悩み相談「牛乳嫌いな娘が、牛乳を飲めるようになるには?」

【相談】 小3の娘は牛乳が苦手です。嫌いなものが好きになる方法教えて下さい。

【回答】 個人的にオススメする方法としては、とにかく普段から、牛乳にいいイメージをつけておくこと。
テレビで好きなタレントや、美人・美形などがでてきた場合に… ⇒続きはこちら


コメント

  1. バラバラ より:

    アレルギーかもって思いました。
    無理して食べるってどうなのかな?
    カルシウムなら菜っ葉で取れるし・・・・
    今の牛乳はパックだから家に持って帰れば?そして母が飲む!
    子供の頃大嫌いな牡蠣でしたが、は今は大好きで鍋には必ず入れますよ。
    さらに子供の頃嫌いなのは、男の子でした。・・・今では・・・・

  2. うしちち より:

    わたしは「丑乳」と変換されました。
    これって...。

  3. 匿名 より:

    お子さまだから。
    牛乳は嫌いでも、ココアは好きなんじゃないでしょうか?

    お母さまとお子さまとご一緒に、牛乳たっぷりのココアを作って
    一緒に楽しく飲んだりしたら。。。

    お子さまの牛乳コンプレックスも、楽しい思い出の刷り込みとともに
    少しは解消されるのでは?

    ・・・とはいえ。。
    給食のメニューには、牛乳と味覚的に合わないものも多く出てると思われます。

    このお子さまの感覚は、案外正しいような気がします;

  4. ぷるる より:

    私の小学校時代も、飲めなくて残されていた子がいましたよ。大きくなってから検査したら、アレルギーだったそうです。その先生にお任せでだいじょぶですかね??

    もしただの好き嫌いなら、すっごくのどが渇いたときに、冷たく冷やしたのを飲ませると
    飲む、かもです。うちの子はそれでのめるようになったので・・。

  5. カナタ より:

    私は乳なんて入力したことないのに、牛乳と変換されました。
    父ちゃん・・・・・!

    それから、私は小さい頃から現在に至るまで牛乳嫌いで飲みませんが、健康そのものです。
    牛乳なんか飲まなくても元気に生きられます。

  6. より:

    無理して飲ませるのは良くないですよね。場合によっては逆効果ですよね。
    とりあえずアレルギーかどうかは調べた方が良いですが、
    気持ち悪くなるとか苦しくなるとか、特に異常がなければ無いと思います。

    私が学校の先生なら、ゆうき先生の仰っているやり方をしますね。
    小学3年なら、そんな子供だましの方法でも良くなってくれると信じたいです。
    ただ、親がそれをやるには、先生が無理に飲ませてる状況をどうにかしないとダメですよね。
    真面目な先生はいいですが、あんまり頑固・考え方が古い先生も困りものですよね

    右枝父・・・何でしょうこのPC、右枝が最初に来るって・・・

    ふと思い出しましたが、何かのギャグ漫画で、牛乳を無理に飲まされたことを
    「凄く不味くて、臭くて口に入れただけで吐きそうな、白い液体を無理矢理飲まされた」と表現してますw

  7. まるこ より:

    私も子供の頃、乳製品や卵を受け付けない体質で、よくあげて(汚くてすみません・・)いました?。
    お医者さんに止められていたので、
    給食でも飲んでいませんでした。
    中学生になった頃からムリをすれば飲めるようになったのですが、
    そのあたりから出始めた持病・・。
    子供の頃の体質との関連を知ったのは、ごく最近のことでした。

    ちなみに小学生の頃の友達には、「牛乳飲まなくても大きくなるんだね・・・」
    と恨めしがられています。
    私は背の低めの男の人が好みなので
    自分の背がいやなのですけど、
    背の低めの友達が取れない高いところの物をいつも取る役です。
    男らしい気持ちになれます、ハイ。

  8. げすと より:

    10歳の甥は牛乳は大好きなんですが、水が大嫌いなんです。「味がしない」のがイヤらしいです。

    で、試行錯誤した結果
    甥が水を飲む時に、大人も一緒になって水を飲んであげるとすんなり飲んでくれました。あと、大げさに誉めてあげるのも効果ありました。偉かった!って抱きしめてあげたり。w

    でも、アレルギーの検査は絶対したほうがいいです。私の夫は牛乳アレルギーで、牛乳飲むと湿疹や吐き気、腹痛におそわれたりします。私はアレルギー無しですが、牛乳大嫌いです。ただの好き嫌いです。すみません。(笑)小学生の頃は先生が怖くて無理に一気飲みしてました。 甥はよく牛乳のんで偉いなぁ。w

  9. 匿名 より:

    学校の牛乳は好きか嫌いかよりも、「飲まなければならない」であるから問題になるんですよね。
    柔軟な対応がいいのか、甘やかさないべきか…考えても一向に答えが出ません。

    牛父。ノーマルでした。

  10. しぇりぃ より:

    ちょっと気になったので一言。
    私も牛乳は嫌いです。
    アレルギーじゃではありませんが、
    あの牛乳の匂いと微妙な甘さに、
    吐き気を催したりします。

    そして私も小学生の頃、
    やはり担任の先生によって、
    無理矢理飲まされていました。
    でも、今でも嫌いです。
    つまり、先生のなさっている事は、
    全然意味がないのでは?

    因みに私は背が高いです。
    骨密度も人一倍あります。
    血中カルシウム濃度も充分です。
    骨折した事も、虫歯も一切ありません。

    語弊があるかもですが、
    昔ならいざ知らずこの飽食の時代、
    何も嫌がる人間に無理矢理
    牛乳を飲ませる必要はないのでは?
    牛乳からしか摂れなくて、且つ
    身体に絶対必要だと
    科学的に証明されている物質って
    何かありましたっけ?

    …失礼。つい熱くなってしまいました。
    人間の好き嫌いはケミカルだ、
    同じ牛乳の、同じ匂いや味でも、
    人によっては耐え難く感じる事もある、
    そう主張する方もいらっしゃいます。

    単なる我侭と片付ける事無く、
    お子さんが牛乳を嫌う理由を
    よく聞いてあげて下さい。
    お願いします。

  11. オヤジです より:

    牛乳?この35年飲んでいません。何故って?中学生の時、給食後に全校の余った牛乳を集めて皆で毎日牛乳早飲大会をしておりました。毎日20本は飲んでいました。記録は23本です。でも二位でした。結局一回もチャンピョンになれませんでした。ずっと下痢していたにもかかわらずデス!
    卒業してから口にしたことはありません。飲まないでも生きていけることを子供に教えましょう。50ン年生きてますが歯は丈夫です。骨折もしたことがありまへん。

  12.   より:

    一人一人の事例が重要なわけではないでしょう?
    子供は魚が嫌いな場合が多いですし、牛乳で摂取するカルシウムは身体に取り込まれやすいということを考えれば、多少嫌いなものでも幾許か食べさせるくらいは小学生のうちなら必要なことだと思いますが
    飲まなくて生きていけることと飲まなくて良いことは全く別のことですね

  13. みゆ より:

    わたしも、子供が飲めたら大げさに褒めてあげるなどが効果的なのではないかなと思います。

    それと牛乳を使って甘い飲み物を作ってあげたり、スイーツを作ったり。
    それなら抵抗なく飲めるかもしれません。

    子供も、無理やり飲まされたり、怒られながら飲まされると、ますます牛乳が嫌いになると思います。

    焦らずに徐徐に慣らしていくことが大切かと。

  14. みゆ より:

    そういえば牛乳は実はあまり体に良くないそうです。本当は。

    でもそれは飲みすぎたらの話だと思いますので、そこまで意識しなくても良いとは思いますが。

    絶対に牛乳は飲まなければいけないものではないとは思うのですが、やはり飲んでもらいたいですよね。

    焦らずに、子供も思いやりながら、頑張ってください^^

  15. なんとっ より:

    ∈(゚◎゚)∋ウナー父

    こうなりましたorz

  16. ぐうたら者 より:

    うしちち→牛乳
    でした・・・orz

  17. JUNKER より:

    もともと牛乳は牛の赤ちゃんの飲物ですからねぇ…。

    直に飲むのがイヤなら、調理して飲む(or食べる)手もありますよね。
    牛乳は温めて砂糖を入れて飲むとおいしいし、体も温まります。

  18. ぽち より:

    うちの娘が言うには、パックの牛乳はストローで飲むから飲めるんだそうです。
    コップに入れると、匂いがくるからとたんにダメになるそうです。
    でもココアにするとコップでも大丈夫なんです。

    昔みたいに魚や小魚が今よりも食卓にあがっている頃なら嫌いでもいいでしょうが、今みたいになんでも好きなものばっかり食べられて、肉の方が好きと言うのなら、やぱり小さいパックひとつ分くらいは飲んだ方がいいのかなあと言う気はします。アレルギーがないのなら。

  19. 匿名 より:

    ユウ先生のアドバイス当りだと思いますよ。

    牛乳が3歳くらいの頃、嫌いだったのですが、
    少しでも飲むととても褒めてくれるのが嬉しくて
    飲み干すようになりましたから。
    好きだったアニメのキャラクターも牛乳を飲む子を応援していると教えられましたw

    ついでに、私と友達(両方4歳か5歳)はピーマンも嫌いだったのですが、ある時、母が「二人ともピーマン食べれば強いレンジャー(○○レンジャーが好きだった)になれるかもしれないよ?ピーマンは栄養がいっぱいだから」と言ったので二人で食べました。おまけにピーマン嫌いだったはずなのに「ピーマンおいしい!」と言いながら。同様に彼女は、近所のトマト嫌いの子供たちをトマト好きにしたりもしてるので、ユウ先生の薦めるやり方は成功率が高いと思いますよ。

    逆に、小鳥にあげようと庭に切れ端をなげた白身魚を理由も聞かずに幼稚園の先生に怒られたときから、実に6年間にわたり外で食べる白身魚が大嫌いという現象が起きましたから。いえ、自分は比較的嫌いなものでも残さず食べるように家で教育されていたから食べましたけど。

    心理的なものが多いと思いますね。

  20. 匿名 より:

    牛乳は比較的栄養価が高く、調理にも多く使われていますね。
    牛乳アレルギーなら、牛乳で調理された食品(家庭でよくあるものならクリームシチュー等もですね)も駄目なはずです。牛乳○%入りのアイスは?ソフトクリームは?全部食べられないのでしょうか。「牛乳嫌い」といいつつ、北海道ツアーでは毎日元気に絞りたて牛乳を飲んでいた人を見ましたwほんとに、心理的なものがほとんどの人の嗜好を狭めているのじゃないかなぁと思います。

    冒頭で言ったように、牛乳は比較的栄養価が高く、調理にも多く使われていて、日本国外でも口にする機会が非常に多いものです。「これからの社会」なんて言葉を借りるなら、グローバルの時代には牛乳とエンカウンターなんてありがちだと思います。飲めると、なじみの食材や料理、飲み物のない土地でも健康に生きていけますね。牛乳に限らず、好き嫌いがないと生存率が高まると思います(笑)そういう意味で、嫌いなものでも無理やりではなく食べさせる教育方針は正しいと思いますよ。
    ユウ先生のアドバイスを支持します。
    また、12さんの言ってることも正論だと思いますねー。

    ちなみに日本製の牛乳は日本人に飲みやすいように改良されていると思います。欧米のものを飲んで腹を下す日本人もしかし数ヶ月、数年とその牛乳を飲み続けていれば慣れるそうです。場所によっては、毎日飲むもののチョイスが「牛乳(4種類)、チョコレート牛乳、黄色い水」の場所もありますしまあ、飲めるに越したことないです。外で他のものを買うにも買えない状況などもありますしねー。

  21. 通りすがり より:

    嫌いなものを食べなきゃいけない理由が分からん。
    一説によると、子供が嫌がる食べ物はその子の体質に合わないものだっていうし、好き嫌いを克服してメリットがあるのだろうか。
    自分の周りの好き嫌いしない人は、みんなに残飯処理として使われてるけどな。

  22. まぬ より:

    >好き嫌いを克服してメリットがあるのだろうか。
    普通にあると思いますが…

    必ず飲まなくてはいけないものではないけど
    やっぱり栄養価の高いものですし、飲めるにこしたことはないでしょう。

    個人的にゆう先生の「飲んだら身長が伸びる」とかは思春期の子には効くかもしれませんが
    小学三年生には効果が薄いと思います。
    薬を飲ませるのと同じ言い分ですからね。
    それでは好きにはなれないですよ。

    牛乳たっぷりのココア、いいかもしれませんね。
    あと暖めて飲ませるとか。

  23. あるふぁ より:

    私も子どもの頃から牛乳嫌いでした。(アレルギーではなく)
    学校給食で飲まされて(私は飲めないのが恥と思い込んだので自ら克服しました)
    鼻つまんで一気飲みすれば飲めるくらいにはなりました。
    が、大人になって、全く飲みません。加工品は大体OKですが、牛乳の匂いのするものはダメです。未だに「牛乳が飲めない」ことに後ろめたさを感じるのに。

    アレルギーの問題は置くとして
    嫌いな食物に良いイメージを与えるのは、食わず嫌いの場合には有効ですが、本当に嗜好に合わない場合は結局元に戻っちゃうと思います。
    でも、給食の間だけでもそれを我慢できるようにすることに意義があるなら、それも良いかも。

  24. 在原 より:

    このサイトを見ると良いと思います。
    http://www1.gyunyu.com/pc/index.jsp

    牛乳に相談だ。

  25. 55 より:

    学校給食の牛乳・・・思い出しただけで、ゲンなりします。
    アレルギーではなく、好き嫌いの問題で私も牛乳が飲めず、給食は大変苦痛な時間でした。
    「騙されたと思って飲んでごらん」
    「清水の舞台から飛び降りたつもりで飲んでごらん」
    先生やクラスメイトは、いろいろ言いますが、牛乳がどんな味か分かっているのに、「騙されたと思って」飲むって、どうやるのですか?
    どう思おうとも、現実に口に入ってくる、あの味と感触は変わらないのに。
    「普通」程度に嫌いな食べ物は、我慢して食べましたが、牛乳だけは毎日が先生とのド根性比べでした。
    (それでも、鼻つまみながらストローで、ビンの上から1cmとか2cmとは頑張っていたのですよ)

  26. miyuki より:

    牛乳は母乳に比べるとたんぱく質が大きくて、人間の体質には合っていないという説もあるみたいです。だからおなかがゴロゴロいうんだって・・・
    あと成長ホルモンがたくさん入ってるから、必要以上に急いで成長してしまって体に良くないって・・・
    その説によると、日本人で牛乳のたんぱく質を消化吸収できるのは5%くらいだったような ウル覚えですけど。
    牛乳を飲めなくても、乳製品は知らないうちにすごくとってたりすると思うんで、栄養的には気にしなくていいかもです。
    うちも母子なんで、給食費の気持ちはよくわかりますけどね。

  27. miyuki より:

    もう1つ。
    牛乳に比べると、小魚には27倍、干しえびには44倍くらいカルシウムがはいっているそうですよ。
    私も好き嫌い多くて不便な思いすることあるんで、治せるなら治してあげた方がいいと思いますけど、無理に食べさせられるのは一種の体罰です。食事は楽しく!!が食育の基本じゃないかなぁ

  28. 風林火山 より:

    日本は、先進国では極めて食糧自給率が低い国です。現在は大丈夫でも将来の事は分からない訳ですから、牛乳に限らず嫌いな食物は摂取しない、という悪いクセは改善したほうがよいでしょう。方法は考慮の余地があるかもしれませんが。
    また、何事につけ回避してばかりでは成人してからの忍耐力に影響するかもしれません。

  29. MOUIYAaaa------- より:

    わたしは、牛乳が大きらいです。しかし、給食委員の人がわたしが残そうとすると、パンチするといって、おどしてきます。だから、残したくなくて、どうしたらいいですか教えて、ください。

  30. 古都南 より:

    私は、小学五年の頃まで給食でも全く牛乳を飲みませんでした。
    というか飲めませんでした。
    牛乳が机の上にあるだけで吐き気がしました。
    アレルギーではありません!
    でも、小学五年の時の先生がすごくいい先生で、熱心な先生でした。
    先生は、これから大きくなったときに備えて、牛乳を飲んだらいいんじゃないかな?嫌?と聞かれ、嫌だ。といったら、どうして嫌なの??人には好き嫌いあるよね!嫌だよね!でも、それを乗り越えたらすごいよね!達成感あるよ!と言われ、無理にとは言わないけど、一度挑戦してみてもいいかも!先生も、クラスのみんなもお手伝いするよ!と言われ、すぐに吐くだろうとか思いながら一度だけ…(T_T)とおもい挑戦してみました。
    先生は、給食の時間になると紙コップに給食の牛乳をいれました。
    ビンに少しだけ残して。その、ビンのなかに入っているのを指差し、これを飲んでみて??と言われ、それぐらいなら何とか飲めました。それからそれが毎日続き、どんどんすこーしずつ増えていって、遂には全部飲めるようになりました!
    それから少し、牛乳が変わりました。多くなりました。でも、それも飲めました!
    それからは給食のは飲めるようになりました!
    家とかでは飲まないけど…
    先生のお陰です!感謝しています!