コメント

  1. 匿名 より:

    時々拝見しております。
    なにやらわかる気がしました。
    自分自身素養を褒められることはあっても行動を褒められたことが無いですし、見事に自信無いメンです。
    これって自分で自分の行動を褒めても効果はあるのでしょうか・・・?

  2. 匿名 より:

    >ちなみに「ミニスカ娘」時代の大活躍を見たい方は、
    >こちらの単行本掲載の描き下ろしで。

    さりげなく、本の宣伝…w
    「ミニスカ娘」時代の大活躍を読みたくなるじゃないですか、先生…w

    8月26日(日)に、銀座で心理学オフ開催のイラストのこがねさんを見て、水着ではなく下着姿だと思うのは私だけ…?

  3. 匿名 より:

    頑張れじゃなく、頑張ってるねと言うのがいいと言われるようになった頃
    大きな災害で大変な目に遭って
    その時遠方の友人から無邪気にそう言われて腹が立った。
    すごく上から目線で他人事のように感じたんだ。。。
    頑張れって言われた方がマシだった。

    今回の話は「頑張れじゃなく頑張ってるねと言うのがいい」じゃなくて
    「才能があるより頑張ってると言う方がいい」だから違うことは承知の上で
    あえて言います。頑張ってるね、は危険です。
    結局何と言うかが大事なんじゃなく「聴く」のが一番なんでしょうね。

  4. 匿名 より:

    信頼している人からの「頑張ってるね」と
    そうでない人からの「頑張ってるね」は
    心への届き方が全然違う。
    その言葉を「誰が」発したのかも重要。

  5. 匿名 より:

    ミニスカ娘とか豪華脚線とか。
    どんな妄想からこのようなキャラクターが生まれるのか疑問です。
    どのように漫画の原作となるようなネタを考えているのか一度、ゆう先生に教えてほしいです。