悩み相談「死ぬのが怖いです。不老不死になりたいです」

【ご相談】死ぬのが怖いんです。

【回答】「死にたくなくて困る」というのは、とても健康な証だと思います。

続きはこちら

(最近、岐路岐路少しまとめて更新してます)こちら


コメント

  1. 匿名 より:

    ゆう先生偽者疑惑!!!

    バストを語らない先生は本物なのか?

    夏バテでしょうか?お仕事頑張ってください。

  2. バラバラ より:

    「死は生の始まり」って師匠から学びました。
    イエ・・・宗教ではありません。
    輪廻転生の意味とか、仏教の歴史とか教えていただきました。
    「な~んだ」って思いました。
    きちんとした意味がわかると「な~んだ所詮脳内思考なんだ。
    人類は誕生してから環境は変わっても思考は変わらないんだ」ってわかりました。
    だからこそ「生きることの重要性」がわかりました。

    「生きろ」←もののけひめ ですね。

  3. トオリス・ガリ より:

    物理学に興味をお持ちでしたら、
    その方面から見た不老不死の研究をなさるのも
    面白いかもしれませんね。

  4. 匿名 より:

    > すこしでも妥協(悔しいですが…)できたら、少しは楽になれるだろうに

    この相談者さんにぜひこの曲を教えてあげたい
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2679202

    少しは妥協してもいいかという気持ちになれるかも
    でもそういう強欲さ傲慢さはあっていいものだと思う
    今時の若者は情熱が足りないとか無気力って云われてるけどこんな人もいるのね
    安心しました

  5. KAKERU より:

    こういったものって、どこかで妥協するんでしょうね
    だから、後世にバトンを渡す。
    まあ、生きている以上、死って言うのは逃げられないものですからね

  6. 猫を飼いたいけどアレルギー持ちの私 より:

    生きることは病であり、眠りはその緩和剤、死は根本治療。

  7. 匿名 より:

    わたしは生まれた時・・周りにすごく祝福されたといい・・多分そんなことで・・ずいぶんな困難や、精神・肉体の病や・・あったけど。そんなことは全部人生の肥やしで。
    いい年をしても・・確信的に生を肯定しています☆

    むしろこの相談で感じたことは・・ゆう先生の漫画で、認知症はなぜ起こるのか?の時「死に対する恐怖から逃げる」という原因を思い出し。。
    死が近づいてきた老人の認知症問題が深刻だと思いました。
    生きがいを失ったり、愛も裏切られたり・・そういうことが老人の心の問題として重い。。

    相談者さんの若い、生き生きとした死が怖い・・という生命の謳歌とは対極の老人の認知症問題は・・大変なことだと思いました。

  8. 匿名 より:

    この相談者様と同じく、理系で、死がひたすら嫌です。

    数年前ホーキング博士が言った、最高の台詞が、「私は最近思うようになった。ひょっとしたら、私は宇宙の全てを知ることが出来ないままなのかもしれない、とね」ホーキングでなければ言えない壮大な台詞です。相談者様は、この「全部を知ることが出来ない」というのが嫌なのですよね。そしてきっと、「知ったところで、死んだらそれが消えてしまう」というのも怖いのではないでしょうか。

    時間が限られている事をとても悔しく思うというのは、物理が好きな人の宿命なのかなと思います。
    全て解明することが叶わないと最初から判っているものを好きになるって、切ないですよね。切ないなんてもんじゃないほどの恐怖ですけど。

    妥協なんてせずに、死後の身体の冷凍保存とかで、とにかく希望を繋ぐという方法が、実は一番現実的なのではないかと思います。保存したって無駄だよと、他人は忠告してくれるかもしれませんが、諦めるという選択肢はないのでしょうから、とにかく生にしがみつくのが唯一の方法ではないかと。下の世代にバトンパスというのは自然に行われる事ですから、何も自ら諦めてバトンパスする事ないです。

    死への限りない嫌悪感(何千年生きようと死は嫌であるという程に、絶対嫌なのです)というものは、死がそれほど怖くないという人には全く解からない感情ですから、一般的に「バトンパスするものだよ」と言われているからといって、それを自分に当てはめる必要はないと思います。

    自分の生命を大切に思うというのは、全く傲慢でも我侭でもないと思います。死が怖いのは苦しいですが、どんなに苦しくても死ぬのよりはマシですから、その点で、生へのこの執着は、意外と自分を強くしているのかなとも思います。死への恐怖が、私を哲学に走らせたのですが、それも良かったですし。相談者様は、頭の良い方とお見受けしました。死への恐怖は、研究欲にダイレクトに繋がるものだと思いますから、是非頑張って、輝かしく長い人生を送ってもらいたいです。

  9. makeyミ☆ より:

     この回は、17歳の女子○生(ぴっちぴち)がバストについてもコメントをする餌蒔き過ぎな状況なのに、全スルーしているという回答としては激レアな回ですよね。
     記憶が誤っていなければ、初めてなのでは。
     ゆう先生も忙しいのでしょう。お体を大切に、ゆう先生の幸せを心より願っております。

  10. 意識を遷す機械 より:

    意識を遷す機械

    ICの寸法がが小さくなっても携帯やゲームができるだけ。パソコンが安くできるだけなんてつまらん。本当はもっと回路を細かくして量子力学的寸法まで小さくして脳の回路くらいの大きさを実現できたとしよう。10年くらいかけて脳波を
    やり取りし、自分の記憶と思考過程をその機械に移すことができたとしよう。
    そうすると自分の意識をほぼ実現できる
    機械ができて脳を移し意識を移しとれた
    としよう。もとからの肉体は脳を含めて
    有機体でDNAを50-60回転写して細胞分
    裂をすると干からびて結局死んでしまうが回路に写し取った脳は少なくとも数百年から数千年はいきられそうだ。
    死にたくないということに答えるのが人類の最後の望みであり最高の商品だと思うのだけれどもいくら考えてもどうしたらそういう回路ができるのかよくわからない。興味がある人は考えてください。

  11.   より:

    はがねのつるぎ じゃないですか

  12. 匿名 より:

    なんか、若さを貰った感じです!
    「幸せすぎて怖い」似てるのかも。
    ま、何にしても、これからもお幸せに!