「うるかす」という新たな知識。

最近、東北出身の女医さんと話しているときに、こんな話題になりました。

女医さん「食事をしたあと、カレに『フライパンをうるかしておいて』って言ったら、通じなかったんですよ」

自分「う、うる…かす…?」

女医さん「あー! やっぱり通じない!?」

自分「ど、どういう意味ですか…?」

女医さん「『うるかす』は『うるかす』ですよ! 食器うるかしたり、お米うるかしたり!」

自分「あの、できるかぎりの説明を」

女医さん「み、水につけておくこと…かな…? うるおす、みたいな…」

自分「あ、あぁ…。なるほど…!」

「うるかす」⇒「食器などを水につけておくこと」

だそうです。

一つ賢くなりました。

女医さん「この言葉、世の中の人にもっと知ってほしいんですけど、何か方法ってありませんか!?」

自分「………」

言葉のイメージが、なんだか三銃士っぽいので、こんな画像を作ってみました。

みなさま記憶の一助になりましたら幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。


コメント

  1. もりさと より:

    うるかすが通じなくていずいんです

  2. 匿名 より:

    ぱさぱさになったパンとかを食べた時の「むっつい」も通じなくて辛い

  3. kaori より:

    うるかす、で通じないんですね!
    うるかす=soak くらいの意味で、普通に使ってました。

  4. さささる より:

    北海道では、うるかさってないとあずましくないわけですw
    「~さる」もニュアンスが伝わりません。

  5. 匿名 より:

    東北出身ですがテレビっ子で標準語に慣れていたからか、初めて「うるかす」と聞いたときはよく分かりませんでした。
    今ではお米などはうるかさないとしっくり来ませんが。

  6. クロ より:

    正確には、「水に漬けて柔らかくすること」に近いですね。
    洗う前に鍋(に残った残りカス)や茶碗に残ったご飯のデンプンを
    水につけて柔らかくする、
    または、炊く前に生米を水に漬けて柔らかくする、といった感じです。

    確かに潤うことでもあるのですが、ちょっと違和感があったので参考までに。

  7. 匿名 より:

    通じると思ってるコメントに違和感

    通じるわけねーだろ

  8. tamon より:

    最後の画像をどうやって作っているのかがものすごく気になります。

  9. saki より:

    九州の人が使ってたので九州の方言だと思ってました>うるかす。
    博多の人と五島列島の人。

    北の方でも使うんですね~??
    方言じゃないのかも?

  10. JOKER より:

    うるおして、ふやかす。
    ですかね?

  11. 匿名 より:

    なるほどー
    彼女もマヤ先生に迷惑しているわけですね。
    困りましたね。ぜひ討ち取ってもらいましょう。

  12. 匿名 より:

    秋田ですが、うるかす(うるがす)って言いますよ。
    意味はまったく同じです。

  13. あき より:

    東北、福島でも「うるかす」使います。
    当然東京人には一ミリも通じませんでした。