「 ゆうきゆうの日常 」一覧

広告の三つの要素。

心理学的には
「性的なイメージ」「子供」「動物」の三つを広告に入れると反応が良くなる

とされていますが、

「性的なイメージにもほどがある」

と思ったところ、どうやら、そういうことではないようでした。

手…? ガッツポーズ…?

いや、すんごい誇らしげにふんぞりかえっているのかと。

はい。そんな日々です。

あとこんな画像も。

作ってくださったぞろぞろさん、本当にありがとうございました。

4月25日13時から、東京駅でオフをしますので、よろしければ、ご参加ください!


「からっぽカプセル」がランキング1位に!

アニメで分かる心療内科」の主題歌「からっぽカプセル」が、iTunesのアニメソングランキングで「1位」になりました!

スゴイ…おめでとうございます!

ちなみに自分が一番好きな部分は、二番のあとの「冗談まじりの『もしも』ー」という部分です。

アニメで分かる心療内科も元気に放映しておりますので、よろしければ、ぜひ!


眼瞼下垂という病気を知ってから。

医学では「眼瞼下垂」という病気があるんですが。

学生時代にその病名を知ってから、マンガやアニメの、いわゆる「細目キャラ」が、個性ではなく病気にしか見えなくて困ってます。

「強度の下垂」とか、よくディズニーアニメで見る。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。


【ネット記事で読者を集めるたった7つの方法】

【ネット記事で読者を集めるたった7つの方法】

1「とにかく7つあると言え」
2「いかにも厳選した雰囲気が出せる」
3「無難なことを漠然と語れ」
4「書き途中で疲れたらやめていい」
5「訪問した読者は『7つ』とか覚えてないし数えてない」
6「だから6つでもいい」 (終)

こんなことを考えてるうちに一日が過ぎました。

実際に人間には「ハンパな数には意味があるのでは?」という心理があります。

「12時待ち合わせね!」より「12時15分に待ち合わせね!」という方が、時刻を守る人が多いようなものですね。
あなたも何かを書くときには参考してみてはいかがでしょうか。無難なことを漠然と語りつつ、みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

 


90代がしておきたい30のこと。

こんにちは。
僕は糖質制限をして以来「100歳まで、10代のような肉体と表情で生きる」という身勝手な目標を持っているわけですが。

その中で、こんな記事がありました。

90代がしておきたい30のこと。

90代になったら、何をしておきたいのだろうか。

そんなことを思いつつ読んでみたら、色々と面白かったです。

(1)
90代を生きるのは、奇跡そのもの。
(2)
90代は、これまでの生き方が正しかった証明。
(3)
90代は、前向きに生きるだけで、偉業。

なんか「しておきたい」というより「良かったね」みたいな言葉が並ぶんです。

特に、

(14)
聴力が弱くなるのも悪くない。
心の平穏が保てるから。
(15)
ぼけるのも悪くない。
嫌なことをすぐ忘れられるから。
(16)
白髪になるのも悪くない。
明るい雰囲気を楽しめるから。

「いいように考えよう」みたいな、なんか励ましみたいな慰めみたいな言葉も並んでるという。

「しておきたい」はどこに行ったのか。

まぁ中には

(13)
90代でも、プレゼントの習慣を続けよう。

という行動のアドバイスはあるんですが。

中でも
(18)
あなたもまた、風景の一部。

というのが味わい深い。「しておきたい」と言っていいのか。風景への同化を勧めちゃっていいのか。

その上ラスト近くは

(27)
生きているうちに、自分のお墓を作ってみませんか。
(28)
死ぬのは怖くない。
誰もが一度は経験することだから。
(29)
死に際が美しい人の人生は、美しい。
(30)
死ぬとは、亡くなった人と久しぶりに会えること。

という、なんか大半が死に関連した内容に。これ読んでいて「確かに!」と思う90代の方はいるんだろうか。

とりあえず、バストを求め続ける90代を目指して今日も頑張ろうと思いました。

 

それはそれとして、官越あすな役の声優、遠藤ゆりかさんの歌う「モノクロームオーバードライブ」という曲を見ていたら、こんな動画が。

生まれてはじめて、オタ芸ってスゴイと思いました。キレがスゴイ。

自分も90代になってこんなことをしていたい。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。