小説「やり直しパンパンパン」最終話

「人生、やり直したいと思ってませんか?」

そんな言葉と共に僕の前に現れた、一人の女。
彼女は僕を、一度だけ『人生でもっとも幸せだと感じた瞬間』に戻してくれることを約束する。

そしてそのためには、『合図』を決めなくてはならなかった…。
「僕」が決めた合図とは!?

  

今夜はセクシー心理学から、こんな話をお届けします。

前編はこちら。

◆ やり直しパンパンパン。最終話

「…で、合図、何にされますか?」

その質問に、僕はこう答えた。

「その、合図なんだけど」

僕は左右の手をたたき、「パン」という音を鳴らした。

「は?」

「こういう風に、手をたたくというのはどうかな?」

「手をたたく?」

「そうだな…。『パンパンパンと3回たたく』ということにしよう」

「パンパンパン、と…?」

「うん。ハッキリ決めるなら、『20秒以内に3回手をたたく』なんてどう?」

その言葉に、彼女は少し考えた。

「なるほど。それでしたら無意識にやってしまう可能性も減りますね」

「うん。それに、年老いても、可能な動作だろう?」

「確かに…。では、承りました。『20秒以内に、手をパンパンパンと3回たたく』。
以降、その合図を行い次第、当SFプロジェクトのメンバーが、責任をもって、
『人生の中で、もっとも幸せだと感じた瞬間』に戻させていただきます」

「あぁ…」

「それでは、そのやり直しまで、どうかごゆっくりとお過ごし下さい」

その言葉と共に、彼女は立ち去ろうとした。

「い、いや、ちょっと待って!」

「…何でしょう?」

「ちなみに、『SFプロジェクト』のSFって、何の略?」

すると彼女は、にこやかに言った。

「『せくし・ふしぎ』です」

「………」

「ちょっぴりセクシーに不思議な世界を作るという理念で作られました」

聞かなきゃ良かった、と思った。

◆ 

考えなければいけないことは、たくさんあった。

その合図を行って、今までで一番幸せだった瞬間である「小学生」に戻っても、今のままの体験や記憶しかなかったら、また同じように、むなしい転落人生を繰り返すだけだ。

もちろん今の大人としての知能があれば、小学生の中では成績はトップになれるだろう。
天才小学生と言われるかもしれない。

しかし数年くらいで、瞬時に周囲に追い越される自信がある。
マイナスの意味で自分を信じられる。

だからといって、今から勉強しておこうとも思わない。
だいたい、それができないから、今の自分がいるんだ。

それに「いい大学」や「いい会社」に入ったとしても、幸せになれるとは限らない。

それより、もっとラクなのがいい。

じゃあ、安直ではあるが、ギャンブルの結果を記憶する、というのは?

もちろん全部を記憶するのは不可能だ。
競馬なら、万馬券にしぼって記憶することにした。

しかし冷静に考えれば、小学生が馬券を買えるわけがない。

そして馬券を買える年齢になったら、結果なんてサッパリ忘れている自信がある。
戻ってすぐにメモしたとしても、瞬時に母親に捨てられるだろう。

小学生でもできるギャンブルといえば、宝くじしかない。

当時の一ヶ月のお小遣いが100円だったから、3ヶ月貯めれば、大当たりが買えるだろう。

…いや、でも。

その当たりくじが、小学生の行動範囲に売っていなかったら悲惨だ。

それに、もし買うことができて、さらに当たったとしても。
せいぜい手に入るのは1億円くらいだろう。

すなわち僕の新しい人生は、「1億円を手に入れただけの小学生」だ。

今と同じ年齢になったとき、金が残ってる保証はない。
特にうちの両親は「貯金してあげる」と、お年玉を懐に入れていたので、なおさらその金が残る可能性は低い。

それに…。「金」だけというのも、何か虚しい。
もっと、名声が欲しい。モテモテになりたい。

あぁ、だったら「発明家」はどうだろう。

今の特許などを記憶すれば、自分の手柄にすることができる。

いや、しかし。
何より仕組みが分からないから、再現できる自信がない。

じゃあ、「占い師」はどうだろう。

社会のできごとを記憶すれば、それを言い当てることができる。

いやでも、それも難しそうだ。
一人の小学生が何かを言っても、せいぜい友達が驚くだけだ。

「そんなの、オレも分かってたよ!」っていう小学生も必ずいる。

それにもし、万が一メジャーになれたとしても。

「すごい占い師がいる」ということがニュースになったら、それによって社会に影響を与えてしまう可能性だってある。
すると、そのあとの歴史と食い違う危険性だってあるだろう。

僕はそれから三日三晩、寝ないで考えた。

そして四日目の朝、ついに思いついたのだ。

なんだ。
もっとずっと、簡単な方法があったじゃないか。

「音楽」だ。

◆ 

世の中には、たくさんの曲がある。
そのメロディを忘れることは、ほぼ絶対にない。

たとえ小学生に戻ったとしても、そしてさらに何年もたったとしても、覚えて
いられるはずだ。

それを、本物より先に、発表してしまえばいいのだ。
たとえば今から10才ころに戻るのなら、10才から30才の今までの、20年間のヒッ
ト曲すべて、自分が「作曲」したことにできる。

音楽には普遍性があるはずだ。
特に発表する時期がほぼ一緒なら、ヒットしないわけがない。

楽譜はまったく書けないが、それは、できる人間に頼めばいいだろう。
僕は口で歌えば十分だ。

子供であったとしても、発表することは不可能ではないはずだ。

それがムリなら、20才くらいになって音楽事務所に就職したっていい。
そうなったとしても、残り10年間のヒット曲を、自分の手柄にできる。

作曲家の収入は、宝くじの比じゃないはずだ。
それに、歌手やタレントにモテモテだろう。

金も名声も異性も人気も、何だって手に入る。カンペキだ。

◆ 

そうなると、話は簡単だ。
もちろん今すぐに戻ってもいいが、そうすると、現在までの曲しか「作曲」できない。

やはりレパートリーは多い方がいいだろう。
だったら、やり直すのは、もっとずっと先でいいじゃないか。

それに、いい曲なら、老人になっても、そうそう忘れないだろう。
だったら、ギリギリまで粘って記憶しよう。

そのためには、とにかく生き続けていく必要がある。
再就職もしなければならないだろう。

あとは、死なないように人並みの生活をしながら、その時々に流れてくる流行の曲を聴くだけだ。
たまにカラオケで練習してもいいだろう。

唯一、不自由な点は、気軽に拍手をすることができないだけだ。
誰かとカラオケに行くときは、それだけ気を遣った。

もちろん、ただ漠然とヒット曲を覚えるために生きているだけじゃない。

横取りしている自分が言うのもなんだが、やり直して曲を発表したときに、誰かに手柄を横取りされたら、たまらない。
大切なのは、人を見抜く力を持つことだ。
そのためには、可能な限り多くの人間と接して、色々な体験をするしかない。

とにかく結論は、「やり直す前に、可能な限り長く生きること」になった。

◆ 

ただ、生活の中で、ときどき思った。
本当に、「やり直し」をしたあと「ヒット曲を発表」すれば、満足なんだろうか。

言うまでもない。
結局は、他人の作品を、盗んでいるだけだ。

社会全体には、何らプラスになっていない。
それどころか、僕が拙く再現することで原曲より劣ることだってありえる。

そうなると、僕の存在意義は、何なんだろう。

「やり直し」をしてまで、行うことなんだろうか。

答えは、出なかった。
でも、だったらどうせ、やり直すまでの一生で、その答えを見つけよう。

時間はたっぷりある。
ゆっくりと考えていけばいい。

◆ 

それからの生活自体は、今までと大きく変わるわけではなかった。

ただ、ほんのちょっとの「希望」ができた。
それだけで、毎日が少しずつ楽しくなってきた。

それに、仕事のミスや、人生での選択間違いがあったとしても、「どうせもう一度やり直せるんだから」と思うと、とても気が楽になった。

すると不思議と、今までできなかった、友達もできた。
恋人もでき、安定した関係が続いた。

それから、結婚もした。
子供も作った。

もちろん、生きている中で、迷うことや、後悔することもある。
しかしやはり、それだって「小さなこと」だ。

最終的にやり直せるのだから、今、考えてもしょうがない。

どうせ、いつでも戻れる。
ただ今回の一生は、色々なことを学んでおこう。

この考えは、僕の気持ちをとても軽くした。

それから、数十年が過ぎた。

◆ 

たった今、僕は病院のベッドで寝ている。

今の年齢は、71才だ。
胃の痛みで受診したはずなのに、気がつくとこうして入院していた。

体中が痛い。

おそらく、ガンだったんだろう。
誰もそう言わないが、自分は確信している。

何より、ベッドの周りにいる家族たちの眼差しが、僕の命があと少しで尽きようとしていることを教えている。

「………」

戻るなら、今しかない。

僕は手を持ち上げる。

よし、動く。

その手を振り上げ、力の限り、「パン!」と鳴らした。
家族たちの視線が、一斉にこちらに向く。

みんな、ありがとう。

一緒に過ごせて、本当に良かった。

僕は、これから過去に戻る。

僕はさらにもう一度、手を叩いた。

「パン!」

………。

待て。

もし、ここで戻ったら、子供たちはどうなるんだ。

…考えるまでもない。
消えてしまうんだろう。

そうだ。
子供たちも、そして…

「おじいちゃん? どうしたの?」

突然、僕の左手が、小さな手に包まれた。

「だいじょうぶー?」

4年前に生まれた、孫だった。
突然、手を叩きだした僕を心配したのだろうか。

その手を、離してくれ。

手を叩くことができない。

あと一回叩かないと、合図にならないんだ。

もう、息が苦しい。
ここで時間を逃すと、また最初から3回たたき直すチャンスは、ないかもしれない。

僕は、その手をふりほどこうとした。

しかし、どうしてもそれができない。
それをしたら、この子は、消える。

心配そうに僕のことを見つめる、その目。

僕の手のひらに、小さな指のぬくもりが伝わってきた。

心の中に、ぐっと熱い気持ちが湧き上がる。

 

「………!!」

僕は、そのときに、気がついた。

いま、もしここで3回目の「パン」をたたいても、おそらく「何も変わらない」のだ。

 

 

なぜなら、今までの人生で「もっとも幸せだと感じた瞬間」は…。

きっと、今に違いないのだから。

僕は、最後の「パン」のかわりに、ただギュッと、その小さな手を握りしめた。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. sakaguchi より:

    いやあ。すごくよかった。オリジナルで
    感動的でした。

  2. 匿名 より:

    あひぃ・・・
    切なくなりましたです・・・

  3. s より:

    いいねえおもろい

  4. 匿名 より:

    まさかの感動オチとは!

  5. 月影 より:

  6. せ・くし より:

    まさか削られたところがあそことは…

  7. 匿名 より:

    いい感動オチでした!!

    戻ってみたら小学生じゃなくておっぱいパブにいる時だった!みたいなオチを予想していた自分が恥ずかしいです・・・

  8. ななお より:

    いつも面白く読んでます。
    今回、感動のラストで感涙でした!
    感動できてためになる、こんな話がかけるなんてゆうき先生はスゴイ!
    私も何か失敗してもあまり悩まないで、次へ次へと進もうと思います。

  9. かとゆ より:

    感動でした。
    過去に戻ったらチビちゃんは消えちゃう・・・。

  10. ねこじゃらし より:

    やり直せると思っていい加減に生きてしまうのかと思いきや。
    良いお話をありがとうございました!

  11. N(M) より:

    感動しました。

    今までもいつも拝見していたのですが、実際に書き込むのは今回で初めてか二度目です。それくらい感動しました。

    このお話を覚えているだけで、なんだか頑張らなくちゃ、と思えてきます。

    こんなお話の短編集があったら嬉しいです。

  12. みき より:

    あーあ~、私ってバカ。さっと読んだけど、「どこが削られたのか、わからない」・・・。疲れすぎ??

  13. カドミス より:

    思わず拍手しちゃいましたよ!
    まったく…、合図をそれにしてたらどうしてくれるんだ!
    この話のオチと同じになるところだったよ…。

  14. ちゅるやさんらぶ より:

    ごめんなさい、想像通りの落ちでした

    でも、いいね。こういうの

  15. せくし・ふしぎ より:

    落ちが想像通りで安心したようながっかりしたような。

    番外編でやりなおす話とかってのは無しですかね?w

  16. みゆき より:

    星新一のような世界で
    面白かったです。

  17. みゆ より:

    やばいです。
    泣けました。

  18. sin より:

    先週のメルマガから期待してましたが、かなり良かったです。泣きました。

    で、これのどこがセクシー心理学?(爆

  19. クロ より:

    やっぱり思い立ったら即実行しないと
    ダメですね。
    というか、読み終わった直後の感想が
    「感動した」じゃなくて
    「もっと早く拍手しろよ」って方
    他にどなたかおりました?

  20. エリー より:

    よかったです。
    星新一さんのショートショートを
    読んでいるみたいで、
    懐かしい気持ちになりました。

  21. 匿名 より:

    もっと早く拍手しろよ
    って思っちゃったよ…僕

  22. ほん より:

    やり直せるからといい加減に生きるのではなく、失敗しても大丈夫だと気を楽にして生きていけば色々と頑張れるかもと思いました。

  23. ogmr より:

    感動しました。

    ちなみに私が想像していた落ちは、
    「実は、人生やり直せるというのは嘘」
    いつでもやり直せると思ってると幸せになれる…みたいな??

  24. monchi より:

    仕事中なのに、涙でちゃいました。生きている意味って、よく考えるんですけど、やっぱりお金でも成功でもないんだろうなぁ。思いやれる人がいて、思ってくれる人がいて、限りある命を素直に受け止めて生きることが出来れば、それが一番の幸せなんでしょうね。

  25. pikoro より:

    感動しました。泣けました。
    ありがとう御座います。

  26. まぬ より:

    良いお話ですねー

    ところで通常の生活で拍手することって
    結構あるような気がするのですが、
    その合図で良く老人になるまでやらずにいけましたね。

  27. 匿名 より:

    あれ?バストはどうしたんですか?

  28. 立つんだジョー より:

    ぜひ映像化(ドラマ化)してほしいですね。良かったです。

  29. may より:

    ど、どーしたのぉ。

    思わず、独り言してしまいました。

    せんせが、路線変更。。
    (こういうのも、できるんですね、失礼ながら思いました。)

    選択肢があるなかで、迷っても結局一番最初に選んだものがいい、ってのに似てるですかね。
    どことなく。

  30. あきころん より:

    よかったです。
    コメントが、感動した派と動揺した派に分かれている所もよかったです。

    え?私は前者ですよ。
    ウソじゃないですよ。
    本当ですよ。
    絶対ですってば。

  31. クロ より:

    感動なされた方が大多数で、
    「さっさと拍手したほうが得策だったろうに」と考えた自分の感性が疑わしくなってしまい申した。
    自分の選択に自信がもてない人生は私の場合まだつづきそうです。

  32. まこ より:

    自分を振り返ってもし戻れるならと考えてみましたが、やはりこれまでであった人たちとの出会いも消えてしまうことも考えると、戻らなくていいや、と思いました。いろいろ不満はあるようの思っても、思い返すとそう悪くない人生かもと思い直しました。このサイトをみて、まじめに考えたことは今回がはじめてですが。。

  33. KAKERU より:

    感動しました。
    東京マラソンの宮崎アナがゴールした次に感動しました。

  34. love より:

    初カキコです ^^
    とても素敵なお話で 感動しました☆
    今の自分の心理状態を反省しました。。。
    こんな感じのショートショートを集めた文庫本が発売されたら
    間違いなく飛びつきますww

  35. 匿名 より:

    本当に感動しました!

    ところで気になったのは新宿の妹の話がおわっていないようなきもします(^-^;)

  36. んが より:

    ぉ、おぱい・・・。

  37. Ley より:

    ただ感動するだけじゃいけないんでしょうね。
    これを発表することによって
    ゆうきゆうは何を伝えたかったのか。
    が知りたいです。

    いつものように解説がないってことは、その答えは一人一人出そうってことなんでしょうか。。。

  38. 3232 より:

    泣けました。

    タイトルのパンパンパンを
    あるやらしい擬音と直感した
    自分に泣けました。

  39. 西沢浩一 より:

    感動しました!
    素晴らしすぎる!
    いろんな人に教えたいと思います!(^^)!

  40. 本当に泣けました。
    メルマガで泣いたのは初めてです。
    キーボードに鼻水が落ちていました。

    「パンパンパン」ってタイトルを見た時に、「ずいぶん直球だな~」と思っていた自分に対しての涙も少し入っています。

  41. とやま より:

    こういう「過去をやり直したら人生が良くも悪くもすべて変わってしまう」という話を見ると、別に戻っても戻らなくてもどっちでもいいんじゃないか、強いて言うなら戻った方が良い人生を送れるからいいんじゃないか、としか思えない自分は人として何か間違ってるんだろうか…。

    今いる人が消えても、別の人が生まれるだけだし、そもそも生まれないなら何の問題もない。
    自分がその「消える」当事者だったとしてもそう思うんだけど、オカシイんだろうか。

  42. マーチのコアラ より:

    これを読んでから、
    もう一度やり直せる位の、気軽な気分で生きていこう♪と思ってたら、
    急にいろいろ上手く行って、
    友達が増えました!!

    不思議ですね・・!

    今まで肩の力入れ過ぎてたのかもなぁ・・。

    ありがとうございます!

    他のことも、
    もっと上手く行きそうです(*^^)v

  43. 川島 より:

    >「うん。ハッキリ決めるなら、『20秒以内に3回手をたたく』なんてどう?」
    >「なるほど。それでしたら無意識にやってしまう可能性も減りますね」

    一本締めとか拍手とかしたら過去に戻っちゃうじゃん!
    と考えて最後に全然感動できなかった俺は異端

  44. ヨン様ッペ より:

    やばい。涙ぐんじゃいました…。

  45. 氏家 より:

    この手の話、弱いです。ラストで泣いちゃいました。
    星新一さんのショートショートでタイトルは忘れましたが、鍵を拾った男の話を思い出しました。

  46. 匿名 より:

    >とやまさん
    人間として未熟なのだと思います

  47. マン より:

    拍手できないじゃん!って思いながら読んでいたのに最後感動してしまいました・・・。

  48. yuma より:

    今さらながら、初読です。

    小さい頃に絵本で読んだ
    「まほうのゆびわ」という昔話を思い出しました。
    (民間伝承ではなく、たしか作者のいる創作童話だった気が。)

    出先で大鷲を助けた貧しい若者が
    何でも一つだけ願いの叶う魔法の指輪をお礼に授かり、
    帰途の宿屋で主人にそのことを話す。
    宿屋の主人は酔わせて指輪をすり替えるが、気の好い若者は気付かない。
    若者が発った後、「部屋いっぱいの金貨をください」と願うと
    降り注ぐ山盛りの金貨に埋もれて宿屋の主人は圧死してしまった。
    一方の若者は、帰郷して何を願おうか嫁さんと相談する。
    嫁さんは広い畑が欲しいだの牛馬が欲しいだの言うが、
    「そういうのは働けば買える。たった一つの願いは、
    もっと魔法でなきゃ叶わない特別なものでないと」
    と、頑張って稼いで次々と手に入れていく。
    その後も嫁さんはあれこれ品物を挙げるが、その度に
    「それは努力すれば自力で買える」と答え、
    いつしか村一番の大富豪になっていた。
    もう指輪の話題が出ることもなくなり、
    葬儀の際、由来を知らない子や孫達は
    「きっとお父様の大事な品なのだろう」と、そのまま土下に納棺した。

    みたいな話でした。
    僅かな収穫物→鶏(→卵)あたりから始まって、豚・牛・馬・家屋敷に召使いと
    わらしべ長者ばりのテンポでどんどん交換物がグレードアップしていく展開は
    いかにも子供向けの昔話絵本だけど、
    「魔法の指輪」というワクワク感のあるキーアイテムが
    物語のしょっぱなで大して役にも立たずいきなり用済みになったのは
    子供心にショッキングで唖然としました。
    大人になった今改めて思うと、なかなか味わいのある寓話です。