悩み相談「注射が大の苦手です」

【ご相談】注射器を見るだけで発汗、眩暈という症状が出ます。刺される瞬間は直視できません。
採血された後はかならず貧血を起こします。どうにか改善する方法はないでしょうか。

【回答】メンタルでは「先端恐怖症」というものがあります。
この場合、一番シンプルかつ早い解決法は・・・続きはこちら


コメント

  1. 匿名 より:

    恐怖!?

  2. 匿名 より:

    貧血で通院しているのでよく採血するのですが、たまに屈強そうな男性が採血の間中後ろを振り返って我慢している姿を見ると「おとななのに…。頑丈そうなのに…」と思っていましたが、先端恐怖症の人もいるのでしょうから、もしそうなら仕方ないですよね。治療法があるなんて知りませんでしたw
    私は針を刺される瞬間が見えていないと余計に怖いので凝視してしまうほうなんですけど、こういった皆さんは刺される瞬間がわからない恐怖はないんでしょうか。刺されて痛い恐怖のほうが強いということか。

    外部サイトなので修正不可かもしれませんが、誤字の報告です。
    (誤)採決結果も左右されない
    (正)採「血」結果も左右されない
    ではないでしょうか。

    ゆう先生、バストバストばっかり言ってるから校正がおろそかに…w
    バストの先端恐怖症とか言ってる場合じゃないですよw

  3. 匿名 より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いています。心が落ち込んだときに見ていると笑ってすごい気持ちが楽になります。
    ところで質問なんですが、これって女性だけしか投稿してはいけないのでしょうか?投稿フォームが女子まぐ?さんの所へ繋がっていてちょっと疑問に思いました。私は男ですが相談したい悩みもありまして・・・

    わがままいってるように見えたらごめんなさい!

  4. 匿名 より:

    最後が饅頭怖いみたいになっていて面白かったですw

  5. unknown より:

    先端恐怖も最近になってようやく認知されてきてますからね…理解者が少なくて困る事に痛感します。

    私は逆に注射中は針を刺して血を抜くところを見ないと気が済まないのですが、これはこれでどうなのだろうかと少し悩みますw

  6. 匿名 より:

    …ああ!そういうことか。
    最近、採血する時に妙に採血時に

    『貧血起こしませんか?』

    って聞かれてて。
    大した量も採らんのになぜ貧血起こす
    のかと思ったら。先端恐怖症ってやつ
    だったのね。

    先端恐怖症ってたまに聞いてたけど
    れっきとした病名なんですね~。

  7. 匿名 より:

    それは普通に貧血気味の人を心配しているだけかと
    採らなくても倒れる人がいるんだから

  8. KAKERU より:

    ふと思うのは、どのようなことがきっかけで先端恐怖症になるんだろうと……
    「自分も注射怖いけど?」って言う人がその理由を調べるときに、先端恐怖症かもしれないっていう原因って言うか、そういったものがわかると、安心できるように思うんですけどね。

  9. シロ より:

    ゆう先生!
    M属性のところは突っ込んでもいいんでしょうか 笑

  10. sickboy より:

    いつになくとても真面目な診断だな〜
    なんて思っていたら、最後に無理矢理下に
    もって行きましたね〜(笑

    先端恐怖症も高い所が恐いのと似たような物なのかな〜
    理屈じゃない・・・と。

  11. バラバラ より:

    私も同じです!
    子どもを生む時に、助産婦さんが「血管確保のために点滴を・・・」が怖くて、出産どころではありませんでした。
    どちらが痛いかではなく、注射はダメなのです。
    子どもの予防注射に付き合うとお医者さんが、「お母さん大丈夫ですよ」と私に声をかけてくれます。
    手には汗がびっしょりです。
    私は、予防注射しませんのにね(笑)

  12. 0川 より:

     採血や注射で過呼吸になるお友だちがいました。そのこにはイメージトレーニングがいいかも。と思って、あたしが先に検診受けて、その時の状況を詳しく説明してイメージトレーニングしてもらったの。それからいざ出陣!・・・でもでも、採血の手順があたしの時と微妙に違ったみたいで、それがかえって過呼吸を誘発してしまった。がーん。たおれて動けなくなっていました。手を触ったら冷たーくなってて。しびれてしまうのですね。かわいそうなことをしてしまいました。

    もう一人別の知り合いの話。そのこは医学部の学生で2年生でした。薬理学の実習でマウスにお注射をすることになったらしいのですが、先端恐怖症で注射器に触れることもできず逃げ回っていたというのです。その話を聞いて
     「Σ( ̄ロ ̄lll) お医者さんの適性ないじゃん。」
    と思ったのですが、開業医の一人娘で期待されて医学部に入ったと言っていました。それはそれで辛いですね。立派なお医者さんになれたかしら。
     ゆう先生も先端恐怖症!? 精神科なら注射できなくても大丈夫?・・と思ったらやっぱりそのオチでしたか。その科でも重症の人には注射しなければならないですよね。注射しなくても良い科ってあるのかしら。

  13. 匿名 より:

    「先端」恐怖症ではなく、「尖端」恐怖症ではないでしょうか?とがっているものがこわいんですよね?

  14. 墨子 より:

    >13さん
    「先端」でいいんじゃないでしょうか?

    とがってなくても、指先とか、棒状のものとかでも息が止まりそうなほど怖いと感じるので…。

  15. ゆう先生のファンです! より:

    ゆう先生のファンでしたが、今回の一番の下りでドン引きしてしまった私です(笑)

  16. 匿名 より:

    先端恐怖症って、どうしてかかるのか分かんないです。映画みたいな恐怖体験(刃物で刺されるetc)経験した人ばかりかかるわけじゃないと思いますし…

    それと、心配してるのであってからかうわけじゃないんですが、ボールペン等の文房具、箸等の食事関係も駄目なんでしょうか。
    単なる棒切れの先端さえ駄目なら、子供とのアウトドアキャンプで焚き火用の枝を拾うことすら出来ないでしょうから。

  17. 匿名 より:

    >バストの先端恐怖症。
    >誰か僕の恐怖を和らげるために、慣れさせてください。

    了解しました。
    ではサッソク5~6人派遣します。

    日本相撲協会

  18. 墨子 より:

    >16さん
    参考になるかわかりませんが、ペンや箸などの細長いものは、端を向けられると(こっちを向くと)反射的に『うッ』となります。
    とにかく「先っちょ」を視覚で認識してしまうとダメみたいです。
    枝拾い…、程度によると思いますが、できそうですけどねえ。

    まあ、わたしは先端恐怖症と診断されたわけではないのですが、一例として(^^;)
    そもそもなんで怖いのか、自分でもわからないです…。ちなみにトラウマもないです(笑)

  19. より:

    >16さん
    参考になるかわかりませんが、ペンや箸などの細長いものは、端を向けられると(こっちを向くと)反射的に『うッ』となります。
    とにかく「先っちょ」を視覚で認識してしまうとダメみたいです。
    枝拾い…、程度によると思いますが、できそうですけどねえ。

    まあ、わたしは先端恐怖症と診断されたわけではないのですが、一例として(^^;)
    そもそもなんで怖いのか、自分でもわからないです…。ちなみにトラウマもないです(笑)

  20. 16番を書いた人 より:

    > 端を向けられると(こっちを向くと)反射的に『うッ』と
    > 「先っちょ」を視覚で認識してしまうとダメ
    なるほど、危ないものを「向けられると」ダメ、ということは分かりました。「今そこにある危機」はいいけど「今あなたに向かってくる危機」は怖いんですね。
    でも何故「先っちょ=危ないもの」という認識になっているのかは本人にも分からないんですね。

  21. 匿名 より:

    防衛本能の一部が敏感に育ったのでしょうか??

  22. 石竜子 より:

    12月で終わってしまった深夜アニメですが、空中ブランコの7話で先端恐怖症を取り上げていました。

    個人的にツボにはいった作品なのですが専門家からみても面白いのか気になります

  23. よっち より:

    先端恐怖症という言葉が出た時点で、結末のバストネタが見事に予想通り的中した私、、、ゆう先生と同レベルか、、orz…

  24. 匿名 より:

    >>16様
    >>19様ではないのですが、「危ないものを向けられると怖い」という人「も」いる、ということだと思います。
    自分に向けられなくても怖い場合もありますし、「危ない」と特に認識しないものでも、ふと怖くなるときもありますよ。

    私の場合、採血恐怖症で、特に肘の内側(一般的に採血をする箇所)からの採血は不可能なほどにムリムリムリムリです。腕の外側にする一般的な注射なら全く大丈夫です。

    皆さんご親切に「痛くないから大丈夫よ」と仰って下さるのですが、私はちょっとした鋭い痛みなら、むしろ好きな方でして、針や採血に対する恐怖は、痛みに対するそれとは別物だと思います。

    「何かトラウマがあるのだろう」と言う人もいますが、これは先天的なものである可能性が高いと思います。何かの先端を避けることで、回避できる危険は多いと思いますから、本能的な恐怖なのだと思っています。高所恐怖症もそうですよね(?)

    >>11様
    お疲れ様でございます。大変ですよね、そういうの。私は小さい頃、宇宙飛行士になりたいなどと夢見ていたのですが、様々な検査や任務の中で、採血があると知り、断念しました(笑)。今でも、妊娠・出産には採血検査の必要があるらしいということで、怖くて怖くてどうしようと困っている所です(まだ妊娠してませんが)。あと、何故か授乳にも、同じ恐怖を感じます。
    >>11様はそれでも乗り切ってらっしゃるようで、尊敬します!

    これ書いていて、怖くて貧血気味になってしまった。。

  25. 匿名 より:

    先端がいつも下むいてますけど・・(汗

  26.   より:

    コメントの激しい複数投稿をしてしまいました。
    数日経ってから載ることもあるのですね。
    見苦しくてすみません。。

  27. yuma より:

    >>6さん
    >大した量も採らんのになぜ貧血起こす
    >のかと思ったら。先端恐怖症ってやつ
    >だったのね。

    どちらかというと、それは純粋に
    「血管迷走神経反射」を想定しているのではないでしょうか?
    (迷走神経反射の中に先尖恐怖の要素も一部含まれてはいるけど。)
    2~10ml(小さじ1~2杯)程度で血液減少による貧血は有り得ないけど
    (というか逆に液を注入する注射であっても)、
    針刺激によって末梢血管拡張や心拍数低下を起こしクラッとくるやつです。
    痛みや恐怖からリラックスしようと瞬時に副交感神経が優位になりすぎ、
    ふっと意識が落ちてしまうという原理らしいです。
    不安・体調不良などがあると失神を起こしやすいようで、
    あと迷走神経反射の起こりやすさは遺伝にもよるそうです。
    座ってでなく、横に寝転んで採血すると、迷走神経反射を起こしにくいそうです。

  28. より:

    熱いなどの反射を家族に、リアクションが大きいとか、反応が遅いとか、そんな自分では、どうしようもないことを、言われます。多分、家族は、日常会話の軽い言葉なんでしょうけど、私は、とても傷付きました。「したくてしている訳じゃない!そんなこと言われても、どうしろって言うの?!」って、心の中で思ってしまい、泣いてしまいそうでした。コンビニのバイトでも、袖を伸ばしても熱くて、中華まんを取り出すことができません……

    この状況を変えるには、どうしたら良いですか?T_T