今の自分は、本当に昔望んだ自分なんだろうか。「前編」

常に考える。
今の自分は、本当に昔望んだ自分なんだろうか。

夜は12時に仕事を終え、終電に乗って、1時に帰る。就寝するのは2時ころだ。
そして朝は5時に起きて、6時に家を出る。
もうこれが普通すぎて、何も思わなくなった。

僕は、何をしているんだろう。
本当にそんなことをずっと考えている。

 

もちろん恋愛なんて、ここ数年ずっとしていない。
休みの日なんて、ただ家で寝ているだけで、趣味といえる趣味もない。
パソコンを立ち上げ、ネットでセクシーな画像を収集することが唯一の趣味だが、周囲に言ったところ引かれたので、二度と言わないようにしている。

 

孔子は言った。

吾れ十有五にして学に志ざす。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳従う。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。」

僕は昔から、孔子のこの言葉が好きだった。
あまりに学びすぎて、自分の友達ではないかと思うくらいだった。
心の中で「孔子くん」とか、「孔ちゃん」と呼んでいた。

孔子くんによると、人は15歳で学問に志し、30歳にして、立たなければいけないんだそうだ。

15歳のとき、僕は一応は一生懸命勉強をしたといえば、したかもしれない。
成績も決して悪い方ではなかった。

しかし、そのときの予想と今の自分は、大きく違う。
確実に、そう思う。

三十にして立つ。

僕は、ちゃんと立つのか。
いや、もとい、立っているのか。
立つというのは、自分の基本を確立して、自分とは何か、自分の今後はどうなるのかを明確に打ち出すことを言うらしい。
言ってみれば、大人としてのスタートラインに立つ、ということだ。

自分はスタートラインに立っているのだろうか。
どう考えても、そうは思えない。

昔、マラソンに参加したことがあった。
有名選手も走る、かなり大きな大会だ。

たくさんの群衆にもまれ、スタートラインのはるか後方から走った。
どこにスタートラインがあるのかも分からない。
いつスタートの音がなったのかも分からない。

ただ、周りの人間が走ったから、僕もマネをして走っただけだった。
周囲には、遊びで参加しているとしか思えない、アニメキャラの仮装やコスプレをしている参加者もいた。

こいつらと一緒なのか。そう思うと切なくなった。

そして気がつくと、棄権していた。

今の自分は、ついそのときのことばかり思い出す。

仕事をしても、達成感がない。
ミスも多い。そのたびに怒られる。
毎日の生活に希望が持てない。

今この瞬間に日本が滅亡しても、何も悲しくない自分がいる。

僕が、その看板を目にしたのは、今考えると、必然だったのかもしれない。

そのときの僕は、珍しく11時に会社を出ることができ、本当に少しだけ時間が空いていた。

行きつけの店なんて気の利いたものはない。
僕は少しだけ、新宿の街を歩いてみた。

歌舞伎町。最近は以前に比べて、客引きもグンと減った。
歩いていても、声をかけてくる人間はほとんどいない。

そのときだ。

こんな立て看板が目に入った。

「新宿の妹は、こちら」

新宿の母、または新宿の父などなら、聞いたことがあった。
それなのに、新宿の妹。

というか、「○○の妹」という名称自体、はじめて聞いた。
百歩譲って「姉」なら、まだ分かる。しかし、妹。さらに、新宿。

さらにその立て看板は、風俗店やテレクラの立て看板の中に混じっておいてあるのだ。
どう考えても即、撤去されても文句は言えないだろう。

何だろう。これは。
自分自身、気になってしかたない。
僕は気がつくと、その看板の示す方向に進んでいた。

そこには、古いビルがあった。

ビルの入り口には、再び、同じ看板があった。

「新宿の妹、このビル2階」

そして端っこに、小さくこう書いてあった。

「アヤしくないよ!」

こう書いてあるのが、余計、アヤしい。

心からそう思う。しかしそのときの僕に、そんなことを考える余裕はなかった。
飛んで火に入る夏の虫というのだろうか。
それが火だと分かっていても、好奇心という本能は消せない。

気がつくと、僕はビルの中に入り、エレベーターのボタンを押していた。

「新宿の妹、あとはこのドアを開けるだけ!」

ドアの前には、やはりこう看板があった。

端っこには、小さくこう書いてあった。

「ぜんぜんアヤしくないよ! 大丈夫だよ!」

書いた本人が一番アヤしいと思ってるんじゃないか。
そんな気持ちを濃厚に感じた。

しかしもう、ここまで来たら、僕の気持ちを止めることはできない。

僕はそのまま、ドアに手を掛けていた。

「あの…」

その瞬間、僕は信じられない声を聞いた。


 

そんなわけで、ゆうきゆうです。

これ、現在僕がかいてる本の冒頭です。

自分の話ではないのでご安心(?)ください。

あまりにこの原稿が進まないので、本日の更新も兼ねて書き進めさせていただきました。
読んでくださった方、すみません。心から感謝です。

続きに興味がある奇特な方がいましたらお書きくださいませ。

そんなこんなで、いつも更新見に来てくださって本当にありがとうございます。

たまにはこんな更新も、ということで。
ではではっ!おやすみなさい。

 


コメント

  1. しゅがー より:

    はじめまして。
    続きが気になります・・・!
    つい引き込まれるように読みましたもの。。

  2. バラバラ より:

    てっきり・・・・

  3. まき より:

    よかったぁ?(^_^;)

    ・・・でも、本音?!

  4. 通りすがり より:

    ぇ、中途で終わりなんて許せません!!

    すごく楽しく読んでました・・・。

  5. Hitozichi より:

    続きが気になります。
    きっと、マヤ先生のバストに対するゆう先生の興味ぐらい。

  6. アッー より:

    新宿二丁目の兄貴

  7. マルチパンサー より:

    違うよ。全然違うよ。

  8. だ。 より:

    はじめまして。
    初コメントです。
    つい面白くてぐいぐい読んでいたら。
    ・・・・・・。
    続き気になりました。
    いえ、続ききになります。

  9. あっち。 より:

    中にマヤ先生がいるのでは?!と一瞬でも思ってしまった私はどうすれば(笑)

    30で行き詰ったなぁと思うなら若作りして20の振りして再出発・・
    20で息苦しいと感じるなら5歳若返った気分でまた出発
    マラソンより森で犬を追い掛け回すほうがいいですよね(謎)。

  10. 匿名 より:

    えー!ちょっと気になるんですけど!!
    餌を前に待てされてるワンコの気分です;
    最初見た時、ゆう先生の私小説なのかと思ってドキドキしましたw

  11. ミオ より:

    気になる!
    けど、本になってまとめて読みたい!
    早く原稿書いて下さい(笑)

    読んでて超心配しちまったぜ。
    うえーん

  12. Fraud より:

    てっきりサイトの趣旨が変わってしまったのかと思いました(笑)

    続きをお願いします!(汗)

  13. マサ より:

    ええ、なにこれ!途中で終わりなの!?
    続きが気になるー

    最初ノンフィクションかと思いました。
    冒頭の文を読んで涙腺がぁ・・・ つД`

  14. さおり より:

    怪しすぎて気になって仕方がありません(笑)

  15. より:

    あぁっ!ビックリした。

    ゆう先生、何か悩んでいるのだろうか。と心配になりました。よかったあ。

    この続き、めちゃめちゃ気になります!

  16. oma より:

    なんてこと…
    昔望んだ自分、なんて本気で考えながら読みました。
    続き、気になります。

  17. 匿名 より:

    毎日更新しようとする心意気、凄いと思います。
    でも週1更新とかで無理なくやってくれたほうがこっちとしても楽しめますよ。毎日きてますけどw

  18. Aカップ(♂) より:

    すごく…主人公(ゆうきゆう)が鬱病です…

  19. あゆみ より:

    これは、栗本薫さんの『伊集院大介シリーズ』のワールドですなあ。
    ちょっとレトロな若者像って感じ(^^)

    ゆうきゆう先生、うつ病気味?
    とちょっとわたしも思いました。
    マヤ先生に治してもらおうっ(*^ ▽ ^*)

  20. かとゆ より:

    わぁ小説だ格好いいーーー!
    ゆうせんせい、この勢いで
    なんか群像とかすばるとか
    (適してなかったらごみんなさい)の新人賞とかとって、あわよくばその勢いでお○川賞とかとっていただけたら、すんごく嬉しいなぁと。

  21. misa より:

    続きが気になりますねー

    是非続きをお願いします。

  22. にゃご より:

    わー。
    てっきりゆう先生自身のお話かと!

    続きがすごく気になります!

    シリアスなのかギャグなのかわからないのですが、所々笑えて面白いです!
    融合したものでしょうか。

    本の執筆大変かと思いますが、頑張ってください。
    楽しみにしています!

  23. 田中ヘンドリックス より:

    『くっ、くぅ?、お、俺はいま猛烈に感動している。君は心の友だ! 心の友よ?!!』
    そんな訳で、原稿をありがとうございました。
    必ずや、快心のヒット作に仕上げます。えぇ、仕上げてみせますとも!

    すみません、悪ノリし過ぎました。某出版社担当(本人)より。
    朝晩で寒いので、お体お気を付けくださ?い。

  24. 紅茶キノコ より:

    引き込まれました。
    新宿の妹とは、信じられない声とは?

    気になります。
    30前ですが、45度くらいまでしか
    たちません。切ない。。。

  25. あづ より:

    これが噂のツァイガルニック効果ですねー。

  26. 白蓮 より:

    先生のことだからそんなことはないと思いつつも、万が一を考えてしまいました。
    きっと想像を絶するようなオチが待っているのだと期待しております(笑)

  27. 歌舞伎町の女王 より:

    とても続きが気になりますね。
    「妹」であるところにとても興味を惹かれました。

    ゆっくりとでもよいので、完成したら是非とも教えてくださいね。
    それでは、御機嫌よう。然様なら。

  28. あいなりー より:

    一瞬どうされたのかと心配になったので、小説と分かって一安心です(^^;

    急に冷え込みが厳しくなってるので、体調崩さないように気をつけてくださいね(^^)

    続きを楽しみにしてます☆

  29. 大学受験生 より:

    はつこめです

    きのきいたコメントはできません。
    えっちなことがおきてるか、クスっと笑う展開しか想像できません。

    切実な悩みをカウンセリングよりおくらせていただきましたっ。

    今ならまだ忘れる前に今までのことが話せるかと思いまして、、、