もつ鍋バレンタイン。

最近、三人で「もつ鍋」を食べに行きました。
そこに隠された、ワナとは!?


こんばんは。ゆうきゆうです。

最近、マヤ先生、そしてリオ先生と「もつ鍋」を食べに行きました。

今、もっともトレンヂーな食べ物です。うちの医局で。

マヤ「健康にいいんだって!」

リオ「なにぃ!」

このひと言から始まったブームです。

うちの医局のブームを作るのは、いつもマヤ先生です。

食べ終わり、みんな、とても満足しました。

そのときです。

マヤ「………」

リオ「………」

マヤ「結構アブラ、浮いてない?」

リオ「…あぁ、そうだな…」

マヤ先生は、鍋をぐるんぐるんかき混ぜます。

マヤ「結構、あるわよね」

リオ「結構、あるな」

ユウ「………」

マヤ先生は、さらにかき混ぜます。

マヤ「結構、浮いてきたわね」

リオ「結構、浮いてきたな…」

このあたりから、微妙に場の雰囲気がおかしくなってきたように思えました。

何かに夢中になりはじめるときって、こうなのかもしれません。

マヤ「どれくらいアブラが入ってるのかしら」

リオ「………」

ユウ「………」

マヤ「確かめてみましょう!」

リオ「そうだな!」

このあたりで止めれば良かったと、今は後悔しています。

最初は熱で溶けていたアブラも、時間と共に少しずつ冷えて、固形化してきました。

マヤ「………」

リオ「………」

ユウ「………」

思わずみんな無言になります。

さらに固形化するアブラ。

マヤ先生は、それをすくい出しました。

マヤ「………」

リオ「………」

マヤ先生は、無言でそのアブラを固めはじめました。


 固められたアブラ

マヤ「………」

リオ「………」

ユウ「………」

マヤ「バレンタインチョコレート、いる?」

わぁい、ホワイトチョコレートだぁ。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「チョコレートもアブラだから、似たようなものじゃないの?」

 

もう二度とチョコ食べられません。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「もつ鍋はもう食べたくないわね」

微妙に同感です。

こうして、もつ鍋ブームは終わりました。

うちの医局のブームを終えるのは、いつもマヤ先生です。 

 

心から切なくなりつつも、こうしてバレンタインの日を生きている僕です。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

ゆうきゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)