コメント

  1. 匿名 より:

    容量ではなく用量では。

  2. 匿名 より:

    僕はADHDですが、糖質制限の漫画にもコメントさせて頂いたとおり過食症も患っております。
    そしてここ数年はずっと意欲の生じない状態が継続しており、ほとんど寝て過ごして時間や命を無駄にしている心苦しさがあります。
    今回の漫画で、腑に落ちる部分も多かったです。

    16歳の頃から9年に渡り薬を服用(現在はデプロメール、メイラックス、デパス)しているのですが、薬を変えたわけではないのに体調も良く充実した日々を送れていた時というのは心からやりたいことがあったからです。
    しかし自分のやりたいことが分からすアニメや読書さえも億劫に感じてしまう(そもそも集中できない)自分に必要な物は当時のような明確なやりたいことや志だと思いました。
    ゆうせんせいの勉強本やまや先生の本も昔は楽しく読んで活用していたのですが、意欲が起きずにやりたいことも見つからない今の自分には、メソッド達も有効活用出来ていない状態です。

    やりたいことが分からない、やる気が起きない。
    そんな自分に向いているゆう先生の本があったら読んでみたいです。

  3. 匿名 より:

    7歳の子どもが『自閉症スペクトラム』と診断されたのですが、漫画を読んでいるとADHDの行動にも似ている気がします。
    (ADHDが多かれ少なかれ誰にでもありえる症状だからでしょうか?)

    専門のお医者さんが発達障害の診断をどの様に線引されているのか知りたいです。

    ちなみに子どもは怒りの感情が発現しやすく行動が自分でコントロールができなかったり、他のクラスメイトの行動に添えず授業中窓の外に向かって呼びかけたりなかなか教室に戻らないなどが多いです。