本日はミニ更新。日経育ちの記事に続きが。

みなさまこんばんは。ゆうきゆうです。

本日はちょびっと更新で。

以前の日経育ちの広告のエントリー、数日前にヤフーで「日経育ち」で検索すると、1位になってました。
(グーグルでは3位)

日経育ちの(クリックで拡大)

いいんでしょうか。
スポンサー枠は日経新聞なんですが。

ちなみに本日検索しなおしてみたら、日経新聞のが上に来てました。

安心したような、残念なような気持ちです。

ちなみにこの日経新聞の広告って、「円高になると」以外に、色々なパターンがあるんですね。

それが、

「ドバイが発展すると、日本で売られるバラの種類が増える」

「エコカーが増えると、プラチナの価格が上がる」

というもの。

すなわち、円高の話はサワリに過ぎなくて、これらのトピックについて気になった人は、
「日経育ち」で検索をして、という誘導をしているようです。

でも↑の2つのトピック。

日経を読んでいる人なら、みんな分かるんでしょうか。

おそらく、読んでいても大半が分からないと思います。

というか、単なるマニアックなトリビアに過ぎないような。

というわけで、僕も同じようなトリビアを考えてみました。

「一人になると、さびしくなる」

「男が増えると、暑苦しくなる」

「ネコカーが増えると、すごく嬉しい」

(ネコカー イメージ図)

………。

日経を読んでも、その理由は書いてないと思います。

 

自分でも何を求めて生きているのか分からなくなりつつも、
みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

最後に、本日のエントリーにはお色気がまったくなかったので、

おちち画像をつけて終わりにしたいと思います。

071003?1

世界でもっとも申し訳ありません。