外国人なの?日本人なの?

ゆうくろ

あなたは、外国人か日本人か分からない人がいたら、どんな行動をしますか?

今夜はその行動を前にして、ある女医さんが起こした恐るべき行動をお送りいたします。

マヤ「突然だけど、聞いてくれる? 」

ユウ「は?」

先生のこの言葉は、クエスチョンではありません。強制です。

ユウ「なんでしょうか?」

マヤ「私、いつも朝に公園を歩いてきてるんだけどね」

ユウ「はい」

マヤ「そこに、毎朝ジョギングをしてる中年男性がいるのよ」

ユウ「はい」

マヤ「その人、すごく色が黒くて。同時に、サングラスかけてるの」

ユウ「はい」

マヤ「それで、黒人なのかな? と思って見てるんだけど、なんか日に焼けた日本人ぽくもあるの」

ユウ「ほほう」

マヤ「どっちだと思う? 」

えっと。

今までの情報から、どうやって分かれというのか。

僕は心から、魂の雄叫びを上げます。

ユウ「………」

マヤ「早く」

ユウ「………に、日本の公園なんですよね?」

マヤ「私が毎朝、ニューヨークのセントラルパークやイギリスのハイドパークを歩いて通ってると思うの?」

先生の背後から威圧感が漂ってきます。

質問一つたりとも気を抜けません。

ユウ「…だ、だったら、日本人じゃないんですか?」

マヤ「でもなんか、動きが外国人ぽいの。日本人にはないキレがあるのよ。腰のフリとか

その人がどんな走り方をしているのか、非常に気になります。

ユウ「じゃあ、黒人さんなんじゃないですか?」

すると、先生は言いました。

マヤ「でもね、その人、イヤホンしてるの。音楽聴きながら走ってるのね」

ユウ「はい」

マヤ「その音がものすごく大きくてね」

ユウ「はい」

マヤ「耳を澄ましたら、『箱根八里の半次郎』だったの

どんだけマニアな選曲ですか。

というか、先生はなぜそれを知っているのか。

マヤ「となると、日本人にも思えるのよ

外国人が聞いてもいいじゃないですか。

僕は心からそう思いつつも、そう言うことはできません。

ユウ「…どっちでしょうねぇ」

マヤ「だから、聞いてるんだけど

なぜ、僕に聞くんですか。

ユウ「思うに、本人に聞くとか…」

マヤ「うん」

ユウ「まぁ、それができたら、苦労しないで…」

マヤ「だから、聞いたの

えー!

ユウ「………なんて?」

マヤ「聞きたい?」

ユウ「はい」

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「メイ・アイ・ヘルプ・ユー? 」

明らかに質問を間違えてると思います。

ていうか、確実に助けを必要としているのはこっちだと思います。
(あらゆる意味で)

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「そしたらね」

ユウ「そしたら?」

マヤ「相手は驚いて、『ノ、ノー…!』って去ってった

当然の反応ですよね。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「結局、どっちか分からなかった

120%、質問のせいです。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「で、どっちだと思う? 」

自信を持って、分かりません。

マヤ「明日は単刀直入に、聞いてみようかしら」

ユウ「………なんて?」

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「日本人、デスカー!? 」

だから、どっちにたいしても不自然な言語はやめてください。

日本の国際化はまだまだ遠いのではないかと思いつつも、みなさまここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. しゃお より:

    関西空港の免税品店でおねーちゃんが香水をアピールしてました。
    香水を吹き付けた紙を客に渡しながら
    ”新製品なんですよ”とにっこり。

    何故か私には
    新商品(シンシャンピン)と言いながらくれましたが・・・

  2. アカネ より:

    私も外国人ぽい外見をしてるんですけど、初対面の人と話をていて、しばらくしてから
    「日本の方ですか?」
    って訊かれると、
    「今までの会話は何だったんだ!?」
    って思います。笑

  3. より:

    「May I helo you?」って・・・
    しかも答えが「ノ、ノー・・・!」って
    漫才ですか^^;
    だったら
    「What are you from?」
    にしたほうがいいかと・・・

  4. mani より:

    わざと目の前で物を落としてみたら、
    反応でわかるかも知れませんね。

    と真剣にレスを書いてみました。

  5. こーじ より:

    大学生のころに、バイト先に、韓国からバレーボールをしにきてると思われる美人数人が、来られました。
    無理に、英語で質問したのか、
    「How Much Are You?」って聞かれました。
    「僕はFreeです。」と返しそうになりましたが、彼女が手に持っていた商品の値段を日本語で答えました。
    彼女の周りの美人さんたちは、クスクス笑っていました。
    あれが、僕の最後の・・・

  6. kuma より:

    外人だったら「no, thanks」とか言うのではないでしょうか
    その反応は普通の日本人の可能性大です
    というかノーの発音で分かるんじゃないでしょうか

  7. カドミス より:

    やっぱり、共通の話題をさりげなくもっていくのがよいのではないでしょうか?

    例えば、マヤせんせーが『箱根八里の半次郎』のサビ部分「やだねったら、やだね?」の部分を何気に大音量で口ずさんでみるとか・・・。

  8. イケダケイ より:

    ラスベガスのシーザースパレスのカジノフロアで「チャンツィーに似ている」と言われた後、タクシーの運転手に「ニイハオ」と声をかけられました。
    あながち、間違っていないのかも。。。

  9. あっち。 より:

    マヤ先生大好きです。面白くて(笑)
    外国といっても英語圏とは限らないからNoだけではなんともいえませんよね。
    今後の展開が気になるような・・でも今後があっちゃいけないような・・(笑)

    私がマヤ先生の立場だったら声をかけるかもですね。
    「こんにちは。毎日ジョギングしてますね!
    どこからいらっしゃったんですか?」とか。
    いえ、その前に質問に対する探求意欲がマヤ先生には遠く及ばない気もしますが。

  10. KAKERU より:

    英語に動揺しているところを見ると、確実に日本人のようにも思いますけどもね。
    まあ、一番いいのは朝ゆう先生とマヤ先生が二人で公園を散歩すると言うのがいいのではないでしょうか?
    そっちのほうが、ある意味確実だと思うんですけどもね。

  11. 六月屋 より:

    マヤ先生はいつもユウ先生に質問をぶつける。
    →それはマヤ先生が心の奥でユウ先生を信頼しているから
    →マヤ先生はツンデレ

    という三段論法が脳内会議で可決されました。

  12. マツリ より:

    まぁあれですよね。マヤ先生のことを論じあったところで。。
    何も通用しない気がします。。

  13. まるまるかずみ より:

    あかん、こちらのサイトにはまってしまった。読めば読むほど(日付をさかのぼればさかのぼるほど)に、思わず吹き出してしまう度合いが高くなっていく!!