1/3で話して。 「モテロボ」

僕は、女性経験がない。

今は24才。社会人になって2年目だ。
つとめている会社のランクにしても年収にしても、決して悪いとは思えない。

しかし、恋愛がうまくいった試しがない。
好きなコを前にすると、緊張して思ったように話せないのだ。

そんな僕の家に、こんなチラシが入っていた。

「モテモテ研究所、受講生募集! ~ロボットで安心!」

 

僕は、あらためてチラシを見つめる。

意味がまったく分からない。
そもそも、モテモテ研究所というネーミングのセンスのなさ。

くわえて「ロボット」という組み合わせ。

「安心」とあるが、安心のカケラも感じられない。

しかしどことなく、興味が惹かれる広告だ。

僕は好奇心がおさえきれず、ついその研究所に向かってしまった。

「あの…」

中に入った瞬間、受付嬢と思われる女性が、こう言った。

「いらっしゃいませ! モテモテ希望のお客様でしょうか?」

ここは、もう少しオブラートに包むことを学んだ方がいいと思う。

「………」

「モテモテ希望ですよね?」

「あ、あぁ、はい、まぁ…」

「モテモテ一丁、入りましたー!」

何なんだその案内は。
僕は心から切なくなった。

彼女は言葉を続ける。

「お客様は、なんと記念すべき1000人目のお客様!」

「え、ええっ!?」

「…の、999人前のお客様です」

うん。
それ、一番目の客ということだよね。
一人しか来てないんだよね。

僕はそう思ったが、ツッこむ間もなく、彼女は言葉を続けた。

「記念に当研究所のコース、何と10%増しでご案内いたします!」

それ、値上げだよね。
明らかに記念されない方がいいよね。

しかし彼女はさらに言葉を続ける。

「お客が少ないもので、あえて薄利多売の逆で行こうかと」

「それ、こなれた日本語で、ボッタクリって言うんだよ」

「それでお客様、コースのご案内なんですけど」

人の話を聞いていない。

「い、いや、悪いけど、ちょっと帰ろうと…」

その言葉に、彼女は慌てて言った。

「ま、待ってください! うちの研究所で講習を受けて失敗した人は、今までに一人もいないんですよ!?」

「え!? そうなの!?」

「はいっ!」

「………」

「………」

「いま、一瞬ダマされそうになったんだけど、それは僕が最初だからだよね?」

「あ、気づきましたか?」

「………」

「で、コースのご案内なんですけど」

ここまで相手の都合を考えないのも、スゴイと思う。

「コースは、松竹梅の一種類となっております」

「え? 三種類じゃなくて!?」

「『松竹梅コース』の一種類です」

「それ、コース名、変えた方がいいと思うよ」

「貴重なご意見、参考にさせていただきます」

「それ、スルーするときの定番文句だよね」

「このコースでは、ロボットを使用します」

「ロ…ロボット?」

「えぇ。お客様、好きな人を前にして、緊張してしまうことって、ないですか?」

「あ、あぁ…。ある…。それで何も言えなくなって…」

「そんなお客様にピッタリです。お客様には、当研究所で作成したロボットを前にして、会話をしていただきます。それに慣れることで緊張をなくし、同時にロボットの誘導によって、自然な会話を学んでいただくという…」

「………は!? ロボット相手に会話をするの?」

「その通りです」

「い、いやっ! でも、ロボットなんて相手にしたって、ぜんぜん現実感ないよ!? 緊張を減らす訓練になんてならないだろうし、ロボットの誘導なんて言ったって…」

「それが、そうでもないんです」

その声は、僕の後ろの方から聞こえてきた。
目の前の受付嬢は、何も話していない。

「え?」

僕は慌ててその方向を振り向く。

そこには、今、目の前で話している受付嬢と、まったく同じ顔をした女性が立っていた。

「え、ええ!?」

「驚かれましたか?」

「…ふ、双子ですか?」

僕は必死に考え、言葉を絞り出す。
しかし後ろの女性は、にこやかに笑いながら、首を振った。

「実は、お客様が今まで話していたそのコ、ロボットなんです」

「………」

彼女がそう言うと、さきほどまで会話をしていた受付嬢は、静かにうなずく。
同時に顔に手を掛けると、キイという音ともに、「顔」をはずした。

「…!?」

顔の下から、無機質なパーツと、電気配線が現れる。

この驚きをあらわす言葉が見つからない。

「このように、当研究所では、限りなく人間と区別がつかないロボットを作ることができます。そして同時に、高度な人工知能により、自然な会話を行うことができるのです」

「…す、スゴイんだね…」

「ですのでこちらでロボットを相手にして話し続ければ、いくらでも会話に慣れ、同時に会話力を鍛えることができます」

「き、鍛えるというと…?」

「ある調査では、人間は会話の総時間のうち、ちょうど1/3こと、33%の時間だけ話した場合に、もっとも好感度を得ることが分かっています。逆に言えば2/3は、『聞く』ことに徹することが大切なんです」

「し、知りませんでした…」

「今、ロボットの彼女は、ほとんど一人で話してましたでしょ? あまりお客様の話を聞いてませんでしたでしょ?」

「………は、はい。そういえば」

「微妙にイヤな感じだったんじゃありませんか?」

「思い切り同意します」

「このように人は、話しすぎると印象が悪化するんです。ある意味、そのデモンストレーションでもあったんです」

「は、はぁ…」

「そして同時に、お客様の『聞く』ことを鍛える意味もあったんですよ」

「!? そ、そうだったんですか…!?」

「えぇ。お客様、鍛えられたからなのか、さきほどよりも、魅力的な感じに見えますよ」

「………」

これはセールストークなんだろう。
そう思いつつも、そう言われてみたら、イヤな気持ちはしない。

「どうでしょうか、お客様。受講されてみますか?」

「う、うーん…」

「ちなみにロボットは、どんな顔にでもすることが可能です。お客様の好きな相手と同じ顔でも。またロボットの体型もあらゆるパターンを用意していますので、どんな女性でも再現することができます」

「…えっ!?」

「また男性タイプも用意してありますので、お客様がそういうご趣味でしたら、どんなタイプの男性にでも」

「いや、それはさすがに結構です」

「そうですか…。それで、どうされます? こちらで半年も学んでいただければ、どんな女性も高確率で落とせる人間に…」

「は、半年もかかるんですか!?」

「そうですよ? 千里の道も一歩からと言いますよね?」

半年。
半年なんて、待ってられない。

僕は今すぐに、人間の彼女が欲しいんだ。

そして彼女と、あんなことや、そんなことを…。

そのときだ。
僕の心の中に、あるアイディアが浮かんだ。

「………」

「どうされますか?」

「…たとえば、なんですけど」

僕はそう言いながら、静かに自分の勝利を確信した。

半年も、待つ必要はない。

(つづく)

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 話す時間は1/3くらいにしましょう。

というわけで、今夜の更新は小説です。
たまにはこんなのもアリということでお願いできれば幸いです。

この男が考えたアイディアとは!?
そしてこの話の結末とは!?

次号「都合のいい男」をお待ち下さい! 


コメント

  1. コンビ二 より:

    一番乗り~
    小説だったんですね・・・最初観て何だ?と思っちゃいました♪

  2. みゆ より:

    なんだあ~♪ゆう先生思いっきり元気じゃないですかwwこんなに妄想炸裂なんて元気百倍ですね!

    最初、24歳で経験がないってとこ、ゆう先生のことかと思いました。w

  3. う゛ぁりとら より:

    どんな女性でも再現することができるロボを彼女にしてしまえば、凡俗な人間の彼女などいらなくなるじゃないですか(爽)

  4. 匿名 より:

    >話す時間は1/3くらいにしましょう
    デートする前に、「今日の会話時間は一時間でいい?」とか聞いておかないと、ぴったり1/3をコントロールするのが難しいのではないか?ww
    ゆう先生の想像力ってすごい!芸人デビューしたらヒット必至ですね!

  5. 想像力欠乏 より:

    >話す時間は1/3くらいにしましょう
    デートする前に、「今日の会話時間は一時間でいい?」とか聞いておかないと、ぴったり1/3をコントロールするのが難しいのではないか?ww
    ゆう先生の想像力ってすごい!芸人デビューしたらヒット必至ですね!

  6. 匿名 より:

    これ、双方が1/3で話そうとしたらどうなるんでしょ?

  7. ちっちゃな頃からエロガキで より:

    好きな相手の顔と体型のロボットをもらえばいいということですね!

  8. 匿名 より:

    i wanna read after story.
    better hurry

  9. england より:

    i wanna read after story.

    please write.

    the sooner , the better

  10. より:

    これ、ソウさんの漫画でも読んでみたいっすねー!

  11. ゆん より:

    相手のロボットを好みにしたてあげ、借り出して彼女扱い。・・・じゃないですか?だって私ならそうします(笑)

  12. 通りすがり より:

    予想…

    ロボットを彼女にする…。

  13. れお より:

    ロボットを彼女にするってのはまず予想するけど・・・
    そうすると「あんなことや、そんなこと」ができない気もするな。
    ゆう先生の大好きな胸も硬そうだし;

  14. 匿名 より:

    ロボットを彼女にするとか、ロボットを自分の姿にさせて意中の人に突撃させるとか・・・?

  15. みか より:

    あっわたしもソウさんの絵でこれのマンガ読みたい!

    このストーリー面白いですww

  16. ダーツ より:

    「ロボットを彼女にする」っていう方法でいくと、小説の中のロボットからして、ロボットの販売価格がとてつもなくすごい値段になると思うのですが・・・

  17. 匿名 より:

    受付嬢と同じ顔のあの人に、ある程度受講した後に交際を求めるんだ。
    そして断られたらこう言えばいい
    「この講義が役に立たないことを認めるんですね」と…
    適当に言ってみただけだから気にしないで

  18. 匿名 より:

    裏の裏をかいて
    第三者の良い噂で恋愛成功率があがるという方法を利用し、ロボットが巧みな話術を駆使し、意中の相手にその女性経験がない人の良いところを植え付け、とどめに気になるよう仕向けるとか!
    女性を「誰か」という限定がないのでタイプの女性の範囲でならいくらでも挑戦が可能です。この方法だと向こうから声をかけてくる可能性もなきにしもあらずなので「モテモテ」という理論が通ります。それに本人にとっても精神的ダメージが少なくなります。人間でも可能なことかもしれませんが、人間には少なからず嫉妬が絡んでくるので、その人のためにそこまで尽くす人が現れる可能性は低いと思います。
    この話の冒頭からもロボットはどちらかというと話す方が長けてるように感じます。機転が利いてて面白いです。
    噂を操り意中の人の心をある程度女性経験のない人に惹きつけることは可能でしょう。
    ただ問題なのは理想のロボットを駆使出来るという設定を全く無視した予想だからです。

  19. 匿名 より:

    ゆう先生、モーニング女医のころと比べて
    方向性というか芸風変わりましたね

  20. 深森 より:

    「自分とそっくりのロボットを借りる」でファイナルアンサー。

  21. Mishika より:

    つまり。
    三人で一人頭1/3ずつしゃべれば一番みんなが好感を持てるってことですね?
    ということは、二股が理想的なんでしょうか…。

  22. 匿名 より:

    いや~~・・・♪
    ゆう先生の高度なツッコミテクは
    「疲れたこころに効くサプリ」デスね☆

    もしかして。。。。
    この24才男。
    典型的「おたんちん」では?!(笑

    おたんちん男の野望・後編。
    期待してます★

  23. はららん より:

    >>21
    それ、プラマイゼロになると思う

  24. KAKERU より:

    まさか、小説だったとは思いませんでしたね。
    実際のことかと思いました。
    ほら、もしかしたらゆう先生のところにそういった相談が来たのではないかと言う想像までしていましたね。
    そうではないのは、残念ですが……続編が気になります。

  25. ラララライ♪ より:

    > 13さん
    ゆう先生の大好きな胸も硬そうだし;

    ↓これを装着させちゃえば解決かも!?(笑)
    http://sinri.net/day/94.html

  26. 匿名 より:

    そのうちロボット相手が良いやになる気がした

  27. 匿名 より:

    >>17
    それだ!

  28. わんちゃん大好き より:

    推理小説っぽく読んで考えてみました。
    ロボットが男性にもなるというところに伏線が張られているのですよ。きっと。
    そして、自分が半年もかけて学ぶのではなく、すぐにできること、
    そして、女性の前で緊張して話せない自分の代わりに、好感度を上げる1/3話すことができるのは自分の顔をしたロボットです。
    ロボットに学ばせるのは、彼女なのです。
    文章をよく読めばこんなにもヒントがいっぱい!ですよね?

  29. マシュマロ より:

    新シリーズ始動!?

  30. りりす より:

    みなさん書いてますけど、わたしもロボットを自分の好みにして彼女にするんだと思うな~一番手っ取り早いもんw

  31. より:

    自分好みのロボットを作れば「今すぐ」達成・・・。

    この定番的な考えをどう裏切ってくださるのか楽しみにさせていただきますねw