悩み相談「なぜか毎年、彼女の誕生日を忘れてしまう…」

【ご相談】毎年なぜか彼女の誕生日を忘れてしまいます。男は誕生日を忘れるのが当たり前だと言っても、あまり聞いてもらえませんでした。

【回答】 とにかく男は記念日などを忘れるもの。
これ、思うに男性って、女性ほどカレンダーを見ないのも、一つの原因なんじゃないでしょうか。⇒続きはこちら


コメント

  1. 匿名 より:

    誕生日忘れてフォローもなし、、、彼女の立場からみれば、自分の事を好きではないんだなって思いますよ。メールも会う事もあまり出来ない、、単なる都合の良い女扱いに感じますけど。大切に思ってくれる男性が現れたら、そっちに気持ちが揺らぐかもですね。

  2. 匿名 より:

    誕生日は忘れてくれてていいな~と思うから別に祝われなくても問題ないな。。

    祝われてしまったら、私が生まれて来た事を正当化されてしまう。
    元々親から散々疎まれて生まれて来なくてもいいと言われ、
    誕生日は一度も祝って貰えなかったな。
    よく「産んでやったんだからお前が感謝しろ」と言われた…。

    あ~~、、誕生日なんて忘れてくれてていいよ。

  3. 匿名 より:

    52さん、
    なんてことを言い出す親でしょう!

    『出産』は母・子・父の3人がメインの長期的スパンの共同作業みたいなもので、
    その3人以外にも、病院の方々や親族の方など、周囲のなんらかのご協力あってのものだと考えます。

    決して、産んだ母のみが感謝されるものではなく、
    母を殺さず、自らも死なずにきちんと外へ出てきたあなた自身も、感謝されるに値します。

    母体の中であなたは母に生かされると同時に、それだけではない自分自身の生命力でも生きていたのです。
    親だけが感謝されるべきではなく、どちらも1個の命として、お互いが尊重されるべきです。

    あなたが、心健やかに生きていけることを、本気で祈ります。

  4. 匿名 より:

    >>53さん
    ありがとうございます。
    生まれても育てるつもりがないなら施設にでも入れたら良かったのに。
    世間体を気にしてさ~、ですよ。

    何度かお互いに殺意を覚えた事はあります。
    でも、冷静に考えた時、本当に実行したら誰かしらに迷惑になり、結局それに費やしたお金を自分で背負わないといけなくなるので、お互いの為にも20歳になったのと同時に別居しました。
    故に実家には滅多に帰りませんね^^;

    誕生日、記念日を固執する人はその日は何かを貰って当然の環境で育ったんだろうなと思います。
    貰えないと損をしたと思うのかな?と。
    親子でもないのに誕生日って重要なのかな…?
    他人からもモノを貰おうなんてどれくらい貪欲なんだろう?って思う事が…^^;

  5. 匿名 より:

    >ぜひぜひ次は、サプライズ☆ハッピーバースデーを!!♪

    そうです、そうです、その通り!
    サプライズバースデイ!
    サプライズ過ぎてそのまま心臓麻痺で
    セレモニー筑波へ・・・?

  6. 53ですが、長文失礼。 より:

    >>52さん

    これまでの心の辛さ、お察しいたします。

    施設ですか・・。
    私の母も、子を『育てる』という意識の非常に薄い人であった為、私は祖母に育てられました。(父も仕事をしていますが、母も病院で働いており、一日中仕事をしておりました。私が生まれた時期と、仕事のやりがいのある時期が重なっていた・・、と理解できたのは、私が大学生になってから。汗)

    私は優しい祖母がいつも見守ってくれており、52さんにも、例えば施設であったとしてもそういった人がいてくれれば、お誕生日のお祝いしてくれてたと思います。
    私は正直なところ、『産みの親より育ての親』に感謝の気持ちがあります。

    産んでくれても、育ててくれなければ『他人』のような錯覚が起こりえます。
    「何度かお互いに殺意を覚えた事はあり」は、自然にそうなってしまいますよね・・。
    けれど52さんは、狂った衝動に負けず、実行はしなかった。
    よく考えて、別居という道を選んだ。正解だったと思います。

    「誕生日、記念日を固執する人はその日は何かを貰って当然の環境で育ったんだろうなと思います。」は、半分賛成で、半分私なりに意見を。
    「何かを貰う」の『何か』は、『物』である人も中にはいるでしょうが、『おめでとうと祝ってくれる気持ち』を貰いたい人が多数ではないかと思います。
    そして「貰って当然」の認識を持つ人も中にはいるでしょうが、多数の人は、「貰えたらうれしい、貰えなかったらさみしい」という感覚を持ってしまうものなのではないかと。

    つなげると、誕生日・記念日を気にする人はその日「おめでとうと祝ってくれる気持ちを貰いたくて、貰えたらうれしい、貰えなかったらさみしい。」んじゃないかなぁと。それは、わりと自然な心境です。
    他の方のコメントも読みましたが、そんな感じなのかなと。

    親子でなくても、私は誕生日を重要だと思っています。
    私は、おばあちゃんの誕生日が、友達の誕生日が、好きな人の誕生日が、大切なものに思えて、「おめでとう」という気持ちがおこり、同時に「ありがとう」の気持ちも含んでいます。
    それは、
    「私の大好きなあなたが、この世に出てきてくれた日だから。」
    「1年を無事に生き抜いてくれて、また私と共に生きてくれるから。」などの理由があるからと思われます。

    私にとって『誕生日』は、命を祝う日、生きていることを祝う日です。
    「歳がひとつ増える」ということは「その歳まで生きた」ということですからね。そして、私と共に生きてくれた。

    「こらからもよろしく」的な、なんだかお正月みたいな一面もありますね(笑)。

    祖母がいてくれなければ、こんな私にはならなかったことでしょう。
    そして、残念ながら両親の誕生日には、正直あまりお祝いの気持ちはおこりません。

    大切な人にはお祝いの気持ちを。
    ゆう先生に相談した男性も、彼女さんが本当に大切なら、祝福の気持ちがもうちょっと湧きそうなものですが。(笑)

  7. 匿名 より:

    >52さん
    よく耐えて頑張った!!
    この少ない文章の中であなたの強さが伝わってきました。
    どうか今後できるであろう恋人や家族とは愛情が注ぎ合えますように。

  8. まあ より:

    私は女ですが、誕生日は割とどうでもいい派ですね…。
    別に親に疎んじられて育ったわけでもないですが、祝う習慣がなかったので
    世間的にそういう習慣があると知ってからも自分には馴染みませんでした。

    こういうのって習慣の違いじゃないですかね。
    質問者さんが彼女をそこまで好きじゃないっていう批判もありますが、
    私はそういうことでなく価値観の問題だと思います。
    誕生日に重きを置く彼女とずれているだけでしょう。

  9. 匿名 より:

    そうですね・・。
    相手の習慣や価値観も尊重して合わせてあげなかったから、
    他の男性との食事へ流れていったんでしょうね。

    自分の価値観の、押し付けだけじゃあね。

    お互いにうまくいかない。

  10. かよ より:

    私なんて、同じ職場で
    ほとんど、一緒に過ごしていたけど…
    7年間付き合ってきて、まともなお祝いは1回のみでした!