空気を読むと、成功しない。 ~バーデンの調査

あなたは、「ダンケ」という言葉の意味が、分かりますか?

意味、分からない。
 55(27%)
意味、分かる。
 102(51%)
ビッテ!
 43(21%)
このアンケートに潜んだ、「ダンケ」の結末とは!?

こんばんは。ゆうきゆうです。
今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな話を。

僕、よく「ダンケ」という言葉を使うんです。

たとえば、

友人「ほら、これあげるよ」

ユウ「ダンケ」

とか。

女の子「かわりにノートとっておいたよ」

ユウ「あ、ダンケ~」

とか。

女の子「大好き」

ユウ「ダンケ!」

とか。

うん。まぁ。
すみません。ラストのシチュエーションはほぼ妄想です。

それになんかこうして書くと、単なるキザな変態にしか見えません。ギャア。

いずれにしても、こうして使い方を見て分かる方も多いかと思うんですが、

「ダンケ」は「ありがとう」の意味です。
ドイツ語です。

大学時代、第二外国語がドイツ語でした。

2年間、ドイツ語をみっちり勉強して、今、記憶に残ってる言葉が、唯一この「ダンケ」です。

自分でもムダな2年間だったと思います。

他には「イッヒ・レルネ・ドイチュ」(私はドイツ語を学んでいます)
という言葉も記憶には残っているんですが、ドイツ人の前でこれを使うと、
「あぁ、学んでるなら話しても大丈夫ね」とばかりに、恐ろしい勢いでドイツ語を話されました。もちろん理解できませんでした。

あのときの、
「お前、学んでるって言っただろ!?」
的な雰囲気は今も忘れられません。
ドイツ語分からなくても、それだけは分かった。

おかげで「イッヒ・レルネ(以下略)」は、危険な言葉として封印中です。

そして消去法で残ったのが、この「ダンケ」。

正式には

「ダンケ・シェン」(ありがとうございます)で、

「ダンケ」だけだと、ニュアンスとして「ありがとー!」という感じです。

返答は「ビッテ・シェン」(どういたしまして)になります。
言うまでもなく、そう返されたことはありません。
返されたら返されたで、たぶん戸惑うと思います。
自分で言っておきながら。

あまりに好きすぎて、学生時代は、

「丹下・紫円」(たんげ・しえん)というペンネームまで考えました。
ペンネームだけ考えて何も書いてないんですけども。

◆ この言葉、どうなんだろう。

それはそれとして、この「ダンケ」。

今まで、ごくごく普通に使っていました。

しかし最近、ふと思いました。

「え、これ、通じてなかったら、どうしよう」

通じてなかったら、すんごい悲劇です。

普通に会話している中で、突然に意味不明な言葉を発する人間。

たとえるなら、

ユウ「ほら、これ、やっておいたよ」

女の子「ムニャッイチョ!」

みたいなものです。
意味不明すぎです。

もうどうしていいか、リアクション取れない。

一瞬「それはそれで萌えるかも」と思った自分が切ないですが。

◆ ダコな女。

実際に思い返してみれば。

一度、パリに旅行をしたとき、そこのユースホステルで知り合った日本人女性が、「ダコ」と言っていました。

誰かと会話する際に、

「ダコ」
「あぁ、ダコダコー」

と連発するのです。
すんごく目をキラキラさせながら。

聞いてみると、フランス語で「分かった」という意味らしいです。

聞くまでは、ものすごいタコフェチなのかと思いました。
マニアックな。

◆ チュースな女。

また、ドイツに行った際、同じユースにいた日本人女性が、

「チュース!」

と連発していました。

え、キス!?
チューして、みたいな!?

と思ったのですが、これも調べてみると、

「またね!」

という意味らしいです。
心から、ドイツ語は「ダンケ」しか分からない自分です。

ちなみにその女性との「また」は、いまだにありません。

◆ アンケートの結果は。

さて、この「ダコ」や「チュース」のように、「ダンケ」も異質すぎる言葉だったらどうしよう。

特にダコやチュースは現地で使われてただけでしたが、「ダンケ」を使っているのはイン・ザ・日本です。完全なアウェイです。

変態度、さらにアップしているかもしれません。

ですので不安になって、ミクシィの「セクシー心理学コミュニティ」でアンケートを取得してみました。

200人中55人の方が「意味が分からない」となりました。

約1/4です。

(セクシーはさておき)心理学に興味のある方は、一般の方よりも知的好奇心は強いでしょうから、一般人の平均値は、さらに下がっている可能性も大です。

すなわち、1/4どころか、さらに多くの方にとって、僕は

「突然に意味不明な言葉を発する変態」

ということになることが分かりました。

特に「ダンケ=ありがとう」なわけですから、僕が喜ぶだろうことをした直後に聞くことになります。

「感謝されるだろうなー」というときに、突然の奇声。

この落差、かなりのものだと思います。

あぁ。
少なくとも、僕の失恋の1/4以上は、そのせいです。絶対。

◆ そこに、奇跡が。

しかし!
アメリカの心理学者であるバーデン博士の調査によると、

「他人の目を気にする人間ほど、他人の思い通りにあしらわれてしまう傾向がある」

ということが分かったそうです。

「みんなにどう見られているだろう」
「場の雰囲気を乱していないか…」

ということを気にしすぎる人間は、よくても「礼儀正しいサブリーダー」で、「トップ」にはなれない、というわけです。

最近よく「空気が読める」「読めない」という言葉を聞きますが、「空気を読みすぎる」というのは、実はあまり良くないのです。

実際に世の中の「成功者」を見てみると、確かにそんなに空気を読む力がある人ばかりには思えません。

たとえば歴史上の人物を見ても、

「ピラミッド作ろうと思うんだけど、どうかなー…?」
「えー、石おもーい。何考えてんの?」
「…あ、じゃあ、やめよっか…」

「今川義元が攻めてきたから、討って出ようと思うんだけど」
「はぁ!? あっちの方が多いんだから、死ぬって絶対! ダメだよ! 空気読めよ!」
「………あ、うん。じゃあ、やめる………」

こんなことを繰り返していたら、明らかに失敗します。

また、「三国志」の中でも、もっとも頭が良く、もっとも空気を読む力があったのは、かの「諸葛亮孔明」です。

しかし仕えていた劉備の死んだ後、彼が国の実権を握った直後に、国は滅びてしまいました。

時に空気を読まず、あえて「オレはこれでいい!」と突き進む力こそが、成功の原動力であり、魅力の源になるのかもしれません。

おお!
そう考えると、「ダンケ」、アリなのかもしれません。

通じようが通じなかろうが、自分はこの道を行く!

これが自分だ!
そんな気持ちを持ちながら進んでいくことが、何より大切だったのです!

どれだけ参考になるか分かりませんが、あなたの日々に少しでもヒントになれば幸いです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 他人の目を意識することは確かに大切なんですが、気にしすぎると、成功者にはなれないかもしれません。

○ 時にはあえて気にせず、自分の道を突き進むことが大切です。

○ だからみんな、「ダンケ」流行させてください。

○ でも「流行させれば恥ずかしくない」とか思ってる時点で、自分の道を進み切れてない気がします。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

周りの空気を読むことも大切ですが、ずっとそれだけでは、成功できません。

たまには、あなたの大好きなことに関しては、

「みんなにどう思われたっていい! 私はこれが好きなんだ! だからこの道を突き進む!」

という気持ちで進んでもいいかもしれません。

ここまで読んでくださって、本当にダンケでございました。

(完)

違和感を抱いたら負けだと思ってます。


コメント

  1. リヒャルト より:

    ダンケ、シェシェ、メルシー、グラシアスぐらいなら普通に使っていましたが……。
    意外と理解されていなかったのでしょうか。
    まあ、はなから空気を読む気などないので別にいいんですが。

    ところで人工国際語のエスペラントでは、「ありがとう。」を「Dankon.」と言います。
    こちらは通じる通じないとは別の次元で日本人相手には使えません。
    空気を読まないといっても、ほどほどが良いようですね。

  2. dan より:

    かつて「ダンケシェーン」と言う曲が流行りました。ある年代の人はあたりまえに知っている言葉です。

  3. さぶちゃん より:

    富山県の高岡市に、ダンケっていうクラブありますよ。