GEISAI最終話です。

GEISAIというイベント、最終話です。


 

あらためましてこんばんは。ゆうきです。いつもお世話になっております。

そして、さと先生が出展していたGEISAI、最終話です。

 

僕たちが他のブースを見ていると、こんな人物がいました。

ユウ「あー!」

さと「へ?」

ユウ「ほら、あの人じゃん!」

さと「え、誰?」

ユウ「え、知らないの?」

さと「分からない」

 

うん。

まぁ。そっち系の女優さんです。

ユウ「ほら、大沢佑香!」

さと「いや…分からない」

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「いや、僕もよく知らないんだけどね」

さと「いや、絶対知ってるだろ」

 

ちなみにタイトルは「食欲と性欲」だそうです。

セクシーな絵を飾りつつ、本人はトイレに腰掛けていました。

 

意味はまったく分かりませんでしたが、おそらく見た人の大半の感想が、「あ、あの女優さんだ」だと思います。
それ以上でもそれ以下でもない。

アートというか、「え、何でこんなとこにあの女優が!?」という、単なるサプライズでした。

女性にも分かりやすいようにたとえるなら、鷹狩りをしていたら加藤鷹がいたようなものです。

自分でもまったくたとえの意味が分かりませんが、とにかくそんな感じでした。

  

そしてこの時点で、だいたいの方向性が分かってきたかもしれませんが、このGEISAI、明らかに性的な作品がたくさんあります。

 

他にあったのは、こんなの。

ちっさい女子校生スカートが、ひたすらブラさがってました。

そこからポタポタ汁が垂れている、という。

 

まぁ、なんていうか、性的な意味なんだと思います。

女子校生とセクシー、みたいな。

発想うんぬん以前に、これだけたくさんのミニミニスカートを集めた情熱が激しい。

 

そしてこちら。

ただ単に、スカートが風船で持ち上がってめくれているよ、という写真。

 

さと「………」

ユウ「………」

さと「芸術というより、単なる企画モノ写真集だと思う」


まったくもって同感です。

  

さと「ちなみにこのモデルさんが、たぶんここの出展者なんだと思うんだ」

ユウ「え、そうなの?」

さと「うん、さっきここにいたから」

ユウ「………」

さと「そしたら、通りがかったオジサンが、彼女にこう聞いてた」

ユウ「………なんて?」

さと「『今も同じ下着つけてるの?』」

ユウ「………」

 

さと「彼女、スルーしてた」

そりゃするわ。

 

ていうか何より、「さっきもお前は来てたのか」と
心の中でツッコミたくてたまりませんでした。

 

ちなみにこのGEISAI、審査委員が全部の作品を見て、賞を決めるそうです。

  

僕は疲れて先に帰ったのですが。

あとからさと先生に聞いたところ、受賞者は、

この3つだったそうです。

 

え、GEISAI、大丈夫?

本気でそんな感想を抱きました。

 

ユウ「ちなみに審査委員ってどんな人がいるの?」

さと「秋元康とか」

 

この瞬間、すんごく方向性が分かってきた気がしました。

  

なんていうか、個人的にはマンガ「ギャラリーフェイク」のフジタに審査員として参加してもらって、
全員の作品を一刀両断にしてほしい。そう思いました。

ユウ「ちなみに、さと先生は受賞した?」

さと「しなかった」

 

なんか、かえって受賞しない方がまともな気がしてきました。

 

さと「でも、作品は売れたよ!」

ユウ「………」

マジで。

 

ユウ「ていうか、どの作品?」

さと「ほら、あの十字架の」

 

ユウ「………」

 

 

売れたとか以前に、これが十字架だったということが、いまはじめて分かりました。

 

ユウ「買ったのって、誰?」

さと「なんか、東南アジアの○○国の財団法人」

 

スケールがデカすぎる。

 

ユウ「いくらで買ったの?」

さと「『いくらでもいい』って言われたから、3万円って言った」

 

スケールがデカいのか何なのか。

とりあえずブース代のモトは取れなかったようですが、それでも彼にはいい思い出になったようです。アーティストデビュー。

 

 

というわけで、彼の売れ残った絵、買いたい方はこちらにでも。適宜自由交渉してください。

 

ちなみに僕の、GEISAIのお土産はこちらでした。

 

ツチノコ400円。

 

芸術って本当に言ったモン勝ちだな、と思いました。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。


コメント

  1. バラバラ より:

    いいですね~
    「言ったモン勝ち」
    「芸術は爆発だ~」って言葉を思い出しました。
    いえいえ・・・
    ゲイジュツって何?
    でしょうか。

  2. 匿名 より:

    ツチノコ欲しいなあ

  3. 匿名 より:

    風船のやつは結構発想いいと思うよ。何を伝えたいのか解らんけど

  4. TARO より:

    ツチノコはアリかもと思う自分はどうなんでしょうか。

    部屋に置きたいか?と聞かれたら微妙ですが

  5. マヒロ より:

    細かいんですが、女子「高生」スカートでは無く、女子「校生」スカートの辺りは流石だなぁ、と思います。
    「校生」って普通に変換出来てる(出来てしまう?)辺りは特に。

  6. より:

    記事書くときにカッコと名前を毎回書くのって面倒ですよねw

  7. より:

    有名な方が審査されるんですね。芸能界絡みですね…どおりで。
    いい思い出になりますね。今度はアレを目指して賞取れるといいですね。

  8. a より:

    風船にパンツのやつ(笑)は、スパルタローカルズってバンドのCD(「水のようだ」)のジャケット写真ですよ。
    まぁ映ってた人が出展したならいいですけど、著作権大丈夫なのかな。

  9. 匿名 より:

    買いたい方はこちらにでも、って
    リンクがまさかMixiだとは思いませんでしたw

  10. 匿名 より:

    しかも彼のところから販売ページに飛んでみたところ、結構な値段を堂々とつけてて思わず噴きましたw

  11. 匿名 より:

    個人的にはラストの写真の 大海原ネス子 の方が気になります

  12. 匿名 より:

    お友だちの作品売れてよかったですね☆

    わたしも・・なんとなく風船のスカートめくり・・がイイ。。

    後ろに海なんて見えちゃって、表現者の表情とか・・なんとなくイイ・・風船っぽい・・・
    なんか気に入ってる★

  13. 匿名 より:

    芸術見に行って、気分悪くなるとか…
    才能ってなんだろう…
    なんなんだろう…

  14. ハセ より:

    こういうイベントの

    審査委員長にはやはり

    みうらじゅん氏を
    推します!!

    はだかの王様みたいに
    誰も言わなきゃいいんです、

    王様はヌードだって
    あ、ゆう先生は女王様担当でしたね、、、
    すみません。

  15. >ハセさん より:

    みうらじゅん氏は略して「みうじゅん」て呼ばれてました。
    「ら」が省略されてるだけでした・・・。

  16. 匿名 より:

    大沢佑香ちゃん、会ってみたい・・・。

    あ、私は女ですけどw

  17. 匿名 より:

    「高野さん」高すぎ(^^;)
    東南アジアの○○国の財団法人、3万じゃなく6万みたいですね・・・

    ぱんださんは一体どうなったのかな??

    それにしてもゆう先生ったら上手に売り出すんだからあwおもしろかったけど♪

  18. 匿名 より:

     大沢さんは残念ながら知らんす。

  19. 匿名 より:

    ツチノコ物凄く欲しいのは自分だけかな…

  20. Halle より:

    ビックフットのなんとかも、
    ものすごく欲しいです。

  21. 匿名 より:

    先日、大沢佑香さんのインタビュー記事を読みました。

    NGが少ない、その系の女優さんだそうですが
    ゆう先生は、どんなご趣味があるのでしょうか・・・

  22. tomy より:

    大沢佑香大好きなんですが

  23. 匿名 より:

    ツチノコは何の材料でできているの?
    写真じゃよく見えないよ。

  24. 匿名 より:

    女王日記ってこの回で最終回なのでしょうか?

    最近、このサイトを知ったのですが
    面白くてはじめからこの回まで一気に読んでしまいました。

    女王日記を更新して下さることを
    心より願います。

  25. 川合工房 より:

    ゲイサイに今度でようかとおもって調べていて来ました。面白く読ませていただき、その上大変参考になりました。勇気を持って出ようかなと思います。ちなみに私は耳鼻科医です。本サイト、お気に入りに登録しました。

  26. 浅葱色 より:

    初コメです!

    私の姉(+今年で私も)が通っていた高校が芸術系の学校なんですけどそこの文化祭の名前が『芸祭』…
    なんと言うか…微妙な気持ちです…
    もちろんこっちの『芸祭』はアートも展示していますがもっとまともですwww