ルパン三世から学ぶ、ビジネスで一番大切なこと。

こんばんは。ゆうきゆうです。
本日は、自分の大好きなマンガ「ルパン三世」から、ビジネスでもっとも大切な話をお届けします。
 

あらためましてこんばんは。

というわけで、今夜ご紹介するのは、ルパン三世から、こんな話です。

タイトルは、「町おこし金庫は永遠に・・・」という。

タイトルの「永遠に」が意外に奥深い意味を持ってます。

 

今回の舞台は、こんな町から始まります。

その町には小さな山があり、その頂上には、大きな金庫が立っています。

その金庫を狙ってきた泥棒が、山に仕掛けられていたワナにかかって、命を落としてしまいます。

そのワナについて解説する老人。

この町は、その金庫と、それを狙って命を落とす泥棒を見学するために、
常に多くの観光客が訪れています。

そこに登場したのが、我らがルパン三世。
「あの金庫の中って、ホントに黄金がつまってんの?」
という唐突な質問をします。

彼は酒場に入り、金庫の由来を聞きました。

フィルという伝説の盗賊が、この町に遺産を残した。

そして突然あらわれたあの金庫の中に、その遺産が眠っている…と、酒場の女主人が教えてくれました。
また盗賊フィルの口癖が「ラム酒をあびれば俺はいつだって生きかえる」ということも教えてくれたのです。

その話を聞き、さらに財宝を狙う意欲を高めるルパン。

しかし女主人はそれを見て不敵に笑います。

そしてルパンはある作戦を立てます。

ここでは詳細は明かしませんが、ある方法で、ルパンは金庫の前までたどりつきます。

実は、ワナを仕掛けてまで、金庫に泥棒を近づけなかったのは、町の人たち。

ルパンはそれに気がつき、金庫を開けさせるように言いました。

すると、金庫を開けて出てきたのは、ボロボロの古着が、たった一枚。

町の人たちは、そもそも同じくフィルの遺産を探していました。

しかしそれが古着一枚だったと発見します。

そのため、「金庫に財宝がある」という触れ込みで、観光客を集めて荒稼ぎをしていた…というわけです。

ルパンはその話を聞き、「誰にも言わない」と約束します。

しかし、古着はもらっていきました。

町の人たちは、「あぁ、良かった」とばかりに、再びいつもの生活に戻りました。

そして場所はかわって、ルパン三世。

彼は先ほど聞いたセリフをもとに、古着にラム酒をかけます。

すると…。

地図が!

そして本物の財宝を手に入れた…

というわけです。

 

さてこの話、いかがでしたでしょうか?

 

まぁ、すごくシンプルな感想としては、「あぁ、ルパンはすごいなぁ」でしょうか。

 

一般人たちがまったく気づかなかった、フィルの財宝のありか。
古着とラム酒という、最大の手がかりが目の前にそろっていたにも関わらず、それに気がつかず、
別の仕事に精を出してしまう。
そしてルパンに横取りされてしまう…。

そんな一般人の滑稽さと、ルパンの天才さ。

この対比こそが、この話の、とりあえず一番分かりやすい解釈かもしれません。

 

しかし。

僕はそれ以上に。

「町の人が、金庫を利用して、多くの観光客を集めて金を稼いでいた」

という方が、より重要で、スゴイことではないかと思います。

もちろん天才でないため、彼らは、財宝のありかは分かりませんでした。

しかしそれでも、知恵を絞って、ビジネスにした。

極端な話、財宝は、使い切ってしまえば、なくなってしまいます。
でもこのビジネスは、続ける限り、永遠にお金が入ってきます。

すると総額で、上回る儲けをたたき出す可能性だってありえます。

「魚を与えるより魚を釣る方法を教えよ」という言葉がありますが、それに近いかもしれません。

すなわち、「町の人たちのたくましさ」こそが、何よりも大切なポイントなのではないかと思います。

まぁ、この町の人たちのビジネス自体は、宝くじに近いと言いますか。
…いえ、当たりが存在しないわけで詐欺に近い上に泥棒をワナで殺してますので、
決して「そのままマネしろ」というわけではないんですが。

それでも、考え方としては、すごく重要で、とてもとても大切なことだと思います。

「財宝を得たい!」と思って頑張って、それでも「財宝がなかった…」というとき。
「自分は天才ではないからダメなんだ」みたいな言葉で終わらせるのではなく…。
それを利用して、とにかく知恵を絞って、ビジネスにする。
 
そういう「石にかじりついても」という発想は、「天才のひらめき」より、ずっと素晴らしいことだと思います。

たとえば「大金持ちになるための秘訣」というような本がありますよね。
色々な大金持ちや成功者に取材をして、その秘訣を本にしているわけです。

この本がすごく売れつづければ、結果的に大金持ちになることもあるでしょう。

モテたくて頑張っても、まったくモテない。
そんなときに開き直って、モテないネタを話せば、かえってそれがウケて、好いてもらえるかもしれません。(保証はできません)

もしくは好きな人へのかなわぬ思いなどを小説にして人気が出れば、別の魅力的な人が振り向いてくれる可能性だってあります。

 

いえ、具体的な例がこのくらいで恐縮なのですが、とにかく重要なのは「姿勢」です。

「何かが達成できない」ときに、「それを利用して、何かをしてやる!」と考えるのは、実は「最初の目標そのもの」よりもずっと大切なこと。

それだけが伝われば、僕としては幸せいっぱいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今回のまとめ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 何かを得られないことでショックを受けるな!

○ その体験やできごとを利用して別方向から成功する方法だってある!

○ そしてそれは、より大きな成果につながる可能性だってある!

 

というわけで。
個人的にそんなことをこのマンガを読みつつ思ったのですが、あなたはどう思いますでしょうか?

何か少 しでも参考になることがあれば幸いです。

ちなみに自分はバストへの叶えられない情熱と欲求を、バストネタにすることによって頑張ってるんですが。
やればやるほど、バストから離れていってる気がします。

しかし今の状況はこれはこれで楽しいのである意味満足です。

人として色々と間違ってる気がしつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

 

ちなみにこの話が載ってるのは、この巻です。

ルパン三世は、色々な漫画家さんが描いてるんですが。

中でもこの話が収録されている、山上正月さんが描いた「ルパン三世Y」は激しく面白いです。

エピソードのすべてが計算されつくして終結するような。

ルパン三世はたまに放映するアニメしか見てない、という方も、このシリーズだけは一読の価値ありです。

 

その流れで恐縮なんですが。

その山上正月さんが描いてくださった、マヤユウリオのマンガがこちら。

不二子ちゃんなみに激しくセクシーなマヤ先生が登場してますので、よろしければ。
うん。
自分でもCMで終わってすみません。

重ねてここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうき ゆう
海竜社
売り上げランキング: 1780
おすすめ度の平均: 3.5

3 マンガだからといって あなどること無かれ。
5 この本、いいです!
5 漫画になっても面白い!

ではではっ!


コメント

  1. ot35 より:

    なるほど。オチはそこですか^^

  2. しゅん より:

    人に魚を与えれば一日で食べてしまうだろう。人に釣りを教えれば一日中釣りをしているだろう
    ダン・クエール

  3. 岡村潤 より:

    ほんとにその通りだなと思います!

    いつもコメントせずに見てるんですけど毎回ほんとに共感してます!!

    最高のブログいつもありがとうございます(^○^)

  4. 匿名 より:

    かっこいい解説です。
    凡人の発想・行動だって、底力で高みに行くことは可能なのですね。

    バスト発言連発のせいで本物のバストから離れ、しかしそれはそれで楽しいと仰る先生、ある意味吹っ切れていて素敵。バストバスト言ってても、カッコよさ(?)に到達できる先生は、この町の人々のように逞しいです。

  5. 匿名 より:

    ルパンも流石ですが、ゆう先生も負けてないですね!
    心理学を応用するスキルならルパンにも匹敵するんじゃないでしょうか?
    バスト発言をここまで効率的に人気につなげるあたり先生はむしろ
    ルパンサイドの人間かもしれませんね。

  6. マエカワ ヨウイチ より:

    先生、変体です。いや大変です。(お約束)
    ムスコが「こんなの買っちゃった」と
    袋から出したのが”マンガで分かる心療内科”ゆうきゆう著って。えーいいのぉオマエそんなの買っちゃって。買ったってお金出したの?とちょっと混乱しつつ、いやー父ちゃんはゆうき先生とはマヤ先生の手下でいらした時からの長い付き合いでなどと少し自慢しつつ。しかし!無料のメルマガだけでそういえば結構笑かしてもらった割りには一円もお渡ししてないや。―ということで義理を果たしたことをここで宣言します。俺が払ってはないけど。では今後もよろしく。

  7. 匿名 より:

    私、いつも「魚を釣るのを教えてあげている最中に餓死してしまったらどうしよう……」などと考えてしまいます。

    そこで、私の哲学は「一匹釣って食べさせてあげてから教えてやる」です。

  8. 匿名 より:

    バストの山までたどり着くにはたくさんの妨害があり・・たどり着いてみたら貧乳だった・・って成り行きで。
    貧乳にラム酒ふりかけて財宝に変えるってマジック・・っていうのがゆう先生の天才たる由縁ですね★

    バスト妄想が暴走するエネルギーを見事ストイックにビジネスの成功につなげるあたり・・さすが☆と思うのですが。。

    実はわたしはアレルギーで。。
    今朝の記事で肥満細胞をちょっと刺激してみると・・よくなる仕組みらしくて。。

    ゆう先生も現実のバストの感触・・たまにはちょっとお試しになってもいいかもですよ♪

    現実の感触って・・妄想よりも実は創造性があるかもしれないじゃん?

  9. おっぱい聖人 より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。

    今まで正常に受信していましたが、このメルマガだけ

    「迷惑メールフォルダ」

    に振り分けられました。

    さすがです!!

  10. 匿名 より:

    >>「魚を与えるより魚を釣る方法を教えよ」

    先日TVを見てたら「ナウル共和国」と言う国を取り上げていました。
    この国を知らなかったら、本当にそうだよね、と思っただろうけど、
    この国を知ったら、絶対そうだと頷けました。

  11. 匿名 より:

    女主人を見て「あぁ峰子が変装してるのか」とか「なんでチョビ髭つけてるんだこの女主人」
    と思った自分は多分ルパンや町の人レベルの思考には永遠にたどり着けないと思いました^p^

  12. 匿名 より:

    ルパンじゃなくて、町の人から学ぶなんてすごいです。
    ゆう先生にしか出来ない思考です。

    文学少女の遠子先輩が「登場人物の数だけ物語がある」と言ってましたが、今回のがまさにそうだなぁ。

  13. toki より:

    オチはやはりと言うか期待したとおりでした☆ 届かない目標よりもそこからの結果を求めるというのはナルホドでした。

  14. 00 より:

    ゆうきゆう先生は、そもそもなぜ、このメルマガを始められたのかしらと考えていましたが、なんだか、もう既に、ものすごい成功者(又は成り得る方)であるから、、?という思いがありました。それが、今回のこのお話でまた更に強化されました。人徳と人気という武器を持ちながら、常にバストネタで妙に人間ぽいですし、優しいお話も多いですし。これからも楽しみにしています。

  15. 迷亭寒月 より:

    私も今回は迷惑メール扱いされてました。
    迷惑メールのゴミ山から拾った古着、いやお宝です。

  16. ねずみのろうか » Blog Archive » ニュース・雑記 より:

    […] イベントに行かれる方はそのあたりにも目を向けてみて。 ■ルパン三世から学ぶ、ビジネスで一番大切なこと。(痕跡症候群) 前にリーダー研修受けた時に思ったんだけど […]

  17. 匿名 より:

    >「何かが達成できない」ときに、
     「それを利用して、何かをしてやる!」と考えるのは、
      実は「最初の目標そのもの」よりもずっと大切なこと。
     
    ゆう先生、素敵なことばありがとうございます。
    これってクリエイティブ・イルネスと同じ発想ですよね?
     
    私はフラれたことをきっかけにひとつ作品が出来上がりました。
    はてさて、これをきっかけに別の魅力的な人に好かれるっていうのは期待していいのでしょうか?(笑)

  18. 匿名 より:

    靴を売ろうと思ったら、みんなはだしで生活してた
    とか
    蚊取り線香を売ろうと思ったら、蚊が生息してなかった
    とか
    この手の話はいっぱいありますよね
    心霊関係もそんな感じなのでしょう
    しかし、その発想が出来たら、苦労しないような…

  19. 匿名 より:

    オチはそこかぁあ!(笑)がんばってください♪

  20. KAKERU より:

    そういった知恵の使い方っていうのは良いですね。
    町人が開けたらジャケットだけだった。
    多くの人が見守る中、それだけだったことに衝撃を受け、それを餌に多くの観光客を集める手段に出る。

    相当知恵を絞ったんだろうな

  21. なな より:

    最近ゆうきゆうさんのメルマガに勇気づけられることが多いです(あああオヤジギャグになってるう)。
    以前はダハダハ笑ってみてただけですけど。
    世の中元気をなくしてる人が多いってことですかねえ。
    ともあれありがとうございます。人生勇気とバイタリティが必要だ!!

  22. 匿名 より:

    秋葉が秘策とは、先生もついに老眼でしょうか??

  23. 東一局52本場 より:

    ルパンといえば「カリオストロ」と勝手に思ってましたがマンガのルパンも侮れないですね。
    何年か前、2chでアニメの赤い背広のルパンシリーズと青い背広のルパンシリーズどっちが面白いかで大激論があったようですが・・・どっちもいいと思います。バストの左右を比べられないように(笑)

  24. ななし より:

    ちなみにこの漫画、未成年が読むとお母さんが嫌な顔するよ!気をつけようね!

  25. 匿名 より:

    この記事の一番上に紹介している「ルパン三世」の表紙のルパンがクッキングパパに見えるのは、私だけでしょうか…?

  26. born より:

    「何かが達成できない」ときに、「それを利用して、何かをしてやる!」と考えるのは、実は「最初の目標そのもの」よりもずっと大切なこと。
    いい言葉です。恋愛でも同じですよね。相手に歩み寄ろうという「姿勢」は、絶対に必要です。あれもできないこれもできないでは、魅力ありません。できるようにがんばるってな姿勢だったら、そりゃもう魅力的です。