えそうで…。
    2番さんのように申告すればいいことじゃないですかねぇ?まぁここで言ってもしかたないですが。

  4. 匿名 より:

    >「本当にうつ病で苦しんでいる方や、真剣に治療しようとしているお医者様には申し訳ない」という考え方も、同じく抑うつ的になりやすい人に多い思考

    ですねぇ。
    この人が変な正義感をもった人にバッシングされなければいいと思います。

  5. バラバラ より:

    自分が正常と思い込んでいてもやっぱどっかおかしい人がいますよ。

    昨日の知人のメールがそうでした。
    おかしい・・・・でも彼は私が間違いであると強く信じている。

    客観的に見ても彼の勘違いと思われるのだが、私が悪者!

    なんで!

    いらいらがつのる・・・・涙が出る。
     
    ぱわはらで、一夜にしてうつ状態です。
    何も考えられない・・・・

  6. ちこくおう より:

    個人的にはそう深く考えなくてもいいような問題だとは思いますが、相談者の方がすごく真面目なんでしょう。

    おそらく休学する理由も「誰かに言ったらまずいんじゃないか」とか、「そんなの理由にならないよ」とかって思い込んでるのでは?

    そう考えずに言うだけ言ってみるのもいいんじゃないかと思いますよ。

    本当に悩んでいるなら無碍に「そんな理由はダメだ」って言う人はそうそういないでしょうし。

  7. 匿名 より:

    大学院の事情は知りませんが。。。

    大学なんて所詮経営。
    金さえ払ってれば授業に出なくても休学扱いでした笑(経験

    ・・・なんてアバウトに考えられないところや。。。
    それにうつ病について真面目に学問されてる様子からして・・・ミイラ取りがミイラになる可能性が。。。

    これも経験です;;
    精神医学に興味を持ちすぎて・・神経病みました。。
    だけどそんな「教養」がいざ病気になった時に役立つものですので・・人生ってなんていうか。。。

    ゆう先生のおっしゃるとおりですね。

    一度クリニックに正直な事情をお話ししたほうが話が早いと思います。

    休学したいけど、事情が見つからない。。
    悩んでうつ病ということにしたくて、うつ病について勉強しました・・仮病かと言われたらどうしようかと。。。

    ・・・なんて。
    クリニック開業のゆう先生に、しっかり相談なさってますね笑

    って笑っちゃいけないけど・・ゆう先生に診断書書いてもらってください☆

  8. ダーツ より:

    「うつの症状」という嘘以外に立派な嘘はありませんから、うつを偽装してみてはどうでしょうか。

    例えば、一日三回、青汁を飲んだりだとか、吾輩は猫であるの最初を読んだあと、最後を読んだりだとか、99%カカオチョコレートを診察前に食べたりだとか、ウニの身は実は人間で言う○○といった、知らなかったほうが良かった鬱知識を知ったりだとかしてみてはどうでしょうか。

    抜け出せなくなったらすみません。

  9. hr より:

    ゆう先生の返事の暖かさに心が打たれました(´;ω;`)

  10. あゆみ より:

    ゆう先生、惚れました♪
    弟子にしてください。
    こんな思いやりのある回答ができるなんて。擬態うつ病(林公一先生の造語です)ならまだしも、『仮病』!!!
    許せん♪鬼に代わって成敗してくれる。

    しかし、まじめな話、この大学院生の方、一度休学したら、二度と大学院に戻らない気がします。このまま修士課程までは終わらせて、就職したほうがいいような・・・・。やることなくすと、宗教にはまったりしそう。

  11. 匿名 より:

    >(ご希望でしたらやりますけども)

    先生、格好いい…!
    けど笑ってしまった。

  12. アッキー より:

    この相談者、鬱病だと思うのですが、本人はそうは思いたくないのでしょう。「鬱病のフリをしている健常者」という自己認識なのだと思います。Bassさんとは少し違うけれど、何となく腹立たしい感じはします。最初タイトル見たときは「はあ?」って思いましたし。ある意味鬱病に偏見を持っているのでは・・と思いました。

  13. アッキー より:

    ちょっと言い過ぎたかな・・。真面目な人らしいし、ここを見て思い詰めてしまったらまずい。相談者の方の事情がわからないので突っ込んだことは言えませんが、病識をちゃんと持った方が楽になると思いますよ。

  14. ねむ より:

    こんなどう見ても叩かれそう(賛否両論ありそう)な相談を掲載するのってどうなんですか?
    文面からだけじゃわかりませんが、結構思いつめていらっしゃる感じがします。
    本当に鬱病で、このコメントで例えば腹立たしいとか書かれているのを見て、ますます変な方向に思いつめたらあまりよくない気がします。

    私は相談者の方と似た感じで(?)大学を休学し、その後復学して卒業しました。
    休学しなければならなくなるようなイレギュラーな出来事って本当はたくさんあると思うんですが・・
    制度ってめんどくさいですね。
    今思えば、なんだかんだいって当事は精神的に疲れて少し病んでた気がします。
    どうぞお大事に。

  15. ねむ より:

    ああっ前半とか、最初の1行とか、言い過ぎました・・ごめんなさい。
    今日の私ちょっといらいらしてるのかも。。反省(汗)

  16. ラララライ♪ より:

    > 6
    > 7
    さんに同意。
    大学の総務課にも相談できないくらいの事情なのでしょうけど、大学は義務では無いので、休学理由に証明書なんか必要なんでしょうか。
    そんな理由なら、退学しろ、って大学なのかしら。

    > ゆう先生に診断書書いてもらってください

    って私も思いますね^^
    ゆうメンタルクリニックは「・・・あらゆる悩みを受け付けております。仕事上や人間関係などのお悩みでもお気軽にご連絡ください・・・」とありますし。
    なので、ある意味、クリニックで相談してみる事で、何か解決の道があるかもしれませんね。
    相談者の嘘をつこうとしてる(?)事はともかく、自分に、仕方なくとも必要なことで、休学したい悩みを抱えてるなら、メンタルクリニックに行ってカウンセリングなり受けて話を聞いてもらうのも、手だと思いますね。

    きっと、この相談者、この感じだと、嘘つけないんじゃないかな~^^;

  17. 0川 より:

    優しげでありながらブラック的スパイスの利いた回答、好きです。あっ、今気づいたんですが、「ゆう先生の”解答”」ってなってまあす。

    普通なら、1番、2番さんのような嘘を考えるところを、あえてお金もかかり演技力も必要な病気を理由にするなんて。演技してる間にほんとに病気になりそうでこわいゎ。
    「いや、本当にXXX病なんですって!」
    「………え?」
    ってなりそう。

    もう一つ気になったのが「半年間」休学。これって大学のカリキュラム的にイレギュラーかなと。履歴書的にも修了月が超目立つし。

  18. JUNKER より:

    「ウソから出たまこと」のように
    本当にうつ病になってしまわなければいいけど…。
    タイトルを見て抵抗を感じたのですが、
    なかなか複雑な悩みなんですね…。

    うつ病だって複雑な病気だから
    それに対する偏見ってあっても不思議じゃないかな?

  19. 匿名 より:

    ゆう先生の返事の生暖かさに心が打たれました(´;ω;`)

  20. KAKERU より:

    そこまでして休学したい理由があるんでしょうけどもね。
    まあ、人それぞれでしょうが……

    まあ、確かにうつ病の人が身近にいる人にとっては、怒るべき問題でしょうけどもね。
    まあ、そこまで思い悩んだ末の結論だったということなんでしょう。
    まあ、とりあえず色々と大変でしょうががんばって欲しいものです。

  21. ゆりこ より:

    うん。
    私も、一度ためしに受診してみられるのがいいと思います。

    精神科医の方に限らず医療従事者は、
    患者さんやそのご家族、周りの方々の
    「困っている」ことを少しでも改善するお手伝いをするのがお仕事です。
    逆に、「困っている」ことがあって、それが医療を受けることによって改善する可能性があるなら、
    医療を受ける立場(患者さん)になることをためらう必要はないのではないでしょうか。

    と、医療機関に勤めているだけで医療従事者とも呼べないような新人事務の勝手な考えですが・・・(汗)

  22. 匿名 より:

    こういうこというと批判受けそうですが・・・
    私も数年前に「嘘の診断書」書いてもらったことあります。
    会社を辞めるためにどう都合よく出来るか、考え抜いた結果です。自己都合の退社であっても、診断書があればすぐに給付金が下りる。
    初診で診断書書いてもらって、それっきり行ってません。
    ただ、ずっと自分が鬱なんじゃないか、もしくは鬱を理由にしているだけで、実は違うという診断をされたらどう生きていいかわからない、という思いが長年あって、行ってみたいと思いつつ、怖くて受診できなかったんです。でもいつも気に病んでばかりいて行動を起こさない自分を変えるいい機会だと思って。
    診断書をもらう際に、退職のために欲しいのだというと「相談をしたいと思うこと、ここに来てくれたことは十分な理由に値します」と気軽に書いてくれました。そのときにもらった薬は今でも開けずにお守り代わりに持っています。いざというときはこれがある、もっとつらくなったら飲めばいい、と自分を支えるものになっています。
    私は行ったことを後悔していません。
    真剣に悩んでいる人を侮辱するとか、そういう言い方をしながら差別したり隔離したりしないで、診療所は気軽にみんなが行く場所であって欲しいと思います。

  23. すちゃらか より:

    私も一度受診するのに賛成です。このコメント欄を相談者さんが見ているかわかりませんが、今も悩んでいるようなら、1回みてほしいです。
    22番さんのお医者さんが言われるように、「相談をしたいと思うこと、ここに来てくれたことは十分な理由に値する」と思います。
    22番さんのお医者さんは本当に素晴らしいお医者さんですね。1度しか受診しなかったということですが、22番さんが過去を振り切って、元気になった姿を見せに行くことが何よりもよいことだと思ったりしました。。。

  24. 我亜羅★ より:

    私も休学のため、主さんのようにうつ病を理由にします。

    主さんは、休学できたのですか?