20人とのお見合い戦略

【問題】 あなたは今から、20人の異性と順番にお見合いします。

ここでルールがあります。

1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。
2 結婚を申し込めるのは、一度だけ。
3 一度断った相手とは、二度と会えない。

さてここであなたは、できる限りベストな異性と結婚したいと思いました。
こんなとき、あなたなら、どうしますか?
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

さて「ゆうメンタルクリニック」では、引き続きスタッフを募集しています。

特に現在、

「看護職」の方、また「検査技師」の方を、強く募集しております。

ご興味あります方は、こちらからぜひ!

⇒ http://yucl.net/bosyu

週に1日からでも可能です。

また現在、自分の書籍がまったり発売してます。

◆ 「相手の心の中が怖いくらい見える心理術」

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4837965156/katei-22/ref=nosim

以前に出ました「相手の心を絶対に見抜く心理術」の文庫版です。
三笠書房さんから出ていますので、よろしければ。

◆ 「出会いでつまずく人のための心理術」
~ また会いたい人に必ず変わる心理カルテ12

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4901491903/katei-22/ref=nosim

そして今夜のセクシー心理学は、こんな話をお届けします。

◆ 20人とのお見合い。

すごく昔、こんな数学問題を知りました。

いまだに記憶に残っている話ですので、よろしければ、聞いてください。

———————————————————————-
【問題】 あなたは今から、20人の異性と順番にお見合いします。

ここでルールがあります。

1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。
2 結婚を申し込めるのは、一度だけ。
3 一度断った相手とは、二度と会えない。

さてここであなたは、できる限りベストな異性と結婚したいと思いました。
こんなとき、あなたなら、どうしますか?
———————————————————————-

………。

まぁ、何て言うか、人生の縮図みたいな問題なんですけど。

一度別れた相手とは、二度と会えない。

「やっぱりあの人にしておけば…」

と思っても、後の祭りです。
結構ディープな話です。

まぁ、人生的に、

1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。

っていうルールがそもそもありえないんですけども。

ここで「はいはいモテる人の悩みかよ」とか思わず、考えてみましょう。

モテなくても、その範囲内で、「どの異性と結婚するか、つきあうか」というのは重要な問題だと思います。

いずれにしても、これらの前提の上でベストな異性をどう見つけていくか…という問題だとお考えください。

まぁ、普通に考えて。

この前提でしたら、最初の一人目と結婚するかというと、それは悩みますよね。一応、次の人も見て、比べたいと思うはずです。

しかしまぁ、あまりに見比べすぎると、選択肢がどんどん減っていってしまいます。それはそれで悲惨です。

ここで。
実はこの「答え」なるものが存在するのです。

数学には「ダイナミックプログラミング」という分野がありまして。
いや、説明しろと言われたらできないんですけども。

高校数学で学ぶ「期待値」という考え方をはるか応用する話なのですが、それによってこんな答えが出るそうです。


【模範戦略】

<1> 最初の5人は、どんな異性であろうと断る。
<2> 6~10人目の相手が、それまでの「1位」なら、その人と結婚する。
<3> 11~13人目の相手が、それまでの「1位か2位」なら、結婚する。
<4> 14~15人目の相手が、それまでの「3位以内」なら、結婚する。
<5> 16人目が、それまでの「4位以内」なら、結婚する。
<6> 17人目が、それまでの「5位以内」なら、結婚する。
<7> 18人目が、それまでの「7位以内」なら、結婚する。
<8> 19人目が、それまでの「10位以内」なら、結婚する。
<9> 20人目まで結婚しなかったら、20人目と結婚する(しかない)。

この方法のスゴいところは、この方法を使えば、「平均して」3位以内の人と結婚できることだそうです。

まぁ、「平均して」というところがポイントです。
言うまでもなく、最初のスルーした5人に、上位3人が入っちゃう可能性もあるんですが。

とはいえ、だいたいは均等に散るわけですから、この方法さえとれば、だいたいは3位以内の相手と結婚できるよ、というわけです。

まぁ、ざっと見てみると、<4>のあたりから、少しずつ「妥協」が始まっているのが分かります。

これを簡単にまとめるなら、

「最初の1/4(1~5人目)は、様子見でいい」
「1/4~1/2チョイ(6~13人目)くらいまでは、1位が出たら結婚しておけ」
「3/4くらいを過ぎたら(14人目以降)、3位くらいでも妥協するのが正解」

ということになります。

たとえばあなたが男性だとしましょう。
で、「20歳から40歳までに結婚したい」と思ったとします。

このとき、この考えで行くなら、

「20~25歳までは結婚せず、とにかく色々な人と恋愛する」
「26~30歳くらいまでの相手が、今までの『1位』なら、結婚する」
「31歳~33歳までの相手が、『1~2位』なら、結婚する」
「34歳以降は、3位や4位などであっても結婚する」

となるわけです。

結構ナマナマしい話になってきましたね。

まぁ、ここですごく重要なんですが、普通に考えたら、「均等分布」はしません。
どう分布するかはあえて言わないんですが、多少「早め」に決断してもいいのかな、とは思ったりします。

とはいえ、はい。

別にそんな、冷たく厳しい話をしたかったわけではありません。

すごく予想できるんですが、
「だからあのときに決めておけば…!」
という気持ちが生じたとしても、とりあえずはフタをしてください。

そういうコトを伝えたかったのではありません。

これはただの「確率」の話です。

僕が一番言いたいのは、

「全体の半分まで行ったところで、今までの『1位』が来たら、それに決めてしまえ!」

という発想です。

これって、結構アリなのかな、と思います。

◆ 半分までに。

たとえばあなたが、将来、どんな道につくべきか迷ったとします。
就職したとしても、「やっぱりこの道の方がいいのでは…」と考えることだってあるでしょう。

こんなときは、「期限」を決めること。

たとえば「あと5年で、自分の道を決めたい」と思ったとします。

そのときは、

「その半分の2年半のあいだに、『これは今まで考えた道の中でベスト』というものに出会ったのなら、それに決める」

方がいいということになります。

半分を過ぎたのにも関わらず、

「もっといいものが…。さらに素敵な夢が…」

なんて思っていると、あとは結局たいしたものにも出会えず、ダラダラと人生を過ごしていくことになります。
そういう人は多いので気をつけましょう。

これはもちろん、あらためて恋愛でもたとえられます。

今、「結婚したい!」と思うのなら、やはり「期限」を決めること。

「あと10年で結婚したい!」と思うのなら、やはり「その半分の5年で、ベストだと思った相手が出たのなら、その人に決めてしまう」

方がいいことになります。

◆ 後悔しなくても…。

逆にあなたが、すでに結婚していたり、すでに何かの仕事などについていたとします。

だったらそれは「早すぎた」なんて思う必要はないのです。

もちろん「最初に出会ったのがその人」ならともかく、ある程度、それこそ選択できる期間のうち半分近くまで見た上で決めたのなら、「それが最高の戦略だった」のです。

そのあとに、もっといい相手や、もっといい仕事が出てきたかも…!?

なんて思う必要はありません。

◆ 進めることが。

何よりも大切なのは、「すでに始めてしまった今を進めていく」こと。

4位が3位、3位が2位、2位が1位に変わったとしても、たいした差なんてないんです。

それより、今の相手、今の仕事で「築き上げていく」ことが、ずっと重要なんです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 結婚でも将来でも、とにかく今から「期限」を決めること。

○ その期限のうち、「半分」を過ぎた時点で『ベスト』と思ったら、迷わずそれに決めてしまうこと。

○ それ以上、決めずにダラダラするのは時間のムダ。

○ 逆にあなたがすでに「決めている」なら、その道を進むべき。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

僕は常に思います。

「本当は、何も失敗なんてしていなかった」

ということに気がつかないまま日々を過ごし、死んでしまうことこそが、人間
の最大の失敗なのです。

あなたが選んだのなら、それは「正解」なのです。

だからもう、迷わないでください。
それよりもずっと大切なのは、今の道を進んでいくことだけなんですよ。

(完)
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。
ちなみに今回の内容は、この書籍も参考にさせていただきました。

秋山 仁
ベストセラーズ
売り上げランキング: 185159


コメント

  1. 匿名 より:

    できる限りバストな異性と結婚するのではなくて、ですか?

  2. 匿名 より:

    残り物には福があるというのは
    本当の意味はどういうことでしょうかね。

    皆がはじめの半分くらいまでで
    決めてしまうからでしょうかね。

  3. 匿名 より:

    ゆうきゆう先生のセリフは
    いちいち感動的で
    最後には必ず泣かせてきやがります!

    このあふれ出る止まらない涙をどうしてくれるんですかー!

  4. 匿名 より:

    目が覚めました。

  5. 匿名 より:

    今回の話はあまり賛同できなかったです。
    人生は確立だけではありませんよ・・・。

    あと、結婚と将来を同じように考えるのは、個人的にはどうかと思います。
    20人の誰とも結婚しないって選択肢が見えてないような余裕のない人って、あんまり幸せな結婚をしてるイメージがないです。

  6. 匿名 より:

    40すぎて、迷うことって贅沢、羨ましいと思うようになりました。
    もう人生において重大な決断をする必要がない(いい事で)からです。
    せいぜい今夜のおかずに迷うくらいです。

  7. 匿名 より:

    >>5
    「確立」じゃなくて「確率」ですね。
    前者では新たな何かを立ち上げてしまっています。
    まあそれはそれとして、

    >20人の誰とも結婚しないって選択肢が見えてないような余裕のない人って、あんまり幸せな結婚をしてるイメージがないです。

    そういった方々が実際に何人と付き合ってきたかを熟知している訳でも無いでしょう?
    ましてや統計学的に信頼出来る数の調査をしている筈もありませんし。

    賛同出来ない、というだけなら分かりますが、個人的なイメージだけで語るのもどうなのかと。

  8. ゲスト より:

    「20秒で平均して3番目のやる気を出す方法」
    とかありそうですね。
    時間なんて典型例ですし。

  9. ゲスト より:

    いつも楽しく読ませてもらっています
    それにしてもいつも読んでいて思うんですけどゆうきゆうさんはまじめなのか不真面目でいつもバストのことをかんがえているのか本当にわからないですね
    兎に角、これからもがんばってください

  10. ゲスト より:

    はじめて付き合った人と結婚して20年以上経ちました。

    ベストな選択だったと思っています。

     僕も時々似たような遊びをします。
    ドライブしているときに
    これからすれ違う20台の車の中から車を選ぶとすればどれをいつ選ぶか。
    同じルールーでやるのです。
    選び損ねると、ダンプカーや バスになってしまいます。
    先生のルールに沿ってやってみると結構証明できるかもしれませんね

    今度トライしてみます。

    時にはすれ違う女性ドライバー20人もどうでしょう。

    時には女性ドライバーも・・・

    わき見運転に気をつけましょう

  11. テクテク より:

    相変わらず空気を読まないとすると…

    20人全員と一度にお見合いする!

    …ダメですか…?

  12. テクテク より:

    この前の「生きてさえすればいいのよ」もそうでしたが、今回の「それよりもずっと大切なのは、今の道を進んでいくことだけなんですよ。」という言葉が響きました。元気がでます。
    いつもありがとうございます。

  13. 匿名 より:

    事前に20人の情報を仕入れておく、がまず思い浮かんでしまいました。
    20人とは初対面で、会うまでは何も知らない、そして一人ずつ会うという前提条件が抜けてますね。
    結構重要な前提だと思うのですが。

  14. ちゃん より:

    前回につづき、ゆう先生なんかおかしくないですか

    まじめすぎるし・・・・

  15. スピカ より:

    昔のものを読んでたときに見たんですがゆうきゆうさんは「自分はいま幸福かと自分の胸に問うてみれば、 とたんに幸福ではなくなってしまう」という言葉が好きみたいですね
    でもゆうきゆうさんなら他人の胸(バスト)をみれば幸せになるかもしれないですね

  16. sachiko より:

    ゆうき先生こんにちわ☆

    毎回楽しみにしています。

    今回のお話で興味深かったのは、結論で、「自分が選んだのなら失敗はない」という点でした。
    というのも、自分が選んだのは「誰を選んでも絶対後悔する。なら最初から誰も選ばない」だったからです。

    つながりない気もしますが、誰も選ばなくても「あの時誰でもいいから選んでおけばよかった」と思うと思うので、結局後悔するんですよね。
    と言うことは、誰でも一緒、ということだと思うので、自分の決定なら「失敗はない」ンだと思います。

    ゆうき先生は20人のバスト、どれを選ばれるでしょうか。
    きっとどのバストを選んでも後悔されると思います。

    どうせ後悔するならやっぱり自分で選びたいです。

    とりとめない感想で失礼しました。

  17. 匿名 より:

    いい話なのに「ずっとずっとも」で笑ってしまった

  18. 匿名 より:

    しかし最初の5人はどのような異性であっても分かれるってのはすごい極論のような気がします
    まぁ、最初の一人で結婚してあとになって後悔するってのはそれはそれでどうなのかと思いますが
    とにもかくにも経験を積めってことなのでしょうか、20回も可能性があるとも思えない私の人生ですが。。。

  19. 匿名 より:

    う~ん…
    この道にはこんな良い所とこんな悪いところがある。
    一方あっちの道にはあんな良い所とあんな悪いところがある。
    こんな風にどっちが1位か決められない場合はどうしたらいいのでしょう?

    でも最後の
    何よりも大切なのは、「すでに始めてしまった今を進めていく」こと。
    という一文は素直に心に響きました。

  20. sm より:

    とりあえず恋愛したい・・・です。

  21. KAKERU より:

    これって、鳩山総理の……
    そんな研究をやっていたという話ですし、テレビでそんなことをやっていましたし……

  22. 匿名 より:

    これ、たしか島田紳助の番組の企画でもやってましたね。
    芸人などが結婚前提でお付き合いしてくれる人を募集して、上のルールの他に
    ・何人募集してきたか本人には知らされない
    というものが加えられてましたw

    いや、本当究極の選択ですねw10代のうちに将来の20代の生き方も考え始めないと、と思いました。
    確かに40代になっても結婚「できない」人って理想が高すぎたり「今までに付き合った人以上の人じゃなきゃダメだ」と言っている事が多いですし。途中からは妥協も大事になってくるんですね。

    >2
    ことわざと今回の話を混ぜるのって意味がないんでは

  23. 匿名 より:

    >たとえばあなたが男性だとしましょう。
    >で、「20歳から40歳までに結婚したい」と思ったとします。

    なんで「男性だとしましょう」なのですか?女性でも、100%同じことが言えると思うのですが・・・

    結婚という、必ずしもする必要のない事においては、妥協する理由が見当たりません。我々は大勢の人と日々出会いますが、結婚する相手は、「これからこれ以上の人は出ないだろう」とか「今までで一番(または三位以内とか)だな」とかいうものではないですよね。そのような選び方をする人はあまりいないのでは。
    「今までとかこれからとか考える必要はない。この人が唯一の人(「一番の人」ではなく)」と思って初めて結婚するのではないですか。完全に気に入ったわけではないなら、そもそも結婚しないものでしょうから。少なくとも私はそうでしたけど、そうでない人もいるのでしょうか・・・

  24. Larmes より:

    すごい共感しますが、でも期限決めたくても決められないし、相手の気持ちもわからず、悩むばかりです。
    それこそ、不安ばかりがつきず、死にたくなることがあります・・・。
    親からのプレッシャーとか、実家に帰ることができないとか、誰に相談していいかわからないし、悲しくて今泣いてしまってるし、辛いです・・。

  25. すちゃらか より:

    ゆう先生がいろんなところでおっしゃってる「やろうかどうか悩んでいるんだったら、とりあえずやってみよう。
    結果がどうあっても、立ち止まったままずっとなやんでいるよりはずっとましだ」
    というお話ですね。

    自分は、まだまだ悩むことが多いのですが、
    ゆう先生のお話を読む度に、少しずつではありますが、
    前に進むことができるようになったと
    思います。
    ありがとうございます。

  26. まるる より:

    何番目でもよいけど、後悔しないこと。うしろを振り向いてぐじぐじしないこと。

    これが大事だと思われます。

    自分で選んだ道を全部楽しめば、すべてベストな選択だった事になりますよ。

  27. すてねこ より:

    「20~25歳までは結婚せず、とにかく色々な人と恋愛する」
    「26~30歳くらいまでの相手が、『Fカップ』なら、結婚する」
    「31歳~33歳までの相手が、『D~Eカップ』なら、結婚する」
    「34歳以降は、CカップやBカップなどであっても結婚する」

    こういうふうに脳内変換されました。
    慣れって怖いですね。

  28. キャサリン より:

    そうですね!!
    人なんて、完璧ではないのですから、ここが、あそこが、と気にしだしたらきりがありません。
    ゆう先生、今回もいいお話でした。
    私に看護士資格があれば応募したいですが、残念です。。

  29. 匿名 より:

    34歳ですが、今現在仕事に関しては幸いもう迷わなくなった…どころか、自分にとってバストいやベストな選択だったと思えています。
    もう半分過ぎたってことか!?(違)

    …仕事はいいけど会社に関してはそうでもないかも…w

  30. 匿名 より:

    無罪モラトリアムですね☆
    5人捨てる・・というのわかります。

    20人のはじめの5人は、まず社会、人間、また自分を見つめる試用期間であり・・あえて捨てる・・まあ、25%見てけば・・自分の進むべき道は見えてきますよね★

    そのターゲットは世の中の表裏半分まで見ていけば自然と見つかる。。。

    しばらく過ごせばもう妥協しかないでしょうね。

    お話は大変納得しましたが・・・。

    ゆう先生って何を思ってこんなお話をし始めるのかというのが謎で。
    楽しい頭の中ですね笑

    これだからゆうきゆうはやめられない♪

  31. 四谷 より:

    迷う人はそもそも「期限」が決められない人が多いでしょうね。

  32. アラエモン より:

    大変面白かったです!

    このように考えると十代で道を決定している人は損なのかなぁと思いました。

    もちろん早く道を決めたことでその分磨かれるという職もあるのでしょうが・・・

    しかしながら、大学4年になってもまだ志が決まらないなんて方には救いになるのではないでしょうか?

    早いうちに志を持つのも立派ですが、世の中渡ってから考えても遅くないですよね!

    まぁ、最終的に決めることが大事なのかも知れませんが。

  33. ところでなのですが。 より:

    ジャンプSQの「Dr.るっる」って知っていますか?
    ノリがどこまでもセクシー心理学チックです。
    ゆう先生が監修しているのかただのパクリなのか気になって仕方ありません。

  34. 迷亭寒月 より:

    「最初の5人は絶対断る」
    というのはリスクがあるし、それが1~5位なら、20人目としか結婚できません。
    「最初の5人は絶対値の基準に照らして、上回ったらその人に即決める(いわゆるドボン)」
    がいいのでは?

  35. 旧姓はぐら。 より:

    >○ 逆にあなたがすでに「決めている」なら、その道を進むべき。

    僕は決めて、真面目に尽くしているのに、彼女は別居→離婚へと進もうとしています。

    どうしたら良いのか。。。。
    離婚裁判の辛さを考えたら、
    結婚しない人生もアリだと思いますよ。

  36. 匿名 より:

    結婚なんか気持ち悪くて出来たもんじゃない自分に死角はなかった!

    人間ってやっぱり様子見するんですねぇ
    何事も期限決めてやるようにしよう

  37. とある孫娘より。 より:

    「本当は、何も失敗なんてしていなかった」という言葉を、今日という日に読んで。

    今日、私を育ててくれた、祖母の命日だったんです。

    おばあちゃん、入院してて、お見舞いに行ったとき、
    「また来るね。」って私が手を振ったら、
    「また来てね。」って、手を振り返してくれました。

    大学のレポート、バイトでの繁忙期、資格試験の勉強、友人達との付き合い、共働きの親に代わっての家事・・。
    季節的に毎日の忙しさが重なり、
    なかなか、お見舞いへ行けない日が続きました。

    「また来るね。」
    その約束は、そのまま、守れないものとなりました。

    今日、病院行こうかな・・、でも時間が少ないし、もっとゆっくり行けたほうが・・、先にあの用事済まそうかな。

    おばあちゃんは、いつも、微笑んでいてくれるような気がして、
    いつも、変わらず居てくれるように思えてて、
    なぜもっと、少しの時間でも会いに行けなかったのかと、今も後悔しています。

    私にとっての、人生で最大の悲しい『失敗』だったと思っています。

    そこから学ぶことはあるにせよ、
    祖母とはもう、二度と、会えない。
    「また来るね。」と言った約束は、守ることができない。

    「本当は、何も失敗なんてしていなかった」
    ゆう先生の、決断の話とは少々ズレているかもしれませんが、
    私は、失敗があったことを、人生の最期まで背負っていこうと思います。

    祖母の命日に、心から黙祷します。

  38. ちょこ より:

    >>「半分」を過ぎた時点で『ベスト』と思ったら、迷わずそれに決めてしまうこと。

    ちょ、これ。目からうろこ!しょーもないようなことでいくつか選択肢があるようなときに、いつも最後まで見ちゃうのですが結局どれもこれもだったり、っていうか選び切れなかったり。
    これからそうします。
    ありがとうございましたー!

  39. える より:

    東大にいた方が数学の先生の授業で、同じような話を聞いたといってたなぁ。

    その設定では、お見合いをする場合、どの時点でどう決めたらいいかということでした。答えは今回のお話と同じような感じでしたが、「1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。」という条件はありませんでした。
    そのせいもあって、その方は「この答えには欠陥がある!回を重ねるごとに成功率が下g(ry」と力説しておりました。

  40. 匿名 より:

    ※37とある孫娘より。様
    横レスで、差し出がましいのは承知の上です。わたくしのような第三者には解る筈もないままに書きます:

    「また来るね」が果たされないままになってしまう事の無念、お察しいたします。

    ただ、ひとつ思うのは、人の親・祖父母というものは、子供・孫が、「また来たい」と思いつつも来られないほどに充実した毎日を送ってくれている事を、最高の喜びとするものだと思います。それを特に態度には出さないかもしれませんが、実際はそうです。

    まして、人生の最期の日々まで、「また来てくれる」という楽しい考えを持っていられたわけですから、それは幸せの一種ではないでしょうか。

    全く事情を知らない他人の意見でございます。どうぞ、上記が当て嵌まらない様でしたら、流してくださいませ。上に書いたことは、あくまでも、わたくしの考えるところの一般論です。とある孫娘より。様のご心情には沿わないところがございましたら、これは他人が書いた、他人のための文章であるということで、どうかご容赦くださいませ。

    最後に、お祖母様の魂が安らかであることを心よりお祈りしたします。

  41. 匿名 より:

    「本当は、何も失敗なんてしていなかった」

    あなたが選んだのなら、それは「正解」

    なんとありがたきお言葉~!!

  42. とうちゃん より:

    ゆうき先生、天晴れなり!

  43. 匿名 より:

    >>37 とある孫娘さん

    なるほど。
    悲しい思い出ですね。

    もしも2回目会いに行っていたら、その時も「また来るね」といっただろうから、
    3回目に同じ後悔をしてたんじゃないですか?

  44. あのー より:

    微乳が好きってコラムで
    男は皆巨乳が好きだって言ってますが
    それ嘘です。自分は巨乳は好きじゃないんで
    微乳好きはたくさんいますよ

  45.   より:

    あ~がんばんなきゃなと思いました。

  46. とある孫娘より。 より:

    40さん、祖母の冥福を祈ってくださって、
    ありがとうございました。

    43さん、自分でも、後悔のありかがつかみきれないんですが、
    本当はもっと、会いに行けてたんじゃないかっていう、
    やれたのにやらなかったんじゃないかっていう所で、
    自分を責めてしまうんです・・。

    おばあちゃんは、生まれた頃から、一緒の家に住んでいて、
    本当に私に、やさしくしてくれて、
    仕事で家にいれない親の代わりに育ててくれて・・。

    自分は本当に、おばあちゃんにできる限りのことをしてあげれたんだろうかって考えると、
    悲しくて、後悔が止みません。

    私はあの頃、他の選択肢を選んでしまって、
    本当はもっと会えるところを、
    自分の意志で、会わなかったんじゃないか・・。

    おばあちゃんに、「ごめんね。」の気持ちでいっぱいになります・・。

  47. old patient より:

    今日かかりつけの病院行って、先生のサイトに共感するし、落ち着いたんですが・・・と話した後、診察後外の椅子で泣き続け、いつまでそこに通うべきか私はわからないし、そこはそういう相談するところじゃないので、いろんなことが不安になって、先生のクリニックに助けを求めにほんと行こうと思って、向かったのですが時間的に間に合いませんでした。
    ほんとに辛くて死にかけ寸前でしたが、なんとか帰ってきて、でもこの先どうしたらいいかわからないので、本当に困っていて、眠れないです。

  48. 匿名 より:

    私のカレもこの話知ってそうです。
    カレは34歳なので、私に決めるときは、私は3~4位の可能性があるんですね(TωT)
    で、私に決めないときは、4位以下・・・(@@)??
    ・・・いや、「これまでの1位が来たら決め手しまえ」の、『1位』かどうかの判断で迷っているんだと信じて、めげずにがんばります。

  49. 匿名 より:

    就職活動でも言えそうですね
    2月から本番化して8月くらいまでが期限.
    エントリーできる数(または面接する数)は限度がありますから…

  50.   より:

    20人来るならこの戦略でいいかもしれませんが、僕みたいな二人目以降が来ない人はどうすればいいんでしょうか。

    あと、いわゆる今話題の「婚活」女性を見るに、30を過ぎた女性は1-2位とか言ってる場合じゃないと思う