東京脱毛クリニック(池袋の皮膚科・美容皮膚科)開院です!


心を大切にする皮膚科「東京脱毛クリニックが開院いたしました!

池袋駅西口から徒歩0分の、会話や心の面を何より大切にする、皮膚科・美容皮膚科です。

開院前から多くのお問い合わせをいただき驚きつつも大感謝です!
お気軽にお越しください。

また同時に「ゆうメンタルクリニック池袋西口院」もオープンしております!

こちらもお気軽にお越し下さい!

話は変わって、こんな記事がありました。

ゆうきゆう原作の漫画『おとなの1ページ心理学』『マンガで分かる心療内科』の作画をしているのは誰?

問題集 No.16829
ジャンル アニメ&ゲーム
パネル色 3色
問題 ゆうきゆう原作の漫画『おとなの1ページ心理学』『マンガで分かる心療内科』の作画をしているのは誰?
正解率 28%
選択できる答え
答え選択1 サイ
答え選択2 コン
答え選択3 ソウ
答え選択4 カン

ウチも、メジャーなクイズゲームの問題に使われることになるとは…。

感慨深いです。答えは言うまでもなくソウさんです。

 

そういえば、クイズのプロは、最初の数文字だけで、答えを判断してしまうそうです。

たとえば「なぜやま」で始まる問題なら、

「『なぜ山に登るのか?』と問われて『そこに山があるからだ』と答えた登山家は?」⇒答え「ジョージ・マロリー』

だと分かって答えるとか。

「ふらんすごでいな」で始まる問題なら、

「フランス語で「稲妻」という意味がある、細長いシュークリームにチョコレートをかけたお菓子は何?」⇒答え『エクレア』

とか。

もう百人一首の域ですが。

同じ考えでいくと「ゆうきゆ」と言った時点で、この問題の答えを言うことになるのでしょうか。

あ、でも

「ゆうきゆうの好きな女性のパーツは?」

みたいなヒッカケ問題の可能性も。

そうしますと、クイズのプロが、「ゆうきゆ」の時点で「ソウ!」とか答えたら、ソウさんが女性のパーツという流れに。

………。

何を見ても微妙なことしか考えない自分がおりつつも、みなさま今後ともよろしくお願いいたします。