マンガで分かる心療内科in池袋西口 アドラー心理学 第5回「幸せ=貢献である!」

アドラー心理学 第5回「幸せ=貢献である!」

マンガで分かる心療内科が更新しました!
こちらは「ゆうメンタルクリニック池袋西口院」のサイトで!

また「ゆうスキンクリニック(池袋皮膚科)」もお気軽に!「Q&A」もジワッとですが更新しています!

「アドラー心理学」ですが、11月25日に単行本として発売予定です!

同時に「モテるマンガ」の2巻も出る予定ですので、あと少しお待ちください!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    似せようとした感ないのに嵐に似ててすごい

    —————-

    ありがとうございます。「これがあの人かな?」みたいに自分は思って見ております。

  2. 匿名 より:

    それでもやっぱり働いたら負けだと思うし
    遊びながら生きていきたい。
    —————-

    うん、もっかい言うね?

    …とはいえ、でもこの考えを通して自分の道に気づくのであれば、それはそれでアリかなと。

  3. 匿名 より:

    一人で生きていても病気や飢餓の悩みからは逃れられませんよね。

    —————-
    そうですね。まぁ、何人かでいても、病気になるときはなるんですが。でも一人よりはラクかもしれません。

  4. 匿名 より:

    > 自分がいなくても社会は関係なく回っていくのでは?

    実際そうですよね。
    というかそうでないと困ります。
    たかが人一人いなくなったぐらいで社会が回らなくなったらやっていけません。
    社長や大統領が急にいなくなってさえも会社や国家は存続できるような仕組みになっていますし。

    —————-

    そうですね。それは人間が「システム」を作り上げているからなのかもしれませんね。
    まぁそうなんですけど、大切な人がいなくなったら悲しかったりしますよね。そういう風に「かけがえのない人」になることは大事なのかなと。

  5. 匿名 より:

    「人を幸せにすることが最大の幸せ」
    ではどんな幸せにするのか?と考えました。
    上の考えをそのまま当てはめるなら、人にも「人を幸せにすることが最大の幸せ」と伝える事(布教)が一番の他者貢献なのでしょうか。
    お礼を言うことも、人に「また人を幸せにしたい」と思わせる効果があるので、それに近いかもしれません。

    —————-
    そうですね。布教も含めて、伝わる人に伝わるなら「幸せにした」と言えるかもしれませんね。
    はい、お礼もその通りです。ありがとうございます。

  6. 匿名 より:

    人のためにと思って行動していった結果、自分にとっては大きめの借金を背負いそうになったことがあります。
    他人の幸せは勿論なのですが、その上でさらに様々な要素があるような気がします。

    —————-

    そうですね。もちろんですが「うまく進める」ということは、どんなことにおいても重要な要素かもしれません。
    でも「背負いそう」であって、リアル背負わなくて良かったですね、と思ったり。

  7. 匿名 より:

    他人に感謝されることに喜びを見出す、かぁ…。
    アダルトチルドレンとか、人格形成期に愛情が満たされなかった人って
    必要以上にそこに自分の存在意義を置いてる人いますよね。

    ナイチンゲール症候群?
    メサイア症候群?
    英雄症候群?
    (違いがよく分かってない…(汗))

    「自分が何をして楽しいか」という主観による満足ではなく、
    「他人から必要とされること」で「自分は価値ある人間だ」という安心感を得るというか。
    一見いい人そうで、尊敬されていて、何も問題なさそうだけど、
    自分の幸せが他者評価に依存し、実は中身はものすごく空虚でシンドイという…。

    —————-

    ありがとうございます。そうですね。
    世界とのつながりあってこその幸せかもですね。

  8. 匿名 より:

    一面の真理だからこそ、搾取する強者が押し付ける幻のニンジンと同じ言葉になっちゃうんですよね、「ありがとうを集める」ワタミとか。貧困女性にアンペイドワーク押し付ける社会的圧力とかと。

    ゆう先生、精神科医として、自己犠牲を内面化することで自爆するように潰れていく過労メンタル患者とか過労自死患者とかに関わる機会も多いと思うんで、そっちの目配りもあると嬉しいです。

    —————-

    いや、うん。過労死となると、もう体力とか気力とかのレベルになってきちゃうわけですが…。
    とりあえず「一般的に、人には何が幸せか」ということで、貴重な一つの回答を示していると思うのです。個人的に。
    いずれにしても、ありがとうございました。

  9. あうそ より:

    7の方:
    確かに、そういう人よくいますよね。
    で、相手の反応が期待したよりも薄いと、
    「あなたは感謝の気持ちが足りない!」とか文句言ったりします。
    自分も知らず知らずそうふるまってるのかも。気を付けないと。
    他者貢献とか、万人は対等であるとか、
    言葉を表面的にだけとらえると、ちょっと危険ですよね。

    個人的には前のお話でひめるさんが、
    「金持ちも貧乏人も殴ったら同じように死ぬ」みたいなセリフが最もゆるぎない真実であると感じました。(汗)

    —————-

    ありがとうございます。
    はい。死ぬか生きるかのセリフはひめるさんが常に、と思ってます。たぶん。少しでもさらに個性を。

  10. 匿名 より:

    ゆう先生がいつも仕事に前向きなのは、
    人に貢献することで、幸せを感じているからなのですね。
    この回を見て納得しました。
    いつも楽しく読んでいます^^
    —————-
    ありがとうございます~!めっちゃ嬉しいです~!
    コメントで自分も幸せいただきました!本当にありがとうございます。