明治時代のゆうメンタルクリニック。

ゆうきゆうの日常

明治時代の地図を見ていたら、ちょっとした発見がありました。


こんばんは。ゆうきゆうです。

最近、ネットで発見した「明治時代の地図」。

明治時代に、ゆうメンタルクリニックがありました!

うん。
ないから。

自分はいったい何歳なんだ、という。

というか上野駅?、この時代からあってビックリです。

下まで電車が伸びていますが、これは別に山手線とかではなく、御徒町近辺の荷物運搬場所でストップします。

すなわち、山手線の他の駅がない時代から、上野駅が! ステキ!

うん。まぁ。
だから何だ、という感じですが。

それにそれに!

不忍池の弁天堂のところが、つながってなくてビックリでした。
今は画面左にむかって道があるんです! 

 

………。

うん。
興味ないですね。思い切り。

たぶんみなさんにとっての、こういう上野トークって、

僕にとっての、

「表参道と南青山に、スイーツとショコラがパティシエってるお店ができたの!」

みたいなトークなんだろうな、と思います。
思い切り興味がない。

みなさんをそんな気持ちにさせていたら申し訳ありません。

 
「興味ない」で思い出したんですが。

 

僕が大学生のとき、ある女の子が、デパートでこんなことを言っていました。

 

「今年のコムサは、こう来るのね」

 

このコとは、一生友達にはなれない、と思いました。

 

そのあと、僕もマネして、言ってみました。

 

「今年のイトーヨーカドーは、こう来るのか」

 

世界一切ない気持ちになれました。

 

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました