「うるかす」という新たな知識。

最近、東北出身の女医さんと話しているときに、こんな話題になりました。

女医さん「食事をしたあと、カレに『フライパンをうるかしておいて』って言ったら、通じなかったんですよ」

自分「う、うる…かす…?」

女医さん「あー! やっぱり通じない!?」

自分「ど、どういう意味ですか…?」

女医さん「『うるかす』は『うるかす』ですよ! 食器うるかしたり、お米うるかしたり!」

自分「あの、できるかぎりの説明を」

女医さん「み、水につけておくこと…かな…? うるおす、みたいな…」

自分「あ、あぁ…。なるほど…!」

「うるかす」⇒「食器などを水につけておくこと」

だそうです。

一つ賢くなりました。

女医さん「この言葉、世の中の人にもっと知ってほしいんですけど、何か方法ってありませんか!?」

自分「………」

言葉のイメージが、なんだか三銃士っぽいので、こんな画像を作ってみました。

みなさま記憶の一助になりましたら幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ゆうきゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)