天才的料理マンガ「浅草人」

こんにちは。ゆうきゆうです。

元気でお過ごしでしょうか?

さて以前に「天使のフライパン」「中華一番」というマンガを紹介したことがありました。(c)小川悦司・講談社・日本文芸社 

マンモスの形にパスタを作ったところ、

こんなレベルに食事が行われ、

みんなが全裸で空を舞う、という演出のマンガでした。

「おいしさの表現」が、すさまじいのが、作者である小川悦司先生の特徴です。

その小川悦司先生は、少し前に「浅草人」というマンガを作っていました。

浅草で料理人をする男の話なのですが、あいかわらず小川先生が小川先生だったので、ここでご紹介させていただきます。

まず「浅草」が舞台だけあって、「スパゲティ」や「ハヤシライス」など、シンプルな料理ばっかりです。

しかし!

だからといって、決して期待を裏切ることはありません。

洋食をバカにしていた女性が、ハヤシライスを食べます。

みんなも食べます!

なんか最下部に、不穏なコマが出てきましたね。

そうです!

祭りが始まりました!

風神雷神まで祭りに参加しています!

そして「おいしい」=「全裸」という表現も、きちんと組み込まれてます。

ハヤシライスにトマトが入っていておいしいよ、と伝えるために

「全裸でトマトサーフィン」です。

さらに男性がマカロニを食べると

こんな風景が!

ラストのコマがセクシーすぎます。

さらに老人となった女優がトンカツを食べると

若返ってまで全裸に!

若返ることには必然性があったのでしょうか。

ちなみに女子高生がビーフスープを食べると

きちんと女子高生のままです。

赤ちゃんに戻ることはありません。

ちなみに堕ちたヒロインが途中で食べるシーンも挟まれますが

すでに目の色が変わってます。

あ、言い忘れましたが、自分は小川先生のマンガで「おいしさのあまり全裸表現を行った」キャラを「堕ちた」と表現しています。

すでに堕ちたキャラは、次回以降、セットで当然のようにまた全裸にされます。

さぁ、そしてこのマンガの、もっともインパクトがあったシーンです。

太ったグルメリポーターにたいして、主人公が「ナポリタン」を出します。

今さらですが、主人公はこういうビジュアルです。

まぁ、正直、そのあたりはどうでもいいんですが。

ナポリタンを出されたリポーターは、叫びます。

「じょ 冗談じゃないよ」

「そんなカンタンにあの味を再現できるかってんだい…!」

堕ちる前に精一杯に強がる女騎士、じゃなかったリポーター!

ある意味「前フリ」みたいな感じです。

さぁ、食べます!

食べますよ!

堕ちたあああああああああああ!

というか、「おいしい」とか「すごい」とか以前に

「汚い」

と思いました。

ナポリタンがフンドシになってます。

みんなフンドシナポリタン着用でお祭りです!

「口ン中がオレンジ色の三社祭だーーーッ!!!」

とか言ってますけど、ぜんぜん意味が分からない。
でも迫力だけは伝わります。

そんな感じで、相変わらずの小川先生。

ちなみにこのマンガ、原作の方が別です。
ただストーリーとしては非常にシンプルで、正直、小川先生のマンガ表現が九割持っていってる感じです。

何にせよ、もし興味ありましたら、ぜひ。

ちなみに小川先生は、最近「すしいち」というマンガも作っています。こちらもまた扱えれば扱いたいと思います。相変わらずです。

何にせよ、精神科医ゆうきゆうは、小川先生を心から応援しています。

(c)小川悦司・講談社・日本文芸社
(上記の画像は紹介のため引用させていただいております)


コメント

  1. 匿名 より:

    食戟のソーマ全盛期にあえて触れないゆうきゆう先生。

    ……はっ、まさか視聴率で負ける要素を少しでも排除…げふんげふん

  2. tamon より:

    若返ることには必然性があったのでしょうか。
    あります!ご老人の…を載せたら発禁レベルになってしまいますよ?!

  3. 匿名 より:

    料理漫画は大概がこんなものでは・・・?