平中の恋。 すっぱいブドウ

あなたは、大好きな女に振り向いてもらえないときに、どうしますか?
その男は、恐ろしいことをしようとしたのです…。

今夜は、今昔物語集の中から、ややアブノーマルな話をお届けします。
ほんのちょっとオトナ向けです。ご注意を。

 

こんばんは。ゆうきゆうです。
今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな話をどうぞ。

◆ プレイボーイの愛した女。

あるところに、平定文という男がいました。

彼は都でもプレイボーイとして有名で、通称を「平中(へいちゅう)」と言い
ました。

へいちゅう。

なんか進化してピカチューになりそうと考える僕は、ちょっぴりポケモン世代
です。

そんなモテモテの彼は、あるとき「侍従の君」という女を好きになりました。

まぁ、「侍従の君」というのは「侍従をしている女性」くらいな意味。
今風に言えば、「メイド喫茶勤務のA子さん」ということになります。
ぜんぜん違いますか。

とにかく彼はその侍従の君への思いをつのらせ、何度もラブレターを送りまし
た。

しかし、彼が何度送っても、返事は来ません。
男ならこういう体験、結構あると思います。

そして彼は思いあまって、手紙にこう書きました。

「もしこの手紙を見たのなら、ただ『見た』(古文では「見つ」)と、ひと言
だけでもいいので返事をしてください」

切ないです。

僕の友人も「見た証明に、そのまま返信だけでもしてほしい」とメールしてい
たことがありましたが、それすらもスルーされていました。

いずれにしても、「返事を強制される」ほど、人はかえってそれがイヤになっ
てくるもの。当然といえば当然の結果です。

それでも、ただ返事を心待ちにする平中のもとに、なんと侍従の君からの手紙
が届いたのです!

大喜びで手紙を開く、平中。

すると、彼の手紙から「見た」という文字を切り抜いて、ただそれを貼り付け
ただけの紙が入っていました。

切なすぎです。

日本史上、最初で最悪のコピー&ペーストかもしれません。

どう考えても、書くより、切って貼る方が手間だと思うんですけども。

「てめえに読ませる文字は一文字たりとも書かない!」

という強い意志を感じます。徹底しています。

◆ 平中、うしろー!

そこで彼はさらに思いあまって、彼女の家に忍び込むことにしました。
そう。「夜ばい」です。

この時代、「最初のデート」=「夜ばい」は普通でしたが、それでも一応、二
人の了承が取れてからです。

それを省いて、とにかく実力行使に出ようとしたわけです。

そして、その夜。
彼はついに、彼女の寝室に入ることに成功しました。

ようやく会えた、愛しい女。

「会いたかった…!」と言いながら、平中は彼女を抱きしめました。

すると、嫌がるかと思えた女は、微笑みながら、言いました。

「まぁ…。わざわざ来てくれるなんて、光栄です…」

思わぬセリフに驚き、そして喜ぶ平中。
彼女は言葉を続けます。

「…あ、そうそう。玄関のカギをかけるのを忘れてましたわ。ちょっと待って
てくださいね」

「あ、うん! 早くいっておいで!」

待てーーー!

それは待てーーー!

なんかもう、読んでる我々の方が、その後の展開が読めそうなんですが。

もう、言うまでもありません。

女はそのまま、逃げてしまいました。

女性に「ペットにエサをあげわすれた」という理由で帰られたことのある自分
には、心が痛すぎる話です。

◆ すっぱい女。

せっかくのチャンスまでムダにしてしまった平中。

もう、彼女は決して、自分の方を振り向いてはくれないだろう。

そう思うも、彼女への炎は燃えさかるばかりです。

ここで心理学では、「すっぱいブドウ」という考え方があります。

キツネが甘そうなブドウを見つけた。
でも、どうしても取れない。

そんなときに、

「ふん、あんなすっぱいブドウなんて、いらないよ!」

と考えたという童話に由来します。
ショックを和らげるため、考えを変えるわけです。

ここで彼も、同じように、

「あの女は、思ったほどイイ女じゃない」

と考えようとしました。

しかし。

いくらそう考えようとしても、それは不可能。

目を閉じるだけで、彼女の顔が浮かんできます。
横になるたびに、一度だけ抱きしめた、彼女の感触を思い出します。

こうなると、男の心は狂います。

彼はブドウをすっぱくするために、最悪の手段に出ました。

愛しいあの女だって、人間だ。

トイレだって、行くだろう。

そう。

「それ」を見てしまえば、百年の恋も、冷めるに違いない。

さぁ!

彼の行った、恐ろしい行動の結末は!?

果たして彼が目にしたモノとは!?

次号「開けちゃだめぇ!」をお待ち下さい!

(つづく)

そして、ちょびっと次回の先取りです。

そう決めたら行動は早い平中。

彼は再び、彼女の屋敷に忍び込みます。
二度も侵入を許してる時点で、なんら学習能力がない気がしますが、
そのあたりはツッこまない方がいいのかもしれません。

さてこの時代、「トイレ」なんてものはありませんでした。

そのため、ある程度身分の高い女性は、部屋の中で小さな箱の中にして、
それを家来などに片付けさせるのが一般的でした。

ですので「流される」心配はありません。

さぁ!
条件は(嫌な意味で)そろいました!

彼は廊下に隠れて、家来が持ってきた箱を奪い取りました!

そして、夢中で開けました!

すると!

 

中から、信じられないほどに、いいにおいがただよってきたのです…!

その理由とは!?

次号をお待ち下さいませ。
まぁ、有名な古典なので、知っている人も多いと思うんですが。

いずれにしても、ここまで遊びに来てくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 初めてコメント書きます。 より:

    いつも楽しく読ませていただいてます。

    すごく気になります。
    早く続きを...

  2. kazu☆ より:

    彼女に対する熱い思いのがある反面、
    彼女を諦めたい!という思いでの行動、
    なんだか切なすぎです…

    もう少し他の方向で頑張って欲しかった…。

    さて、話変わって最初のピカチュー♪
    最近ではピチューってのもいるらしいです!
    最近知ってビックリしました。
    10代にも関わらず時代についていけてない感じが…

  3. バラバラ より:

    100年経とうが1000年経とうが男と女はぜんぜん進歩なしってことでしょうか?

    光源氏さまも年上の女性の扱いに困ったように・・・・

    あ?本を読んでみようっと

  4. 歌舞伎町の女王 より:

    今日は。

    侍従の君は随分とよい趣味をお持ちですね。
    感服致します。

    平中も凄い執念ですね。
    その力をもっとほかの事にむけたらとおもったのですが、好きなことに対する力だからこそだと思いましたので、そんな野暮なことは言わない様にしましょう。

    続きがとても気になります。
    次回も楽しみにしております。
    それでは、然様なら

  5. 匿名 より:

    このお話、中一のとき、国語の先生から聞きました。
    その先生は、他にも。
    黒板に難しい漢字熟語を書き並べる中、
    突然「雲古」などという単語をいれ
    「あれ?」
    と顔をあげるとニヤッと笑いました。

    今思うとスカトロ気味の先生だったのですね(笑

    ・・・そういうわけで。
    中一のときには。
    聞いたこのお話は
    「ちょっと間抜けな古典だな」
    と思ったぐらいなんですが。

    大人になって考えてみると。

    案外、そんなものを見たら百年の恋も冷める・・・どころではなく。
    その艶めいたモノを見てしまったことで、余計、男の恋は燃え上がるんではないでしょうか・・・?

    「おまえの雲古見たゾ・・へっへっへ」
    「・・いやん」

    ・・・・なんていう嗜虐的なプレイもありか?
    と思えたりします(笑

    この「侍従の君」はその展開まで読んで。
    冷たく男からかいに徹しているあたり。

    思わせぶりな素晴らしい古典デスね☆

  6. ゆみ より:


    そうそう、私もその話、高校1年生の時の古典の授業で聞きましたよ。
    今思うと、その先生もそっち系の話がお好きでした。
    いつも授業がそっち系の話で脱線してました。

  7. あるふぁ より:

    私も国語でやったのを覚えてます。
    男の方が見ようとするのもどうかと思ったし、
    それに対する女の方の対応も「えー」って感じだったけど…
    それに対する作者の「イイ女は斯くあるべきだ」って感想に一番引きました。
    そういうことする女って「イイ女」なんでしょうか? 悪趣味だと思うけどなぁ。

  8. K より:

    いつも楽しく見ています。あと以前、ゆう先生が出演されてたテレビ番組も見ました!
    で、この話ですが、僕も高校の古文の時間に聞きました・・。なんか、聞き覚えのあるストーリーだなと思いながら見ていましたが・・・。
    ちなみに僕は、この話を女性の古文教師に授業で教えてもらいました・・。

  9. より:

    今マサに平中!って知人がいる為かちょっと油断して“侍従の君”の気分で読んでしまい、心から心から、ゲゲッって思ってしまいました…。

    先が思いやられますが、早く決着を付けて欲しい気分もアリ、先が気になります。

  10. しん より:

    続きが気になります♪

  11. 匿名 より:

    芥川がこれをもとに小説にもしてましたね。
    彼の小説ではさらに……

  12. シリウス より:

    続きを楽しみにしています。

  13. える より:

    続きが気になったのでついググってしまいまいしたが、……へ、変な結末ですね。うう、色々な意味で嫌かも。

  14.   より:

    まあ……アレですね。その、感覚が当時と今とでは違いますものね……ということに。

  15. 匿名 より:

    ああ・・ウンのつくものを連呼する先生確かにいましたねー。中学の歴史の先生でした。
    女にもてたくてマッチョになったと青春時代を描写する先生は女生徒にあまりもててませんでした。
    切ない・・・・んですかね?

  16. かとゆ より:

    今も昔も・・・なんですね。

    一枚も二枚もうわ手な侍従の君に心を乱された平中、恋の病で死んでしまうんですよね?
    たしか・・・

  17. まさ より:

    原文は読んだこと無いですが、侍従の君は、たぶん「侍従をしている女性」ではなく、「お父さんか夫か兄弟あたりが、侍従をしている女性」という意味だと思います。

    今で言うなら「執事喫茶の執事をやってるお父さんがいる女性」くらいの意味でしょうか。

  18. Fraud より:

    ところどころに入る先生の自分ツッコミ・感想が何故か生々しく、リアルさを増しますね☆

  19. miyamotoya より:

    コピー&ペーストというよりも、「物理的カット&ペースト」…。

  20. 匿名 より:

    トイレを覗いたら男性のアレがついて実は男に惚れてしまったというオチをちょっとだけ思い浮かべたのですがどうやら違うみたいですね。

  21. 匿名 より:

    「ピカチュー」という単語を見た瞬間、
    「ピカチュウのパクリか?」と思ったらただ間違えてただけですか・・・
    ちなみにピチューは8年以上前からいるそうです。

    今昔物語を一度原文で読もうとして断念したことがあり、翻訳されたものを読もうと思っている今日この頃です。

  22. ちこくおう より:

    ピチューは進化するとピカチュウになります。
    そしてピカチュウは進化するとライチュウになります。

    さらに僕は夜になるとアル中になります。

  23. コイ より:

    私は、へいちゅうと聞いて
    ヘイポーを思い出してしまいました
    へいしか合ってないのに…
    ヘイポーはドMだそうなので、
    この女性の仕打ちにも耐えられるかも

  24. さかさなみだ より:

    恋心にすっぱいぶどうの考え方は、なかなか難しいですよね。
    好きになったら、何が何でも好きだし。
    女性だって好きな男性をあきらめるのは大変。
    他の人を好きになる以外方法がないのでは?
    ウ○○を見ても、ゲ○吐くの見ても、あきらめれないと思う。
    平中は他の女性に興味を持つことにエネルギーをつぎ込むべきだよね。

  25. 風林火山 より:

    侍従というのは官職名で、中務省の従五位下になるはずです(少しうろ覚えですが)。この時代、女性が官職につく事はなかったはずなので、17でマサさんが書いているような感じなのでしょうね