コメント

  1. 名も無き者 より:

    「みんなって誰ですか?」って反論はもっともなんだけど小学生っぽく感じてしまう。

  2. 匿名 より:

    ゆう先生。
    いつもありがとう。
    少し気持ちが楽になります。

  3. 匿名 より:

    漫画自体は面白いんですが・・・

    みんなが俺を嫌ってる→
    「全員」が嫌ってる
    ではないと本人も分かってると思うんです。
    正確には「大多数が俺を嫌ってる」
    なんです。
    みんなじゃないけど、大多数の人に
    嫌われたり、失敗を重ねたりする
    そんな自分が許せなくて凹むんじゃないかと思うんですが。
    脳内ソースなんでなんとも言えないんですけど。
    ちなみに私は精神疾患はなく、今それなりに幸せを手にしてる方です。

  4. とも より:

    『過度の一般化』の悪用。
    言われた経験あります・・・。

    私は、『そうなんですね~。じゃぁ私から直接聞いてみますね!改善できることは努力します!(^^)で、どなたが・・・。』と尋ねたら、彼女たちは口ごもって、慌てて引っ込みました。その後、特に問題はありませんでした。

    状況は色々ですから、一概には言えませんが、やはり、『みんな』という言葉に振り回されたり、惑わされたりしないようにしたいなと思いました。

    ゆう先生、いつも、わかりやすくて楽しいお話をありがとうございます。

  5. 匿名 より:

    マゾハウスって…

  6. 匿名 より:

    「みんながあなたのこと悪く言ってる」、言われました。
    「みんなってどなたですか?私に悪いところがあったら謝りたいので教えて下さい」と訊いたら「それは教えられない」と返されました。
    「みんなが言ってるから」という言い方、本当にイヤですよね。

  7. Dark より:

    これは心理学というよりもすぐに「みんな」を持ち出してくる人々への警鐘なんなんだろうなぁ……と考えています。

    しかしOSAM→MASOかよwwwwwwwww

  8. 匿名 より:

    恐怖に駆られて「認知のゆがみ」を起こさないのも大変なことですから
    「したたか」とは少し違うのではないかと思ってしまったのですが。
    現代人の負っているリスクもストレスも昔よりだいぶ大きいので
    若い人を中心に押しつぶされる人が出てきても不思議はないと思います。
    またやはり過去の経験則から明白かつ重大なことはしないほうがいいと思います。
    なるべくさせないようにするのも大切かもしれません。
    小さいことならいいですが、大きいことでつまづくのは
    本人だけでなく周囲や後世に与える影響が大きいので
    可能なら避けたいところです。

  9. 匿名 より:

    そうそう・・・
    「男はスケベ」という鉄則?が次第に通用しなくなってきました。
    かつてでは考えられないことで驚きました。

  10. みちつ より:

    絶対なんてあり得ない
       ↓
    絶対なんて絶対にない
       ↓
      !?

    と、絶対に思ってしまいます、こういうとき(笑)

  11. 匿名 より:

    西洋科学だけでなく、日本固有の強みにも目を向けてみてください。
    そうすれば「ももんが医大」は世界最高峰を狙えるのではないかと思います。
    よろしくお願いします。

  12. 匿名 より:

    9巻楽しみにしています。

    ここまで巻数が増えると、目次があると便利でありがたいです。

    1巻の目次では「意味がない」なんて謙遜していたけど・・・

  13. 匿名 より:

    「みんな」を使いたがる人は自分の意見を誇張表現したんですよね。さも大勢の人間が自分の意見に納得してくれている、ような。

    ストレスが昔よりも大きくなったというよりも、ストレスに対して昔より人間が弱くなったんじゃないかな。

  14. 匿名 より:

    >>13
    神経にかかる負担が凄く大きくなってきています。
    また破戒を起こす人が増えたこともあり、
    少なくとも先行きが明るいと思っている人はいないのではないですか?
    このままではマズイと思っていても、なかなか話題にすることもできない
    現状が長続きすれば、その間に終わりとなってしまうかなと。

    物の道理からすれば、先は明らかに崖っぷちとわかっていながらも
    先のことはわからないと自分に言い聞かせている人が多いと感じているのですが、
    間違いならいいのですが。

  15. 匿名 より:

    短期決戦を制したい気持ちはわかりますが
    それが長期戦から見て真っ向からマイナスとなるのはやはり問題かなと。
    寿命も延びているみたいですし、
    やはり人生という長期戦を制するという観点も忘れてはならないかと。
    それには「敵に塩を送る」こともできないとマズイかなと。

    あと神経疲労も圧倒的に増えました。
    デジタル技術の発展で便利になりましたが
    扱う情報量も果たして何倍になっているのやら。

    キロバイトやメガバイトのころは、まだ良かったのですが
    ギガバイトやテラバイトともなると大変です。
    GUI(Graphical User Interface)になったとはいえ
    なかなか大変ですね。

    偉そうなことは言えませんが・・・
    ネタをお探しならアナログの時代のものもいいかもわかりません。

  16. 匿名 より:

    物質ばかり遺されて「今の若い人は恵まれていて良いね」と言われても
    途方に暮れるのではないのでしょうか?
    それを「弱くなった」と表現するのならば
    前の世代にも責任はあるのでは?

  17. 憂鬱なギーク より:

    確かに、皆とか、いつもとか、悪い一部を一般化して大きくしてしまうと何もうまくいってないみたいですよね。
    自分では言わないようにしてるのですが、家族が頻繁に言ってきます。
    確かに、おもいっきり鬱になりました。
    また、本当に皆から、成果を上げても罵倒されるとかなりへこみます。なにか良い方法ないですか。
    ちなみに、一人はワタミの社長と同じような話し方することがあります。

  18. みやこ より:

    今までコメント欄があったのに気づきませんでした。びっくり。
    毎回楽しく読ませて頂いてます。私自身も精神的に小さな症状をいくつか抱えているのですが、読むと少しだけ落ち着けて、またゆっくりと歩いて行こうと思えます。

    ところでゆうきさんはHSPについてご存じでしょうか。
    HSP=Highly Sensitive Personということで、ざっくりいうと「強く感じやすい人」のことを指すそうです。(変な意味ではないですよ)
    私もつい最近知ったのですが、日本人の5人に1人いると言われているとか。
    もしも余裕があれば、ぜひマンガで取り上げていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  19. 匿名 より:

    >>17
    そういうことをすれば、いずれは自分がやられる番が回ってくるということを
    しっかり教えるべきだと思います。これは昔は常識だったんですが。

    >>18
    安心できない環境で育つと過敏になるかもしれませんよね。