マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第52回「トイレに行くのは、過敏性腸症候群?」

第52回「トイレに行くのは、過敏性腸症候群?」

マンガで分かる心療内科更新です!

現在、ゆうメンタルクリニックマンガで分かる心療内科・精神科in渋谷の方で掲載しています。

ゆうメンタルクリニック渋谷院も開院しておりますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。


コメント

  1. 匿名 より:

    図書館とか本屋さんとかでもよおしてしまうのも過敏性腸症候群でしょうか?

  2. 匿名 より:

    一時間に一回って多いんでしょうか?
    各駅停車って言ってるから病的なのは10分も待てないとか?
    普通より頻繁だと思うのですが、病的なラインがどこらへんなのかがわかりません。

  3. うーろんちゃん より:

    これの知り合いの女の子がいますが、可哀想なくらい本当につらそうでした。
    心療内科に通って、全快しないまでも漢方や環境の変化によって大分楽になったそうです。
    お腹って大事です

  4. 匿名 より:

    昔ストレスが多い時期、そうでした。
    最近はトイレに行く回数も減り、お腹も元気です( ´ ▽ ` )ノ

  5. 匿名 より:

    いとこのコガネさん(と執事)が登場すると、この漫画は毎回変な方向に行くような気が…。

  6. 匿名 より:

    いや、コガネさんのキャラは好きなんですけどね。
    毎回この漫画がどこかにぶっ飛んでいく気がするのです。
    今回の漫画は中身が強烈でした。

  7. 匿名 より:

    クリニックトップページのあすなさんを見ててふと思ったんですが
    診療所で働く精神科の看護師さんは普段どんな仕事をしてるんでしょう

  8. 匿名 より:

    このマンガを読んだ後、ページの下に出てきた、おとなの1ページ心理学の表紙を見ると、
    「便秘?してないよ」と書いてあった。

    よく見たら「浮気?してないよ」だった。

  9. 匿名 より:

    自分が過敏性腸症候群のガス型で凄く悩んでいるので、取り上げていただいて嬉しいです。
    (呑気症も考えられるとも言われましたが…)

    たぶん環境を変えるのが一番なんでしょうけどね。

  10. 匿名 より:

    子供の頃、かくれんぼしてるとオシッコしたくなった。
    特に鬼が近づいて来た時は最高潮!
    でも終わるとしたくなくなる、不思議。

  11. 匿名 より:

    便器で食事、
    古代中国だか古代ローマだかで実際にあった気がします。
    近年でも、台湾でネタ的に便器椅子・便器型食器のレストランができて、人気だそうです。