病理医アスカの憂鬱。

最近、病理の女医さんである、アスカ先生と、食堂でこんな話をしました。

アスカ「病理医になる人って、すごく少ないのね」

ユウ「はい」

アスカ「でもそんな中、最近、後輩のドクターが入ってきたのよ」

ユウ「あ、良かったですね」

アスカ「でもね」

その病理医の、恐るべき発言とは!?

 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。
今夜はメルマガから、心理学とまったく関係ない話をお届けします。

 

アスカ「でもね」

ユウ「はい…」 

アスカ「実は病理って、忙しいときも多いんだけど、たまにすごくヒマなときもあるの」

ユウ「はい」

アスカ「そしたら、その後輩くん、ニンテンドーDSをやり始めたのね」

ユウ「…はい」

アスカ「そのときのゲームが、『大人力検定』って言うんだけど」

ユウ「あぁ、大人としての振る舞いを鍛える、っていうゲームですよね」

アスカ「そう。そしたら、しばらくプレイしたあと、その後輩くんが、嬉しそうに私にゲーム画面を見せて、こう言ったの」

ユウ「…何ですか?」

アスカ「………」

ユウ「………」

アスカ「『大人力、上がりましたーー!』」

ユウ「………」

アスカ「………」

ユウ「………」

アスカ「仕事中にDSしてる時点で、大人力、下がってるから」

心から同感です。

アスカ「大人は大人でも、ダメな大人に近づいてるから」

心底、同意します。

アスカ「他にも彼、DSで色んなゲームしてるんだけど」

ユウ「はい」

アスカ「『脳トレ』も、やってたことがあって」

ユウ「あぁ…」

アスカ「プレイするたびに、『うはー! また頭が良くなってるー!』
とか、興奮して叫んでるの」

ユウ「………」

アスカ「その姿見てると、どう考えても頭、悪くなってるのね」

恐ろしく同感です。

アスカ「あと、ユウくんからもらった『DSセラピー』、今は彼がやってるんだけどね」

ユウ「…はい」

アスカ「あれって、レベルが上がると、心の広さがアップするじゃない?」

ユウ「そうですね」

アスカ「でも一回、他の人がそのデータを消しちゃったときがあって、

『せっかく心の広さが「宇宙レベル」になったのに、どうしてくれるんですかー!』

って、本気で怒ってるのよ」

ユウ「………」

アスカ「ぜんぜん心、広くなってないのね」

涙が出るほどに同感です。

アスカ「あとね」

ユウ「まだ、あるんですか」

アスカ「最近、記憶力を鍛えるゲームを買ったらしいんだけど」

ユウ「はい」

アスカ「あるとき、医局でゴソゴソやってて」

ユウ「………」

アスカ「『記憶力を鍛えるゲーム、どこにありましたっけ?』」

ユウ「………」

アスカ「ぜんぜん記憶力、鍛えられてないのね」

切ないほどに同感です。

アスカ「ダメでしょ?」

ユウ「泣ける先生ですね…」

アスカ「DSって、『ダメ先生』の略なんじゃないかって本気で思うわ」

それ、言い過ぎです。

アスカ「………」

ユウ「………」

しばらくの沈黙のあと、アスカ先生は、言いました。

アスカ「当分、病理は人材不足に悩むと思う」

言っちゃいました。

色々と切なくなりつつも、食堂をあとにした僕たちでした。

???????????????????????????????????
◆ 今回のまとめ。
???????????????????????????????????

○ 人生、矛盾しないように気をつけましょう。

というわけで、セクシーどころか心理学ですらない今回の話。

忙しくなる12月に、ちょっとした息抜きとしてお考えいただければ幸いです。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. かとゆ より:

    >ただでさえ忙しくなる12月に、

    この「ただでさえ・・・に」のくだり、何かを含んでる具合が絶妙によいなと思いました! 

  2. Ri より:

    アスカ先生の後輩くん、すごいですね。

  3. カドミス より:

    最近やってないアンケイト企画で「DSは何の略」ってのも面白い気がします。

    →やってみましょう。

    「大豆 スゴイ」
    「誰か 知ってる?」
    「童貞 サンタさん」

    …うん、やらなきゃよかった。

  4. Halle より:

    後輩君、他人とは思えません・・・。

  5. シリウス より:

    今回も面白いですね。
    いつかのアイスノンおやじといい…
    なかなかユニークな方々が
    いらっしゃるようで・・・
    ネタに困らないのでは?

  6. しん より:

    まあ私は12月どころか
    クリスマスも忙しくなりませんけどね(・∀・)

  7. ラリックマ より:

    世の中の全ての人が、こんな無邪気な
    後輩君チャゲ(仮名)のような人だったら、
    きっと世界中が平和に包まれない
    ことでしょう。

  8. より:

    ボケ役だと思っていたアスカ先生がツッコミをしてて驚きました。

    しかし、その人が病理医ではなく外科とかに居たら患者が危険ですよね…。

  9. チュウ犬 より:

    いつまでも、ボケと思うなよ。
    (アスカ)

  10. FYI より:

    あすか先生の話でなくて恐縮ですが、
    メールで送られてくるメルマガ『★セクシー心理学!★』の差出人の『ゆうきゆう [メルマ!:00010683] 』を見て、
    思わず“ゆうきゆう”が一瞬“ゆうきゅう”、つまり有休(有休休暇の略)に見えてしまい、仕事が地獄のように忙しい今、目にしたものが欲しいと思っているものに見えてしまうのだなぁと思ったと同時に、その瞬間いろいろなものがバストに見えてしまうゆうき先生の気持ちが痛いほどよくわかりました。

    バスト万歳、ゆうきゅう万歳です。

  11. 匿名 より:

    つまり「○○がレベルアップする」系の・・たとえば、頭がよくなる(よさがわかる)とか、心の広さがわかる(広くなる)とか、スタイルがよくなるとか・・そういうのに飛びついて必死でしがみつくような人は・・実際のところ・・その謳い文句と逆の状況であることが多い・・みたいな感じですかねー。

    まあ、ああいうのが全部本当だったら世の中は天才と美女・美形で溢れかえりますからねー。ありえないでっすよね。はい。

  12. バラバラ より:

    心理学を少しでも知ろうと、このサイトを読んでいます。
    友人達に時々「だぶるばいんど効果ってあってね」などと話します。
    PCを持ってない友人は、「すっごーい、だからかぁ・・」なんてことしばしばです。
    しかし!です。その友人達に、私の最近知り合った男性について話しました。
    「・・こうで・・ああで・・で、その上に電話をよこしたんだー、信じられる?」
    みんなは、「当たり前、流れから、当たり前」私「・・・?」
    つまり、当事者はマッタク読めません。
    「○○がレベルアップする」なんてことに没頭しているうちは何にもわからないんでしょうね

  13. 匿名 より:

    あすか先生の話はいつでも和みます。
    もっと、あの方のエピソードを掲載してくださると嬉しいです。